昼寝ネコの雑記帳

久しぶりの自宅療養生活だった

Kronos Quartet - Five Tango Sensations - 04 Despertar

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日は祝日で、おまけに敬老の日だったので、さらにはずっと連日にわたり神経を休める日がなかったので、今日ばかりはしばし立ち止まり、ゴロゴロと無精な一日を過ごした。脳の回転を停止し、あれこれ妄想したし本当に久しぶりに、ジャック・バウアーのテレビドラマを観た。いつもながら、見始めると次々と止まらなくて困ってしまう。さすがに、プロの人たちが手がけただけあり、脚本だけでなく出演者それぞれの演技も、さすがだと思った。改めて、たまにはゴロゴロしながら好きな映画作品を観るのは、精神衛生上すこぶるいいものだと思った。脳内の疲労も吹っ飛んだし、鋭気も養われた。

 今日ぼんやりと考えたのは、どのようにすれば国を支配し、思うようにコントロールできるかだった。クーデター、暴力革命、他国軍隊を手引きする、選挙で過半数を確保する。それぐらいしか思い浮かばない。クーデター、暴力革命、他国軍隊を手引きすることによって日本を支配しても、遺恨が色濃く残り報復や怨嗟の連鎖を引きずるだろう。その点、選挙で堂々と過半数を確保してしまえば、余程のことが無い限り数年は日本を思い通りに支配管理できる。マスメディアから批判されない限りは安泰なのではないだろうか。

 さて、ではどのようにすれば選挙で、とくに国政選挙で過半数を確保できるだろうか。当選議員数をできるだけ確保する手法については、どの政党も知恵を絞って必死に対応しているはずだ。

 私は小学校時代にクラス委員長に立候補したことがあるけれど、それ以降は何の選挙にも立候補した経験がなく、もっぱら有権者として棄権せず、投票するだけだった。改めて、私がもし反日思想に凝り固まり、日本を敵視する国の政府や情報機関と結託し、不正でもなんでもこなす悪人で、ある政党を第一党に押し上げる、いわば「影の選対委員長」だったとしたら、どのような戦略を考えるだろうか。あくまでも部外者の素人考えなので、現実的かどうかはともかくとしての妄想戦略である。漫画本でも読むように、笑って読んでいただきたい。

1.最も確実な方法は、しかるべき人物を籠絡して開票作業員の国籍条項を廃止する。開票請負会社を支配下に置き、日本を敵視する国の工作員を送り込んで、開票作業中に大量の票のすり替えを行う。投票用紙の再点検が発生しないよう、上手に振る舞えばこれほど確実な勝利方法はないのではないだろうか。すでにある自治体を調べたが、開票は業者に委託しており、国籍条項はないそうだ。

2.各地の選挙管理委員会(国籍条項あり)がかなり厳重にチェックするため、票のすり替えが困難なときはどうするか。そのようなときのために、長い時間をかけてテレビ局、ラジオ局、雑誌社を中心に籠絡工作を行う。具体的には、各メディアに対して広告を出稿しそれなりの金額を拠出する。その流れで、いろいろな工作を行い影響力を行使できるようにする。テレビなどの放送局などの場合は、間違っても電波オークションなどの意見が出ないよう封じ込めて恩に着せ、年間電波使用料を国際的水準と比較しても格安に設定するよう力を注ぐ。常に広告予算というエサをぶら下げる。最終的には敵対政党のスキャンダルやミスがあれば大々的に報じ、国民世論を反政府の方向に誘導する。政権側の印象が悪くなるような情報を捏造し、国民が不信感を持つような印象操作を行う。

3.政権政党の経済政策に対抗し、とくに一般国民の経済的状況を改善するような政策を公約として発表し、いわゆるメディアスクラムで徹底的に持ち上げ、国民が期待と幻想を抱くように仕向ける。減税、生活保護費の引き上げ、年金支給額の引き上げ、子どもの学費資金援助、医療費の軽減などなど、手当たり次第なんでもいいから、うまい公約をばらまく。

 ・・・どこかで聞いたような、見たような方法が散見されるのではないだろうか。国内の息のかかった業界の財政的な支援を得られるだけでなく、国外政府からも海外のダミー会社を装って多額の資金を使うことができるからこそ、可能な工作である。

 もし私がそのような立場だったら、おそらくは最終的に息のかかった議員を多数国会に送り込むことができて、政権を奪取することに自信を持つことができるだろう。しかし、残念なことに今ではすっかり目算が狂ってしまっている。それは何か・・・

 ひと頃までは、大半のマスメディアを広告予算で籠絡し、報道情報による思い通りの印象操作、世論誘導ができた。しかし、ここ数年の急激なインターネットの普及により、おびただしい数のブログサイトや情報発信サイトが定着してしてしまった。あまりにも数が多すぎるので、個々に籠絡するのが困難だし、情報発信者の多くに、確固とした愛国心を持ち日本の国益を最優先する人物が多くなってしまった。いかに大新聞やテレビ局を総動員して、捏造情報を流しても、ほぼ瞬時にブロガーたちから反証され、あっという間に拡散されてしまう。

 最近では、目に見えない静かな動きながら、籠絡したメディアが「反日・売国メディア」というレッテルを貼られ、実質的な不買運動が静かに展開されている。メディアに出稿する広告主企業に対しても、広告出稿の是非についての意見を訴える消費者が増えている。マスメディアの実売部数や視聴率が目に見えて低下してきている。顕著な退潮傾向である。さらには、その退潮に追い打ちをかけるかのように、国民からの官邸メールや意見拡散に後押しされるかのように、官邸が「電波オークション」の検討に言及し始めているではないか。
 
 いよいよ私のような人間は、旧時代の影の選挙参謀になりつつあるようだ。長年うまく行っていた方法なのに、とうとう大部分の日本人に政治的覚醒の輪が拡がってしまい、もう私の時代は終わったのだと、潔く退場する覚悟を決めるべきなのだろう。

 ・・・以上はあくまでも妄想であるが、書きながらずいぶんリアルな内容だなと思ってしまっている・・・。

 さて、インターネット上の情報では、安倍首相が近々衆議院解散・総選挙に打って出るという話題が出始めている。もし私に、自民党以外の野党政党から影の選挙対策委員長の依頼が来たとしても、とてもではないが引き受ける自信が無い。これまで溜め込んだ資金を、スイスや英国、オフショアなどの銀行に分散して持っているが、これ以上欲を出さずに、東欧か北欧のどこかの国の片田舎で、のんびりと余生を送ろうと考えている。

 もし、私のような立場で国政選挙に参謀として関わる予定の人がこの記事を読まれたら、悪いことは言わないので・・・具体的な政党名は挙げないものの、現政権を転覆させ、日本を他国の支配下に置いたり、実効支配させしようという考えの政党や政治家には、関与しないよう強くお勧めする。晩節を汚すことなく、世のため人のために汗を流すようお勧めする。そして最終的には多くの人から感謝され、尊敬・敬愛されるような人生を全うされてはいかがだろうか。

 ナンテッチャテの妄想記事なので、アハハと笑っていただければ嬉しく思う。今晩はおそらく夢の中に、ジャック・バウアーと後妻になると思われるオードリーが、二人で現れるような気がする。改めて、24/Twenty Fourのできの良さには脱帽である。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-19 01:23 | 心の中のできごと | Comments(0)

聞き苦しい深夜の言い訳


Natalie Cole - "The Very Thought Of You" (Official Music Video)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 ようやく一段落した現在時刻は、深夜1時23分。せっかく早く寝ようと思っているのに、なかなか思うように行かない。言い訳、弁解になってしまうのだが、日曜日の夜にはやむを得ない事情がある。

 赤ちゃんの名入り絵本の製作は、毎週木曜日の午前中に最終締め切りで製本屋さんに持って行く。木曜日の午後から日曜日の夜までに、1週間の製作冊数の約30%程度の製作依頼書が送られてくる。月曜の朝の通常時間から始めたのでは、新たな申し込みも到着するので、間に合わなくなってしまう。最も冊数の多い産婦人科2カ所の場合は、最初の赤ちゃんと2番目の赤ちゃんは、絵柄の違うもので製作する。開業後10年が経過したので、3番目、4番目もある。それを過去の約5万データから検索し、何番目かを特定する作業もある。随時、写真アルバム用の画像も送られてくるので、作業しやすいよう内容を確認してdropboxに保存する。

 製作担当者は次男なのだが、月曜日の出社時間は深夜過ぎの午前3時半である。少しでも負担を軽くするためには、日曜日の夜までの到着分を仕分ける作業を終了しなければいけない。言い訳になってしまうが、私だけが楽をするわけに行かない。それと、まだ製作担当のオペレーターを増員するだけの予算を確保できない。そんなこんなで、頭のクールダウンを兼ねて、またまた深夜のブログに逆戻りしてしまった。

 今日、ある主婦の方から紙袋をいただいた。私にだという。てっきりお菓子だと思い、帰宅して開けてみたら、なんとネコ用のレトルト風食品だった。げっ!一瞬、どうして私がネコだと知っているのだろう、と思ったのだが、どうやらシロがまだ生きていると勘違いしたらしい。パッケージがとても良くデザインされており、美味しそうなイメージなので、本当はすぐに食べたいと思ったのだが、キャットフードの類いは口に合わないので、食べたことがない。馴れないことはしない方がいいだろう。

 今日、余命三年時事日記の記事を読みに行った。

 タイトルは「1896 画像シリーズ〜余命厳選動画集」で、いくつかが掲載されていた。不勉強で、余命動画シリーズが存在することを知らなかった。テキストを音声化するソフトを使用しているため、ときどきおかしな読み方をするが、目が疲れているときや電車で移動中などの時間を使って聞けば、内容は十分に把握できるクォリティだった。全部でいくつのシリーズがあるのか把握していないが、100数十の動画シリーズを、ひとつひとつをAiryというソフトでデスクトップにダウンロードした。50数画像まででも数時間かかってしまったので、今日はそこまでにした。近い将来、閲覧用やデータベース作成用資料として貴重なデータだと思っている。再生→ダウンロード作業をしながら、ほとんどの記事が記憶にあったので、懐かしく思った。

 改めて、OSIN情報(Open Source Intelligence)といわれる情報収集の手法が有益だと再認識している。ある特定の人物についての背景を知りたければ、容易にアクセスできるデータバンクを設立すればいい。
 例えばある国会議員の名前で検索したときに、経歴、人間相関図、所属団体、懇意な組織情報、特定の法案に対するスタンスなどの文字情報に加え、国会での質疑の模様や他の動画が用意されていれば、表情や人相から、人間性・信頼性などもある程度はイメージすることができるだろう。・・・こんな具合に、構想が次々と湧いてくるので時間がいくらあっても足りなくなってしまう。
 興味を持たれる方にこの仕組みを開放すれば、メディアスクラムによる印象操作や世論誘導は、かなりの確率で防げるのではないだろうか。対象人物や組織が膨大な数になるので、データベース化する作業の予算化が課題になるだろうと予測している。

 もし余命動画をご存知なければ、ご参考まで以下に動画のひとつを掲載するので、興味がおありになる方はご覧いただきたい。・・・選定していたら、なんと見覚えのある記事が出てきたので、記念にその記事を紹介させていただく。



いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-18 03:02 | 心の中のできごと | Comments(0)

たった一日いつもより3時間早く寝ただけなのに


Oblivion-Astor piazzolla-RNE

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 昨晩はあまりにも、ありのままに書いてしまったため、私の低血圧症状を心配するコメントをいただいた。昨晩は通常より3時間ほど早く床についたが、途中で目が覚め眠れない時間はあったものの、朝の血圧は110だった。たった今測ったら125だった。遅くとも午後11時には床につき、毎日6千歩程度を歩けば、なんとかまた血圧は正常値の範囲に入ると思う。ご安心いただきたい。

 しかし、現実的には次々と締め切り仕事が入ってしまい、なかなか思うように睡眠のリズムを平準化できない。明日、重要な打ち合わせがあるため、どうしても今晩中に作成しなくてはならない資料があり、今ようやく終わった。

 せっかくリズムをつかみかけているので、大変申し訳ないのだが、今晩はこれにて筆を置かせていただく。

 月曜日まで連休が続くが、ゆったりとお過ごしいただきたい。北朝鮮問題も国内の諸事も、事態が深刻化せず、平和裡に収束してほしいものだが、いずれも根が深いので最悪の事態は視野に入れておくべきだろうと思っている。

 ではこれにて失礼させていただく。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-17 00:25 | 現実的なお話し | Comments(0)

おそらく夏の疲れが出てきたのだろうと思うが


Shirley Horn - "Solitary Moon"

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 昨日、久しぶりに統合失調症の女性から、長いメールが届いた。施設から出て、現在は精神障害者のためのヘルパーとして働いている。家族関係に悩み、ときどき長いメールを送ってくる。私には何も解決方法を提示できないので、ただ理解に努め励ますだけである。

 誰にだって、なんらかの課題や悩みはあるものだろう。私だって抱えている・・・のだろうと思っている。改まって考えたことはないが、果たして私の具体的な問題、課題、悩みはなんだろうか。自己改善のために自分を客観的に見つめ、試しにリスト化してみようかと思い至った。ただ、どんな問題があったとしても、まったく深刻に考えない性格なので、ここまでをサラサラと生きてこられたのではないだろうか、と振り返っている。知人・友人の励ましや支援をいただけたのも大きい理由だが。

(自分の問題、課題、悩みリスト・深刻度昇順)

  A:まったく気にならない
  B:ときどき自覚するが気にしない
  C:気になるが考えてもどうにもならないので忘れてしまう
  D:しばし立ち止まって考え込むが、数分で忘れ歩き始める
  E:改善策を考えながら眠りに落ち、目が覚めたら忘れている

 とりあえず各項目の深刻度を5段階評価しようと書き出してみたが、どの表現を読んでもまったく深刻さが感じられないことに、我ながら驚き、呆れてしまった。でもまあ、折角の機会なので書き出してみることにする。

  1. 脳内にストレスが溜まると、何かしら口に入れたくなる依存症がある
  2. 血糖値が高いのに、脳内麻薬のように甘い物に目がない
  3. 文章を書き始めると次々とイメージが湧き、止まらなくなる。
  4. 一度パソコンに向かうと、余程のことが無い限り作業が連続してしまう。
  5. パソコン、プリンター、携帯デバイス、車などに人格を与え名前を付けて会話してしまう。
  6. 人を憎む、嫌う、恨む、呪うということができない。
  7. 息子たちと娘を並べると、娘が断然可愛く思う。息子たちは友人のように思える。
  8. 音楽なしでは生きていけない。
  9. 誰にも邪魔されない時間が貴重なので、つい作業が深夜になってしまい、早朝の起床が苦手になっている。
  10. シロが亡くなって久しいが、ネコ禁断症状も薄れ今では散歩のお供に、犬を飼ってみようかと思うことがある。
  11. 創作作品を書きながら、自分の文章に感動して落涙することがある。
  12. 健康のための必須条件であるウォーキングを、なかなか継続できない。
  13. スパイ映画の見過ぎのせいか、初対面の外国人は情報部員かもしれない、という目で見てしまう。
  14. 映画を観ていると、気に入った登場人物を勝手に友だちだと思い込んでしまう。
  15. これまで約3000年を生きてきており、もうあと1000年ほどは生き続けるのではないかと思い込んでいる。
  16. 入浴、掃除、整理整頓、散髪に興味がない不精者である。
  17. 目の前にどんなエサをぶら下げられても、自己理念を売り渡さない。
  18. 人間づきあいが不得意で、次男と娘がその気質を受け継いでいる。
  19. 必要と思う書籍を購入、あるいはKindle本をダウンロードしただけで、その知識が具わったと思い込んでしまう。
  20. 中学生ぐらいから徐々に脇道に逸れてしまい、規格外のはみ出し人生を生きてきたせいか、物欲・金銭欲・名誉欲が極端に欠落している・・・ものの、いつか「ノーベル即興文学賞」なるものが創設されたら、受賞したいという淡い希望を抱いている。
  21. ファミリー・インテリジェンスだの神学的インテリジェンスだの、世界中で誰も認知していないような荒唐無稽な発想が思い浮かび、まるでドン・キ・ホーテのように・・・風車に向かって猪突猛進している。
  22. 過去の人生に、どれだけ深刻な過ちがあったとしても、どれだけ悩み苦悩したところでやり直しはできない・・・と、それらを忘れ去ってひたすら前進しようと居直ってしまう。一面識もないし後援会員でもなんでもないが、渦中の山尾志桜里さんは、かつてミュージカル「アニー」の初代アニー役だったそうだし(あまり関係はないが)、私のように人生を割り切って、力強く前進してほしいと、エールを送りたい。ただし政治的手法、所属していた政党はまったく受け入れられないけれど、人道的な・・・いやネコ道的な見地からのエールである。

 ざっと思い浮かんだだけで、あっという間に20項目を超えてしまった。それぞれについて、上記の深刻度基準に基づいて評価してみようと思った。しかし、いずれの評価基準も最終的には忘れるか気にせずに、トボトボと前進してしまうという似たような結末なので、評価はしないことにした。

 しかし、こんなにたくさんの問題、課題、悩みがあっても、まだ生き続けようともがいている自分自身に、エールを送りたいと思ってしまった。

 夏の疲れが出てきたのかどうか分からないが数日前から、朝の血圧が100を切り、いわゆる低血圧の領域に入っている。数年前に、意識が薄れて救急車を呼んだときは、車内で血圧が257だったのを今でも憶えている。血圧降下剤などを一切服用しなくても、最近はずっと110〜120程度で安定し、安心していたのだが、どうしたものだろうか。

 健康のために少しでも早く寝て、朝型にしようと考え、こんな早い時間にブログを書き始めたのだが、延々と続きそうなのでこれぐらいにしておく。・・・今の血圧は110なので正常値だ。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-15 22:00 | 心の中のできごと | Comments(0)

公開情報から理解する電磁パルス兵器・EMP


Astor Piazzolla - Soledad

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 数日前の秘密公聴会という妄想記事で、北朝鮮のミサイル発射実験は陽動作戦であり、実際には密かにスーツケース原爆、タングステン原爆などの超小型原爆を世界各地に隠匿し、併せて電磁パルス兵器・EMPを使用して、主要都市の通信網を無力化しつつ相手国の制圧を画策している、と書いた。

 数日前に国連安全保障理事会が、中・露を含む全会一致で北朝鮮に対する経済制裁案を決議した。これに対し、金正恩氏は大変に激怒しているそうだ。世界の国連加盟国を敵に回すことになるし、南米の国々も北朝鮮大使を「ペルソナ・ノングラータ」として、国外退去命令を出している。トランプ大統領はさらに、北朝鮮と関係している中国の銀行への制裁=米銀との取引停止など、次々と包囲網を狭めている。

 私はトランプ大統領の真意を確認するため、ホットラインで通話し今後の方針を聞き出した。(そんなことができるはずはないので、これも妄想情報である。念のため)

 トランプ大統領の説明によると安全保障会議の席上、北朝鮮に対する先制攻撃を主張する大統領は、国務長官、国防長官の意見を聞き入れ、以下の作戦に切り替えたという。

1. アメリカ主導で先制攻撃を仕掛け、一気に金正恩氏の斬首を達成しても、中・露および欧州諸国との間にしこりが残ってしまう。
2. さらには、戦後処理としての北朝鮮の統治方法に関し、中・露およびに国連の協力を得る上で、摩擦が生じる可能性が高まる。
3. 従って、まずは経済制裁を優先し、同時並行して国連加盟国への協力要請も行って、北朝鮮をさらなる孤立に追い込むという「非軍事・外交」努力による忍耐強い対応を行う。結果として国際世論を完全に味方につけることができる。
4. 一方、追い詰められ逆上した金正恩氏は、さらなる暴発行動に出る可能性が高まる。最終的にアメリカに向けてミサイルを発射せざるを得ない状況に追い込まれるが、そのミサイルをスターウォーズ防御システムによって大気圏外で迎撃し、金正恩氏の暴挙を広く国際世論に訴える。アメリカ政府は国民を護るために、これ以上の暴挙を看過することはできない・・・ここまで行くと、世界各国および中・露ですらもアメリカ政府の選択と決断に異議を挟むことはできない。
5. 北朝鮮制圧後は、アメリカ主導で統治形態を関係各国と協議し、中・露をにらむ形での軍事拠点を確保する。

 以上がトランプ大統領から直接聞いた(という妄想の)話しである。しかし私は僭越ながら、トランプ大統領に以下のように進言した。

1. 米国内の相当箇所にスーツケース原爆やタングステン原爆が秘匿されており、米軍の攻撃開始と同時に何カ所かで爆発した場合、金正恩氏は自国への攻撃に対する正当な反撃行為だと主張するだろう。
2. 一方、多数のアメリカ国民がパニック状態に陥り、治安を維持するのが困難になるのではないか。
3. さらには第二波攻撃として、アメリカの主要都市の高高度上空で原爆を空中爆発させ、電磁パルス兵器・EMPを使用した場合、大規模な停電、通信網の破壊が起きて国内の混乱はさらに加速するのではないか。
4. そのような混乱を引き起こしながら、アメリカ国内に潜伏している北朝鮮工作員が、無差別テロを引き起こす可能性が高まると思われるので、探索は非常に困難かもしれないが、FBIを総動員してスーツケース原爆やタングステン原爆の所在を突き止め、無力化する必要がある。
5. CIAに指示して、韓国やアメリカまたは中国在住の脱北者から情報を知る人間を探し出し、協力を要請するなどの対策を至急講じるべきではないか。
6. ここでトランプ大統領から、この困難な探索作業を陣頭指揮でいる適任者はいないか、と質問された。私はためらわず、CTU(Counter Terrorism Unit)のロス支局長だったジャック・バウアーを推薦した。(テレビドラマTwenty Fourの主役)

 トランプ大統領との会話をざっと要約しだが、上記のように超小型核爆弾と電磁パルス兵器・EMPが展開することになると、勝ち誇った金正恩総書記の得意げな表情が目に浮かぶ。日本とて例外ではない。

 東日本大震災のとき、固定電話・携帯電話が不通でもインターネットは機能していた。したがって、非常事態のときの安否確認や情報収集のために、携帯デバイスと予備電源がを必需品だという考えから確保を勧めている。しかし、現実に電磁パルス兵器・EMPが上空高高度で炸裂したときに、通信網が果たしてどうなるのか。ドコモに問い合わせたが、ガラケーであっても使用できない可能性が高いそうだ。もちろんインターネットもアウトなのだろうと思うが、時間をかけて調査したいと思っている。

 現時点の公開情報で、電磁パルス兵器・EMPの概要をかなり理解できると思うので、以下にご紹介する。有事や非常時の際に食料、飲料水、医薬品、燃料などを含め、どのように情報収集手段を確保すべきか、ご自分で是非お考えいただきたい。

【電磁パルス攻撃 北、露技術流用か 旧ソ連と密接関係浮かぶ
... 北がEMP攻撃能力の根拠とする「水爆」保有について露国内では否定的な見解が多く、「水爆」を搭載するICBM保有も露政府は認めていないことなどから、露メディアでは北のEMP技術問題への注目は決して高くはない。  関係筋は、北朝鮮がEMP技術を有しているか...
2017年09月14日[ 政治・社会 ]

「首都圏で大規模停電が発生」 山手線など7路線一時運転見合わせで大混雑
電磁パルス(EMP)攻撃が可能」としたことから、ネット上では一時、電磁パルスを疑うような書き込みもあった。...
2017年09月05日[ 政治・社会 ]

北、不気味な「水爆で電磁パルス攻撃可能」 東京上空で爆発すれば「首都マヒさせる威力」
域への超強力EMP攻撃まで加えられる多機能化された熱核弾頭だ」と報じた。  EMPは、核弾頭を地上数十~数百キロの高高度で爆発させる攻撃手段とされる。軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「核爆弾が高高度で爆発すると『電磁パルス』という現象が副次的に発生し、雷が大量...
2017年09月05日[ 政治・社会 ]

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-15 01:03 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ