昼寝ネコの雑記帳

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年の年頭所感

Albert Camus


まだ3時間ほど早いのだが、年頭の所感として
嘘偽りのないところを述べるとすれば、
私には死の予感があり、その終焉の前に
全てを吐き出して、空虚な心のまま
自分を昇華してしまいたいという衝動に
突き動かされている。

私は本質的に感覚的な人間であり
論理性とは単に、目に見えない感性に
形状と色彩のある衣を与えたものに過ぎないと思っている。
突き詰めれば、どの言葉も究極的には曖昧であるが
感性は饒舌に真相を語るからだ。

「いま在るところのものであらず
在らぬところのものであるような存在」とは、
サルトルの「実存主義」の中核を構成するが
多感だった十代の後半に、決定的な影響を受けたのは
アルベール・カミュだった。
未だに、カミュについては多くを知らない。
だが、カミュの世界を構築する感性の世界は
私にとって、実に居心地のいい空間だった。

あれから四十数年が経過した。
今でも、佳き作品との遭遇は至福の瞬間である。

現実社会で生きる以上、生存するためには
社会の一員として根を下ろさなくてはならない。
生活の糧という養分を摂取するために。
しかし、多くの人たちを包摂し、支えるべき
その社会自体が、崩壊の危機に瀕している。
他者に依存することなく生きることは困難だが、
自分自身の理念にのみ依存して生きようとすることには
ある種の安堵感と誠実さが伴う。

死とともに消え去るものは多いが、
死せる存在に伴って存続するものも、実は多い。
ただ、それらは感性の眼で見なければ見えず、
気づく人が少ないだけのことなのだ。

・・・たった今、鎌倉から袋入りの鳩サブレが届いた。
ぎりぎりの領域で暮らす数人の方が、お礼にといって
数百円ずつを出し合い、送ってくれたものだ。
これからの私は、鳩サブレを見るたびに
この、心のこもった贈り主たちのことを思い出すだろう。
それほど、特別な想いを味わうことができた。

聖書の「はじめに言葉があった」という部分は
様々に解釈されているが、
私の場合は「最後の最後まで言葉があった」
と、自分で納得できるよう、
言葉を発し続けていきたいと思っている。

無数にある言葉から、いくつかを選んで
組み合わせる作業だが、
そこには感性力が不可欠であり、
適切な言葉を選ぶ感性が与えられるよう
心から願っている。
自分だけの力により頼まず、
天啓の閃きが与えられるよう願って止まない。

多くの善良な人々が、ある日を境に突然
苦難を背負う時代になってしまった。
しかし、いずれ重荷を下ろし、平安と安息が得られる
人智を超えた摂理があるということを心の糧として、
命がある限り生き続けようと思っている。

お読みくださった皆さんに
心よりお礼を申し上げたい。
2012年は、間違いなく動乱の年となるだろうけれど
生き延びていつか、再会したいと願っている。
[PR]
by hirune-neko | 2011-12-31 20:51 | 心の中のできごと | Comments(4)

雪の降らないクリスマス


Christmas With the Mormon Tabernacle Choir (2010) - Natalie Cole: It's the Most Wonderful Time...
c0115242_12341439.jpg

      カトリ〜ヌ・笠井 画・・・でした。

ボクはね、生まれてから一度も
雪を見たことがないんだよ。
小さい頃、おばあちゃんがよく言ってたんだ。
「ぼうや、雪は真っ白でふわふわしてるんだよ。
雪は、雑踏の騒々しい音だけでなく、
心の中の苦しみや悲しみまで
ぜ〜んぶ吸い取ってくれるから、
クリスマスの時期は、誰もが平安で
神聖な気持ちになるんだよ」

別に疑うわけじゃないけど
世の中に、そんな雪みたいな
親切で優しい人なんているのかな?
ボクは生まれたときから目つきが悪く
毛並みも悪いし、声だってガラガラで
おまけに人前では、自分の名前すら言えないんだもの。
だから、誰からも相手にされなかったので
少しひがんでいるのかもしれないね。

でもさ、ネコネットで知ったんだけど
被災地で親を亡くした友だちのために
何人ものおじちゃんたちが何も言わず、
そっと「グリーティング絵本」を
寄贈してくれたんだってね。
へえ、いまどき、そんな親切な人が
本当にいるんだ、って分かって
涙が出てきちゃったよ。
おじさんたち、本当にありがとうね。

ボク、生きてるうちに
雪を見ることができるかな?
もし雪が降ったら、心の中にたまっている
いやなことを全部吸い取ってもらいたいんだよ。
[PR]
by hirune-neko | 2011-12-10 13:06 | 創作への道 | Comments(2)

内省的分析・自己との対話


Bill Evans - Remembering the Rain

この5〜6週間は、ただひたすら
自分の外に位置するものと取り組んでいた。
だから、自分自身を自分の中から観ることなく
感じることもなく、振り向いても
自分自身の痕跡を辿ることもできないという
魂の不在の期間を過ごしていた。

仕事の果実として、利益を手中に収めるか
他者からの高い評価と賞賛を受けるか・・・
そのいずれにも価値を見出せないとしたら、
やはり私が一番望むものは
魂が安住できる空間に、じっと佇むことだと思う。

喧噪と雑踏から逃れ、深く息を吸いながら
目に見えない情景を凝視し、
耳には聞こえない響きを聴いている。
そんなとき、時間は一気に
過去から現在を突き抜けて、未来に拡がる。
そこでは一切の不純なものは濾過され
冷徹な洞察力と気高い感性に啓示された閃きが
唯一の道標となって、鎖のように連なっている。

ふと地上を見下ろすと、
かつては栄華だったものの残骸が朽ち果てており
あでやかさと華やかさは、今ではひっそりと
腐臭を放っている。

私自身の内面では
まだ葛藤が渦巻き、ときとして
悔悟の痛みが、浮かんでは消えている。
識る人は決して多くはないものの、
肉体の衰退とともに、静謐の中から魂が蘇生してくる。
あらゆる喧噪が空しく感じたとき
人は、内なる声が聞こえてくるのを認める。

誰にでも、人生を振り返るときが訪れる。
いつか必ずやって来る。
そのときに、自分自身の存在の重みを
支えられるような、そんな自分になっていたいと
心から願っている。
[PR]
by hirune-neko | 2011-12-01 00:23 | 心の中のできごと | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
きいろ香さん お久..
by hirune-neko at 14:09
お久しぶりです。 色々..
by きいろ香 at 23:59
鞠子さん お兄さん..
by hirune-neko at 15:49
鞠子さん 深夜3時..
by hirune-neko at 00:11
鞠子さん 久しぶり..
by hirune-neko at 11:20
記事ランキング
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ