昼寝ネコの雑記帳

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高価な絵本



わが社の商品アイテムのひとつに
完全100%オリジナルの「メッセージ絵本」がある。
特定の人に、特別な気持ちを伝えていただく目的の
とても高額な絵本だ。
普段は赤ちゃんの名前を差し替えるだけの
定価3780円のグリーティング絵本がほとんどで
時折、オリジナルのメッセージ絵本に興味を持って
問い合わせがあっても、製作費を告げると
そのまま連絡が途絶えてしまう。

だがこのたびは違った。
男性のお客様からメールによる問い合わせ。
文章は自分で書きたいという申し出だった。
もちろん、それがベストである。
読むと、来月21歳の誕生日を迎える女性へのプレゼント。
原稿にはその女性の生い立ちが綴られ
そっと見守る優しい愛情がよく表れている。
ああ、いいお父さんだなと感心していたのだが
とんだ勘違いだった。
お父さんではなく、ボーイフレンドだったのだ。
その女性の写真が1枚送られ、それを絵にして欲しいという。
彼女が海外に行く前に手渡したいので、と
無理なスケジュールであることを恐縮そうに告げる。
装丁家に事情を話して協力を要請し、引き受けることにした。
急ぎなので、夜遅くに見積金額をメールで送る。
深夜2時前に正式な依頼の返信があり
翌日の昼には全額振り込んだとの電話をいただいた。
1冊が7万円以上になる絵本である。
これでも相当良心的な価格設定をしているのだが
それでも1冊の絵本に7万円も・・・。

編集作業をしながら思い浮かんだのは「至上の愛」という言葉。
男女の性差と、さらに自分自身の身辺のわずかな経験を
思い巡らして、果たして男性と女性のどちらに
純愛傾向が強いか考えてみた。
これは多分、性別によらず人格と感性によるものなのだろう。
でも、反論を気にせずに言えば、女性の方がリアリストであり
男性の方がロマンチストである、というのが個人的な見解だ。

さて、「至上の愛」で思い出すのは、
ジョン・コルトレーンが1960年代に演奏した
そのままのタイトルの「至上の愛」。
聴き直してみたが、神経と体力がもたず、中断した。
次に多い浮かんだのは、ヴェルディのオペラ「アイーダ」の
ラストシーン。ラダメスとアイーダの二重唱だ。
だが、20歳代で初めて聴いたときの感動が甦らない。
で、結局は冒頭の曲に落ち着いた。
プッチーニのオペラ「トスカ」のアリア。
日本語では「歌に生き、愛に生き」だったろうか。
曲の最後がちょっと切れてしまうが
このたびのクライアント男性に贈りたい曲だ。

この高額な絵本を彼女に手渡し、
驚き感動する彼女に向かって、
彼はこうプロポーズするのではないだろうかと想像している。
「かけがいのない君を、帰国までずっと待ってます」
で、まさか彼女はこうは言わないと思うのだが・・・。
「絵本に7万円も払ったの?
そんなお金があるんなら
餞別にトラベラーズチェックを買ってくれた方が
よっぽど有難かったのに。無駄遣いばかりするんだから」
[PR]
by hirune-neko | 2011-01-26 12:41 | 音楽・映画・本の世界 | Comments(5)

誘惑〜Temptation

diana krall temptation


振り返ってみると・・・あと2ヶ月で、
それまで生きながらえればの話しではあるが・・・
この世に生を受けて60年間、生存することになる。

なんと雑音と雑念・好奇心、そして数々の誘惑に翻弄された
分岐点と不協和音だらけの人生だったことか。
常識を持たず、既得権を嫌い、世俗の権威に従わず
既成概念を否定し、不健康・不健全な存在として
いつ消滅してもおかしくない生き方だったように思う。
執着心は何に対しても持っていない。
あるとすれば、頑迷で幼稚な感情ぐらいだろうか。
好きか嫌いか、合うか合わないか、
受け容れられるか拒絶するか・・・。

後悔はしない主義なので、それと
過去を悔やんでみても、戻ってやり直しをすることは
でき得ないのだから、前しか見ないし振り返らない。
頻繁に振り返っていたら、自己嫌悪と自信喪失で
人生が暗くなってしまうのではないかと思う。

見栄とプライド、こだわりを捨てることができれば
とても楽に生きられることに気付いたのは
そんなに昔のことではないように思う。
車が買えない時期を経験すれば、高級外車でなくたって
10数年前の色あせた中古車でも十分有難いし
叶匠壽庵の和菓子はそりゃあ結構だが
茨城産のサツマイモを厚切りにして
オリーブオイルでこんがり焼きたてもなかなかだ。
ピアジェの特注腕時計はそりゃいいだろうけど
ドンキホーテで買った千円そこそこのだって
ほぼ日本の標準時間を教えてくれる。
ヴィトンもエルメスも匠の技だけど
風呂敷が1枚あれば、かなり実用的だ。
ミシュランの星付きの食事は、
そりゃあ芸術的だろうけど
醤油を付けてこんがり仕上げた
焼きたてのおむすびを食べたことある?
あれ以上おいしいものって、あるんだろうかね。

まあそんなわけで、そりゃあ直木賞も
芥川賞もたいしたもんだけどさ、
でも、これから続々電子書籍で登場予定の
昼ネコ作品も、なかなかのもんだと思うよ。(大爆笑)

今日の曲はDiana KrallのTemptation(誘惑)だ。
歌そのものよりも、イントロのウッドベースの
メロディラインが、とってもユニークで気に入っている。
彼女が歌っている同じ曲でも、ベーシストが違えば
イントロ部分も全然別物なので、これが気に入っている。
これを流すと、周りのみんなは嫌がるけど
どういう訳か気に入ってしまっているんだよ。

そういえば、最近はすっかりこしあんドーナツの
禁断症状が消えてしまって、全く食べていない。
いいことだ。けど、オクダベーカリーさん
あまり買わなくなってごめんなさい。
[PR]
by hirune-neko | 2011-01-22 12:55 | 創作への道 | Comments(0)

静かな時の流れの中で



耳を澄ませば、誰にも聞こえない声が聞こえる。
目を凝らせば、誰の目にも見えないものが見えてくる。
雑踏に紛れていても、雑音にさらされていても
幻惑されそうな原色が折り重なっていても
私は聴いているし、凝視している。
あれはそう、ずっと以前から聞き慣れた
荒野を導く羊飼いの声であり、
物言わぬまま屠(ほふ)られていく羊たちの幻影。

自身と訣別し、また自分と再会する。
自分の醜悪さを忌み嫌いはするが
やがてあるがままの自分を受け容れる。
人は知らない。
自分以上に自分を知る者の存在を。
人は知らない。
人間の感情が、眼からほとばしり出ることを。
私は知らない、何も知らない。
でも、自分が無知な存在であることを
確かに知っている。

時が静かに流れていることを
確かに感じている。
[PR]
by hirune-neko | 2011-01-21 00:10 | 心の中のできごと | Comments(4)

マンチカンなトンチンカン



いつか犬を飼う気になったら、短足のコーギードッグかな。
密かにそう思っているが、でも私にはお利口すぎて
馬鹿にされそうなイヤな予感もするな。

そんなつい先日のこと。
げっ! こんなネコが存在するんだ!
なんと短足ネコがいるではないか。
マンチカン?なんかひどくトンチンカンな名前だ。
何日間かこの名前を思い出せなくて難儀した。
しょうがないから「男の痴漢」を翻訳してマンチカン?
アメリカ原産だというのに、なんでこの名前?
でも、ペットショップで価格を調べたら
なんと20万円以上して、もっと高いのもあるらしい。
マンチカンが捨てネコでウロウロしている可能性はゼロだ。

仕方がないので、YouTubeで気に入ったのをブックマークし、
ときどき眺めてはニヤニヤしている。
我ながら客観的には薄気味の悪い光景だが
でも本当にかわいくて仕方がない。
ずっと子ネコのままでいてほしいネコである。

でも、どうしてもネコが欲しくなったら
保健所に行って殺処分される運命のを
一匹もらってこようと思う。
[PR]
by hirune-neko | 2011-01-08 13:59 | Comments(6)

A Happy New Year

松任谷由実「A HAPPY NEW YEAR」【加工済】


新年、明けましておめでとうございます。
心新たにリセットし、この新しい1年を
健康で送ることができますように。
充実した、幸多き年でありますよう、
昼寝ネコ一族一同(若干数名)、それから
ドゥーヴィルのクレモンティーヌからも
「Bonne Annee!」とご挨拶をお送りします。
[PR]
by hirune-neko | 2011-01-01 01:25 | 心の中のできごと | Comments(4)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
causalさん ..
by hirune-neko at 11:38
TEST また禁止語あり
by causal at 10:59
まめひろさん いろ..
by hirune-neko at 09:53
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ