昼寝ネコの雑記帳

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クルト・モルとエメーリアエンコ・ヒョードル

*YouTubeで見つけた唯一の貴重な動画です
 ・・・「魔笛」のザラストラのアリアですよ。

オペラといえば、なんといってもソプラノとテノールが花形で
クライマックスの独壇場であるに違いない。
ドミンゴ、パヴァロッティにカレーラス・・・。
オペラのアリアは移調して歌わないという決まりがあるらしく
テノールの曲をバス歌手が歌ったなど、聞いたことがない。
しかし歌曲は別で、ある作品をテノール歌手が歌ったり
アルト歌手が歌ったりということは、日常茶飯事であるようだ。

バリトンもそれなりに著名な歌手が存在する。
しかし、バス歌手ともなると、
かなり限定されるのではないだろうか。
個人的には、ドイツのクルト・モルの歌が好きである。
シューベルトの歌曲集「冬の旅」は、
フィッシャー・ディスカウなどのように
バリトン歌手が「さあ、聴かせてやるぞ」という感じで
レコーディングする方がポピュラーかもしれないが
バス歌手の演奏を探すのはちょっと骨が折れる。
その点、クルト・モルの歌唱には独特の
深みとマイルドさがあり、熟練された人間味もある・・・。
そう感じている。
割と声楽分野が好きなので、知らない歌手がいたら
好奇心でいろいろ聴いた時期があるが、
お金を出してCDを買うとなると、クルト・モールだ。

最近、改めてオペラの良さに脱帽している。
同じように、大変敬服している人物は
エメーリアエンコ・ヒョードルである。(どこが同じなんだ?)
エメーリアエンコ・ヒョードルとは、メトロポリタンや
パリ・オペラ座の専属歌手などではなく
ウクライナ出身の格闘技選手であり
柔道やサンボの名選手でもある。
プロレス、柔術、ボクシング、柔道など
あらゆる格闘家と対戦しているが、
そのファイティングスタイルに、私は魅せられている。
寡黙、ストイック、冷静沈着、秘めた闘魂。

クルト・モルとエメーリアエンコ・ヒョードルには
なんの接点も見いだせないが、私にとっては
敬愛・尊敬する偉大な存在である。

ついでながら、ウクライナについて調べるうちに
かつてのユーゴスラビアがスロベニア、クロアチア、
ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニアの
6カ国に分離独立していることを、つい最近知った。
恥ずかしいが、本当の話である。
いつか行ってみたい東欧である。
東京のポーランド大使館に行き、
ビザの発給を受けたものの結局は行かなかった。
悔やまれるが、いつかまた
もっと地理と歴史を勉強してから
改めて行きたいものだ・・・年齢不相応に
好奇心だけは、まったく衰えていないようだ。
[PR]
by hirune-neko | 2009-06-19 21:58 | Comments(2)

強迫観念・・・たまには何か書かなくては

そう思ってはみたものの、本当にイメージが枯渇している。
最近は実務的な仕事が波状的に多く、
ちっとも妄想する時間がない生活になっている。

携帯電話・auの代理店が熱心に営業の電話をしてくる。
私もかなり営業電話をかける方だが、この佐藤さんという
男性は、なかなかうまいしゃべりだ。
将棋に例えると、連続して玉頭に歩を打たれ
取らざるを得ないのだが、徐々に相手の術中にはまり
気がついたら、すっかり危険な状態になっているような
そんな感じだ。
この理由で断ろう・・・決定打だと思ったのに
佐藤さんは、じゃあこうしましょう、と提案してくる。
なるほど、それじゃあ断れないなあ・・・。
かくして私はdocomoに電話して料金プランの
詳細と通話料金の単価を細かく調べ直している。
敵ながらあっぱれの営業マンだ。

大体が、営業の電話を門前払いすることはない。
なにがしかの新しい情報を得られるし
自分自身が素っ気ない対応をされて
落ち込んだ経験が非常に多いので
なるべく親身にお断りするようにしている。
先日は、大分のなんとかネクタイという会社から
営業の電話があった。若い女性で明らかに
慣れておらず、マニュアルを棒読みしている。
ユニクロが勢いを増しているのに、
ボタンダウンのワイシャツを通信販売しようとしている。
「何を見て電話してるの?」
「電話帳です」
は?そりゃ大変だろうなあ。
「一日に何軒電話してるの?」
「50軒ぐらいです」
そんなもんだろうな・・・。
実は私は、全国の保育科・幼児教育科のある
大学や短大、約430校の名簿をもとに
新刊書籍を学生の皆さんに紹介販売してもらおうと
二人でペアを組み、電話している最中なので
彼女の苦労が人ごととは思えない。
「買うとしたらLLだから、見本はLLにしてね」
生地はオックスフォード地ではなく
綿とポリエステルだそうだが、まあいいや
2枚ぐらい買ってやろう。ユニクロの値段の
半額程度だし、売り上げに協力してやろう。
・・・だが、待てど暮らせど見本が届く気配がない。
忘れた頃にやってくるのかもしれない。

こちらの電話営業の方は、見本を見てもらえる確率は
非常に高く、ほぼ100%近いのだが、実際にどの程度の
注文に結びつくかは、まだまだ結論が出ていない。
非常に原始的な営業方法だが、やるしかない。
電話は、1ヶ月かけ放題で645円。
見本とチラシは、全国翌日配達で
一律400円・・・コストカットの極限だろうと
その点だけは自画自賛している。
[PR]
by hirune-neko | 2009-06-18 00:58 | 心の中のできごと | Comments(4)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
鞠子さん お兄さん..
by hirune-neko at 15:49
鞠子さん 深夜3時..
by hirune-neko at 00:11
鞠子さん 久しぶり..
by hirune-neko at 11:20
こんばんは。 昼寝ネ..
by 鞠子 at 01:37
日本晴れさん  ..
by hirune-neko at 16:48
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ