昼寝ネコの雑記帳

カテゴリ:現実的なお話し( 336 )

腰痛ベルトを2本巻いて悪戦苦闘中だ

Adios Nonino - Astor Piazzolla


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



 腰痛ベルトというのは、普通は腰に巻くものだろうと思っている。しかし私の場合、頸骨の少し下の辺りの背筋の凝りが酷くなることがある。なので、腰痛ベルトを背中に巻いて仕事をすることが多い。

 ところが最近は椅子に座っている時間が長いせいか、徐々に腰痛に苦しめられるようになっている。立ったり座ったりの時に、何かに掴まるほど不安な状況だ。今日など、珍しくちょっと姿勢を変えようと思っただけで、腰に激痛が走った。

 腰には太いゴムベルト、背中には母が生前使用していた、細いゴムベルトを巻いている。遺産の有効活用だ。

 今日は夕方から、大幅に遅延してお待たせしている小冊子の製作に取りかかった。これもボランティアである。第1稿を送ったら、かなりの修正が入ってしまい、手を付けるのが億劫になっていた。それと、まとまった時間を確保できない日が続いていたので、ますますハードルが高くなってしまっていた。

 なんとか日本語の文章ページと画像処理が終わった。夢中で集中したので、時間を確認したときはすでに午前2時だった。身体にいい訳がない。しかし、いつかは仕上げなくてはいけないので、意を決して取りかかったが、気分的にはすっきりした。

 あと2時間もしないうちに、次男が仕事場にやってくると思う。どうしても週末に受注したデータが溜まってしまうので、9時に出社したのでは間に合わない。

 記事を書きながら、YouTubeで音楽を探していたら、ピアソラがオーケストラと協演した、アディオス・ノニーノに行き当たった。演奏を聴きながら記事を書いているが、不思議と腰と背中の辛さが緩和されてきた。

 さあ、新しい1週間の始まりだ。月末も近いことだし、気力を出して頑張ろう・・・泣きたいぐらい憂鬱な気分で始めたが、心身ともにすっかり軽くなった。よかったよかった。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。








[PR]
by hirune-neko | 2017-03-27 02:29 | 現実的なお話し | Comments(0)

Webマーケティングを凌ぐ感動のマーケティング手法

Isn't it a Pity - Shirley Horn


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 どの企業も、商品をいかに多く売るかに腐心しているはずだ。一定水準以上の売り上げがなければ、企業は徐々に衰退しやがては活動を停止せざるを得ない。

 マーケティングという言葉は、ずっと昔から存在する。ここ数年はインターネットを活用した、ダイレクト・レスポンス・マーケティング、最近はWEBマーケティングと称して、FacebookやTwitterあるいはGoogleを活用したマーケティング手法を勧める企業が増えている。

 中には、ちょっと首をかしげる誘いのメールが頻繁に入る。クリックするだけの仕事で、月に何十万円とか何百万円の収入になる、と説明されている。いわゆるアフィリエイトといわれる、仕組みなのだろうと思う。

 そのような、いくつものハイテクなマーケティングと比べ、ローテクを通り越して伝統的というか、古式豊かというか、実にユニークなマーケティング手法を目の当たりにし、新鮮な感動を覚えた。

 昨日、知人から電話があり千歳船橋を歩いていたら、りんごの行商をしているトラック(実際はリヤカーだったと指摘あり)があったので、購入して送ってくれたと言う。今時、行商なんていうやり方で、物を売る人が存在するんだと驚いた。確かに私の住んでいる街でも、時々露店で何かを売っている人たちがいる。しかし、行商と書いてこれを正しく「ぎょうしょう」と読める若い人がいるだろうか、と思うぐらいだ。

 そのりんごが今日届いた。5キログラム入りの平べったい箱で、送り状を見ると送り主はりんご屋さんであり、知人の名前はなかった。ずいぶん気の利かないりんご屋さんだと思った。

 箱を開けると、手書きのメッセージカードが入っていた。なんだろうと目を通したら、りんごの行商をしていた人からの挨拶だった。ずいぶん丁寧な人だなと思って、読んでみて驚いてしまった。以下に、その原文を固有名詞を伏せ字にしてご紹介する。

(行商人の方からの手紙コピー開始)
 「世田谷の路上で行商中に、Sさまとご縁がありまして、C社さまへりんごのギフトのご注文を頂きました。大変格好の良い、素敵なS様の懇意のC社の皆様も、感性の光る愉快な方々なのだろうとお見受けします。そんな皆様にぴったりの、丁寧な仕事でみずみずしく育ったりんご、どうぞお愉しみください。クリエイションのお供となれましたら幸いです。また、別紙に保管方法と商品説明、当店のパンフレットを同封しました。一度お目通しくださると、いっそうりんごがお楽しみいただけると思います。 ムカイ林檎店 世田谷店 藤原」
(行商人の方からの手紙コピー終了)

 印刷された挨拶状なら分かる。私たちも、発送する絵本のパッケージには、産婦人科クリニックの院長先生のお名前で、挨拶状を作り同封している。もちろん、名前は1枚ずつ異なるが文章は共通である。

 この行商人の方は、知人であるSさんの名前だけでなく、わが社の名前も記載し、なおかつSさんの風貌やわが社の業務内容にも少し触れている。まさしく、オリジナルの手紙である。

 私自身は、全国に約5,000カ所程度存在する、産婦人科クリニックすべてに営業コンタクトをする準備をしている。できれば、院長先生の目に触れるアドレスを探し出し、ニュースレターの形で営業メールをお送りする予定だ。インターネット機能なしには考えられない手法である。もちろん、説明コピーはそれなりに工夫をするし、一度送って終わりではなく定期的にフォローアップする仕組みも考えている。

 以前から、WEBマーケティングをコーチングしている会社から、ほぼ毎日複数のメールを受け取っている。ある程度の基本は学んだつもりだが、セールスコピーライティングのテクニックなど、詳細なところまではまだ研究ができていない。相手が興味を持ちそうな文章を羅列し、最後に申し込みをさせるよう上手に動機付けをする。価格も、どーんと高く提示し、すぐにかなり割り引いた値段を示して興味を引く。最後は48時間限定の特別価格、といって画面上に残り何十時間何分何秒まで表示する。アメリカで確立された、セールステクニックなのだろう。

 興味を引き、関心を高め、あらゆるテクニックを使って購入させようとする。そこにはある種のパターンや公式があるのだろう。それと比較し、この行商人の方の挨拶状には、ハイテクの要素が見当たらない。しかし、手書きであり、顧客である知人の容貌や雰囲気に触れ、しかもわが社の業務内容も多少は分かった上で、なかなか憎い文章を書いている。

 この挨拶状を読みながら、正直に言うなら新鮮な感動を感じた。相手の心をつかみ、相手の心に訴える、相手の心を開く・ ・ ・計算しつくされた手法ではなく、素直に心に感じたままを書いたと思っている。私は即座にこの行商人の藤原さんのファンになった。

 とうとう藤原さんの携帯に電話は繋がらなかったが、会社の方から連絡があり、聞くとこのりんごの産地は青森県の大鰐だという。残念ながら、りんごの販売時期はもう終わりだそうだ。次は10月ぐらいまで待たなければならないという。

 そんな話を聞きながら、もうかなり前のことだが青森県の板柳町に何度も訪れたのを思い出した。板柳町は別名りんごの町と呼ばれている。りんごの産地であり、町をあげてりんごの生産と販売を支援している。りんご専用のまるで倉庫のような大きな冷蔵施設があり、年中出荷できる体制を作っていたと記憶している。

 藤原さんには、コピーライターとしての感性があると思う。芸術家としての素養がある人だと思う。調べると、この会社は京都にも販売店があるようだし、インターネットからも注文ができるようだ。しかし私は、リンゴを購入するときは藤原さんに電話をして、買わせていただこうと思っている。

 長年にわたって、営業が苦手な私はあれこれ苦労を重ねてきている。しかし今日は、りんごの箱に入っていた挨拶状を読み、マーケティングといわず、敢えて販売手法と呼びたいのだが、その原点を教えられたような気持ちだ。りんごに付加価値のついた贈り物だった。

 Sさん、どうも有難う。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 
 


[PR]
by hirune-neko | 2017-03-25 01:40 | 現実的なお話し | Comments(2)

本日はこれにて閉店させていただく


~蛍の光~閉店の時間

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 気がつけば、もう午前2時になってしまた。あるサイトの大幅なリニューアルをする必要があり、しかも締め切りまで時間がほとんどない。せっかくの休日だったが、 ずっとかかりきっていた。おかげで、何とか骨格までは作ることができた。後はサイト内のコンテンツおよびリンク先情報を掲載しなければならない。

  何年か前の私だたら、このままストップせずに夜が明けるまで仕事をしたのだが、さすがに翌日に支障が出るので、今日はこれにて閉店させていただく。

 せっかくお越し下さったのに何も記事がなく、大変申し訳なく思っている。また明日、お越しいただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-03-21 02:01 | 現実的なお話し | Comments(0)

公開質問〜お知恵をお貸しいただきたい


Liliana Herrero - El viaje (Astor Piazzolla)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 日曜日の夜下がり。今日はこれで2回目の更新である。1日に2回更新するのは、多分これが初めてではないだろうかと思う。

 ちょっと行き詰まってしまったので、どなたかご存知の方がいらっしゃったらお知恵をお貸しいただきたい。

 会員制のみるとす・ファミリーインテリジェンスの正式公開を目指している。この仕組みの生命線は一斉送信メール機能である。つまり、試験的に週に1度ニュースレターを配信してきたが、私自身は様々な緊急事態や非常事態の時に、登録会員の方全員になるべく早く状況をお伝えしたいと考えている。いろいろ調べたところ、一斉メール送信機能のキャパシティーは、メールソフトではなくサーバーの能力に依存するということがわかった。現在利用しているサーバーは、廉価に利用できるものだ。調べたら、1,000 から2,000人程度であれば、一度に送信することが可能だそうだ。

 さすが妄想家だと呆れられそうだが、これまで既に赤ちゃんの名入り絵本をお届けした家庭は4万数千世帯に及んでいる。全員にはコンタクトできないと思うが、いろいろな方法を考えてでご案内するつもりでいる。したがって、短期間のうちに数万会員を確保したいと思っている。

 そこで問題になるのは、一斉にメール送信できる機能だ。一斉送信したにもかかわらず丸一日かかったのでは意味がない。そこで、業務用のサーバーなどの、私の知らない分野のことになるので、今日、IT関係の仕事に従事している人、3人ほどに事情を話して質問してみた。すると皆、異口同音に会員数が10万人とかを超えてしまうと、どのような方法があるかわからないという答えが返ってきた。

 もちろん、条件を満たす専用サーバーのようなものが見つかったとしても、今度は今サイトを作っているソフトが、そのサーバーでそのまま利用できるのかどうか、という不安もある。ちなみに、今サイトを作るのに使用しているソフトはQuick Homepage Makerで、現在はHaikという名の新しいものにバージョンアップされている。

 この程度の内容で、十分な情報かどうかすらわからないが、将来の会員数の増大を見越して、どのような方法が最適かを今から確認しておきたい。

 もしどなたか、解決方法を教えてくださる方がいらっしゃれば、大変ありがたい。66歳になったばかりの私に対する誕生プレゼントと思って、教えていただけないだろうか。お手数をおかけして申し訳ないけれど、私たちにとってはとても大切な情報なので、是非よろしくお願いしたい。

 別に機密事項でもなんでもないと思うので、回答はコメント欄にお書きいただきたい。もし直接メールで送信して下さるならば、以下の私のメールアドレスに直接お送りいただきたい。
 
・昼寝ネコのメールアドレス:hirune-neko@crossroads.co.jp


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-03-20 00:09 | 現実的なお話し | Comments(0)

ほう、それは意外な流れだと思う


Shirley Horn - "The Island(MIDI orchestrations:George Mesterhazy)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日、仕事の合間にいろいろなブログ記事に目を通してみた。すると、意外なタイトルが目に飛び込んできた。電子書籍の販売数が減少傾向だという。
 そんなことは当たり前の時代になってしまったが、電子書籍は紙の書籍に比べると、場所を取らないし重量もかさばらない。大量に読書をする人にとっては、これほど重宝なものはないのではないかと思っている。したがって、紙の書籍は衰退の一途をたどり、印刷会社や製本会社の仕事は、ますます減るものと予測していた。

 しかし、その電子書籍の販売数が減少傾向だという。一体どのような変化が起きているのだろうか。零細規模ではあるが、一応は出版社として仕事をしている。考えてみれば、私たちの主力商品となっているのは、子供の名前を入れた絵本で、著者がお父さんとお母さん、そして子供への愛情のメッセージが綴られている。外見は皆一緒だが、子供の名前を入れるので1冊1冊がすべて異なる。結果的に、手作りの絵本になってしまっている。考えてみれば、電子書籍前世のこの時代に、なんと原始的な方法で本を作っているのだろうか。

 しかし、もし誰かが私を励まそうと考え、私を主人公にした本を作ってくれたとする。題して「昼寝ネコ繁盛記」だったとしよう。この本が、紙製の本であり相手の手紙を添えて手渡された、という状況を想像してみると、確かに丹精込めて1冊の本を作り、プレゼントしてもらったという実感と感謝の念は湧くだろう。

 一方で、その人が単行本をPDF化し、メールに添付して送ってくれたとしよう。もちろんそれでも嬉しいには違いない。しかし同じ内容の本でも、紙に印刷された本と電子化された本とでは、確かに違いがあるだろうと想像できる。つまり、一言で表現するならば、ぬくもりがあるか、あるいはないか、その違いではないだろうかと想像する。

 今はまだ時間的な余裕がないので、手をつけられないが、あれこれ欲張らずにKindle本だけを手掛け、Amazonで売るような流れを作りたいと思っている。AmazonでKindle本を売るとなると、流通形態も異なるしそれなりのテクニックもあるのだなと思う。しかし、その辺の事情さえ飲み込んでもらえれば、かれこれ35年ほど本作りの仕事をしてきているので、なんとか土俵に乗れるだろうとは思っている。

 電子書籍の販売数が減少しているとはいっても、情報を得る対象として購入する本であれば、やはり電子書籍が好まれると思う。全文の中から特定のキーワードで検索することもできるだろうし、かさばらず重くないのが最も助かる。しかし、内容によっては紙の本とkindle本との二本立てで出版するのも面白いかもしれない。もちろんリスクとの相談になる。

 このように、近未来の構想をあれこれ考えるだけでも、とても心の栄養になっている。

 電子書籍の販売動向について興味がおありになる方は、いかに情報記事をご紹介するので、参考にしていただきたい。


(Business Newslineの記事引用開始)
欧米書籍販売市場で異変、電子書籍の販売部数減の傾向が顕在化

 欧米の書籍販売市場で、電子書籍の販売部数が減少する傾向が顕在化してきている。
 業者の間では、印刷媒体よりも手軽でスペースも取らない次世代の媒体として電子書籍を進める動きが強まると同時に、一部の消費者の間でも「自炊」と称して、既に購入した印刷媒体をスキャナーで読み込み、電子化する動きも広がっていたが、現状の電子書籍の販売部数減が今後も続いた場合、業者や消費者の間で生じていた電子書籍を推す動きは一過的なブームで終わる可能性も生じている。

 Nielsenの調査に基づくtheguardian.comの記事によると、イギリスで2016年に販売された書籍数は前年比2%増の3億6000万部となったのにも関わらず、電子書籍の販売高は、同4%減となり、2年連続での売上減となったとしている。

 この傾向は米国でも同様に顕在化してきており、現時点ではまだ2016年の売上高の詳細については判っていないが、fortune.comの記事によると、2015年の米国における電子書籍の販売高は前年比11%の大幅減となったとしている。

 電子書籍の販売不振の原因は、消費者が電子書籍の形態を好まず、書籍は印刷媒体で読みたいする欲求が強いことが原因とも見られている。

 電子書籍の場合、印刷媒体の書籍のように、借りたり、読み終わったものを古本として売却することも困難で、電子書籍という形式で得られる利点以上に、利便性の欠点も生じることなども、電子書籍が敬遠される要因となっているものとも見られている。

 電子書籍ブームが一過的なものに終わる可能性が生じて生きている中で、これまで電子書籍を強く押し出してきたAmazonは、書籍販売の実店舗を全米に各地の主要都市に設置する動きを強めてきている。

 このAmazonの実販売店舗網構築の動きこそが、印刷媒体の書籍復権の大きな証拠となるのかもしれない。
(Business Newslineの記事引用終了)
(Business Newsline http://businessnewsline.com/news/201703160315580000.html


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-03-17 23:57 | 現実的なお話し | Comments(0)

あぁ、もうこんな時間になってしまった

Diana Krall - Where or When (Jazz)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日ばかりは、まるで小学生の日記みたいになってしまうと思う。

 タスク管理のチェックリストもどきを作って、見落としが発生しないように体制が整ってきた。しかし、雑多な書類が山のようになってしまい、とうとう収拾がつかなくなってしまった。

 午後から夕方にかけて、とりあえずそこら中に散乱している書類をまとめた。その後、用事があったので外出し、夜帰宅した。対応の必要なメールが何本も入っていたので、なんとかやり終えた。さらには、新たに構築中のサイトに関連し、基本的な設定をしようと悪戦苦闘していた。ところが、とうとう目指すコマンドが見つけられず、質問できる公開サイトに教えてください、とメッセージを入れた。

 頭は何とか冴えており、集中力を持続している。だからといって調子に乗って仕事をしていると、寝る時間がどんどん遅くなり悪循環になってしまう。

 そういえば、1つ嬉しいことがあった。知人からチョコレートをいただいたのだが、入れ物がスチール製の筆箱のようなもので、表には3匹のネコの顔が並んでいる。CatsFactoryと書かれており、どうやら神戸に本社のある会社が作っているらしい。初めて知ったが、やはりネコの顔を見るととても心が和み、嬉しくなる。

 さらになんと驚いたことに、チョコレートが一つ一つネコの顔になっている。こんなに可愛らしいチョコレートなど、食べてしまうのがかわいそうで飾っておきたくなってしまう。だから、私には健康上1番良いチョコレートなのではないだろうか。

 ほんの些細な単純な出来事だが、私にとってはとても嬉しいプレゼントだった。私がもらったわけではないのだが、このデザインを見たらどうしても欲しくなり、取り上げて独占してしまった。

 もう深夜なので、今日はこのまま小学生の日記風な記事で終わらせていただく。
c0115242_01390509.jpg



いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2017-03-16 01:39 | 現実的なお話し | Comments(0)

バレンタインデー→ホワイトデー→「味噌玉」


"Vissi d'arte," (Tosca), Angela Gheorghiu, Washington, D.C. [2009]

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 バレンタインデーにクッキーをもらい、ホワイトデーのお返しとしてチョコレート菓子を袋詰めにしたので、今日は味噌玉の話である。そこにどういう脈絡があるかというと、全くない。

 10日ほど前に匿名希望3さんから送られてきていた「味噌玉」情報をご紹介する。なかなか内容を確認するゆとりがなかったので、遅くなってしまった。

  この味噌玉は、読んで字のごとく基本的には味噌を丸め、保存しておいてそのままお湯で味噌汁のようにして飲める、いわゆる即席の保存食であるようだ。情報元は、IN YOU〜オーガニックフーズを研究している方のようだ。

 味噌玉のイメージに合う音楽を冒頭で紹介しようと思った。いろいろ迷った挙句、プッチーニのオペラ「トスカ」で歌われるアリア「歌に生き、愛に生き」が、いいのではないかと思い浮かんだ。味噌玉と何の関係があるのか、と質問されると答えようがない。味噌玉は私にとってなじみがなく、日常生活からは離れたところにある。同様に、最近はすっかりオペラを聴かなくなっている。なので、日本人にとって基本的な 食品である味噌と、ある時期すっかり傾倒していたオペラ音楽が、どういうわけか結びついてしまった。やっぱり、脈絡はどこにもない。

 最初は、マリア・カラスに敬意を表し、彼女の歌を選んだ。さすがに古い画像だったが、天下のマリア・カラスである。YouTubeが自動的に次の演奏に切り替わった。歌手の名前はどう発音するのか読めない。しかし比較的最近の演奏であり、しかも演奏場所がワシントンD.C.であると言うことで、なぜか興味を持ってしまった。それに、大柄に見えるこの女性オペラ歌手が、文字通り体を楽器として熱唱している。なかなか良いと思ったので、カラスには申し訳ないがこちらを選んだ。
 途中で、バルコニー席に陣取った、エリマキトカゲのような衣装を着たおばさんが、どういうわけか何度もアップで映し出される。よほどの著名人なのか、実力者なのか私にはさっぱり見当がつかない。
 どこぞの州の出身の上院議員なのか、それともこのオペラ歌手のパトロンなのか、あるいは名門一族の出である娘の母なのか・・・まぁそれはどうでもいい話だ。

 最近はとみに、東アジアにきな臭さが漂っているのではないだろうか。南北朝鮮と中国情勢には目が離せないと思っている。いつ何が起きるか予測がつかない情勢なので、やはり引き続きしつこく、食料を中心とする備蓄を勧めたいと思っている。

 悪い癖で、前置きがすっかり長くなってしまった。以下に、匿名希望3さんの投稿情報をご紹介する。


【匿名希望3さんの投稿情報】

こんにちは、食の情報です。
長文なので途中まで。

■飲みたい時にいつでも飲める!保存・持ち運びカンタン【味噌玉】を作って味噌汁を毎日飲もう!


 味噌玉をご存知ですか?

 目にしたことがあるIN YOUの読者の方も多いかもしれません。ここ最近、女性誌や料理本などのメディアを中心に、味噌を具材と一緒に丸めてキャンディ状に包んだ【味噌玉】が注目を集めています。

 別名、味噌ボールや味噌丸などとも呼ばれていますが、基本的には同じものです。以前、IN YOUでは、本物の味噌について下記の記事で触れましたが、そんな体によい元祖日本のスローフード食材である味噌の基本的調理方法はやはり味噌汁であると筆者は考えています。

 その都度包丁とまな板を取り出して具材を切らずとも、出汁をとらなくても、手軽に気軽に味噌汁を楽しめる方法があります。これから暖かくなるシーズン、火をつかわず、お湯を注ぐだけの簡単味噌汁のもと、味噌玉を作ってみませんか。

【味噌汁と塩分の気になる関係】
 味噌は塩分が多いが、がんになるどころか病気の死亡率は低くなった!

 「味噌汁が体によいのはわかっているけれど塩分の摂りすぎになるんじゃないの?」気になる方は多いと思います。

 味噌の塩分含有量は平均して100g中10~12g程度であり、味噌汁1杯あたり1.5~2g程度とされています。(種類、製法により塩分含有量は異なります。)

 味噌汁の塩分と健康の関係性が問われている中で、かつての健康を害するというイメージを持たれている方も少なくありません。しかし、味噌は発酵食品の中でも、専門家により多くの研究が盛んに行われ、臨床データも数多く発表されています。

 胃がんの原因のトップである塩分の問題も、味噌でのがんリスクはないと発表されています。むしろ「みそ汁の摂取頻度が高いほど胃がんの死亡率が低く、毎日みそ汁を飲む人は他のがん、動脈硬化性心臓疾患、高血圧、胃・十二指腸潰瘍、肝硬変などの死亡率が低い」というデータも発表されています。

 毎食1杯、1日あたり3杯位の摂取量では、気にする必要はありません。それでもやはり気になる方は、摂り方にひと工夫することでより塩分リスクを減らし、かつ栄養価も高めることができる方法があります。

【塩分リスクを下げるコツ、腸内細菌のエサになる味噌汁の“具”にこだわる】
 難しく考える必要は全くありません。発酵食品はとかく摂取することに難しさやハードルを感じる方も多いのですが、作り方や構造や摂り方はとてもシンプルです。味噌もそのひとつ。

 味噌は麹菌の産物である酵素、乳酸菌や酵母菌などが生み出した日本のプロバイオティクス食品です。腸内環境を整える食品の一つとして積極的に摂取したいところです。摂り方に一工夫することで、気になる塩分リスクを下げ、かつ腸内環境への一役を買う事ができます。

 塩分(ナトリウム)を排出する効果のあるカリウムを豊富に含む食材を具に使うほうれん草、わかめ、納豆、切干大根、あおさ、あしたば、モロヘイヤ、サトイモ等根菜類

 ナトリウムを排出してくれる食材を見ると、味噌汁の具としては鉄板食材、昔ながらの食材が多く見られます。やはり昔ながらのものにはそれなりに適した理由があるということがわかります。

【出汁を濃いめにする
 ポイントは、異なるうまみの「もと」を同士を組み合わせること。うまみの「もと」とはアミノ酸。代表的なアミノ酸はイノシン酸である「かつお節」、グルタミン酸である「昆布」。

 この異なるアミノ酸を組み合わせると、単体で使用するよりも格段に「うまみ」がアップします。ヒトの舌は「うまみ」を強く感じると塩分を感じにくくなる特性があります。

 その特性を利用してうまみを強くすることで塩分を抑える事ができます。また、うまみを感じると脳の満足中枢を満たすので過食を防ぎます。

【食事で摂取するときは、加工食品を控える
 IN YOU読者のみなさんはもともと摂取することは少ないと思いますので安心かと思いますが、加工食品には塩分量や添加物が多く含まれています。これらを含む食材は食事から減らしましょう。加工された顆粒状の粉末だしも同様です。天然のものを選びましょう。

【お湯を注ぐだけ!実は味噌汁は元祖ファストフード!味噌玉を作ろう。】
 どんなに体によいものでも、毎日続けることが何よりも大事。話題の食材に対するアンテナセンスは勿論必要ですが、日本人が文明をもちはじめた頃から受け継がれている発酵食品の代表格である【味噌】を一番手軽に継続して摂取できるのはやはり味噌汁。

 けれど、核家族化が進む現代、味噌汁を作るために毎食出汁をひいたり具材を下ごしらえするのは正直面倒だし、時間がとれない。そんな方に是非お勧めしたいのが味噌玉。

 味噌と具材と出汁粉をボール状にまとめて、ラップなどに包んでおけば、飲みたい時にお湯を注ぐだけで本格的なお味噌汁を手軽に楽しむことができます。

 要はインスタント味噌汁の素ではありますが、好きな具材を入れられるということ、入っているものの原材料が明確であるということから作ってみる価値は多いにあると思います。

 休日にまとめて作っておいたり、お子様と一緒に楽しみながら作ることができますよ。

【味噌玉の作り方】1個
・お好みの味噌(無添加・天然醸造)大さじ2/3程度
・出汁粉(無添加・昆布パウダーやかつお節のミックスタイプなど)小さじ1/2
・お好みの具(乾燥タイプがよい)適宜
※とろろ昆布、乾燥わかめ、切干大根、味噌汁の具(ミックスタイプ)、乾燥あおさ、乾燥ほうれん草などの乾燥野菜、ごま、高野豆腐の小さく切ってあるタイプものなど

【必要なもの
・15cm幅のラップ
・輪ゴム、ビニールタイ(ラッピングなどに使う口を縛るもの)、マスキングテープなどお好みで

1. 台にラップを幅(15cm)より少し長めに引き出して切る。
2. 具材をのせ、味噌、出汁をのせ、ラップの口をしぼりビニールタイなどでとめる。
 ※このとき力を入れすぎるとラップが破けてしまうので
  軽く丸める程度でよい。
3. まとめてチャック付きの袋などに入れ、冷蔵庫へ。冷凍保存もできます。

★ポイント★
・出汁は本格的な出汁をひかなくても、出汁パックの袋の中身を取り出してそのまま使えばOK。
・出汁のガラも立派な具材になります。ガラも噛むことで満足感もUPし、栄養もそのまま摂れます。
・野菜類などは乾燥タイプがおすすめ。味噌の水分を吸って、頂く時には程よく戻って食感も楽しめます。
・カリウムを多く含む乾燥野菜が特におすすめ。切干大根や干しにんじんなど、冷蔵庫で余った野菜を自宅で干したものなら経済的で安心です。
・おからパウダーやとろろ昆布などで丸めた上にまぶして包めばトリュフのような見た目になり、楽しくなります。
・板酒粕のかけらを少し混ぜると酒粕の風味が出て、減塩+うまみUP効果もあります。

【ズボラでもいいんです。アイディア次第で賢いとり方に】
 ラップで個包装するのも面倒!な方は、出汁と味噌を丸めずにまとめて保存容器などに入れ、一杯ごとにスプーンでとりわけ、具を入れて頂くという方法も可能です。
 その場合、具材は味噌と別の密封袋などにまとめてオリジナルミックス具材を作っておくと便利です。

 味噌玉は冷凍保存が可能です。まとめて袋などに入れ、冷凍庫に入れておけば半年は保管できます。(乾燥の具材がポイント)ラップに個包装しなくても蓋つきの製氷皿に入れて保管することも可能なので保管用とすぐ食べる用に分けておくと便利かもしれません。

【味噌玉は災害用の非常食にも】
 最近災害が多くその対策として非常用持ち出し袋の中身や備蓄食料などの見直しをされている方も増えているのではないでしょうか。味噌玉は冷凍することで長期保存が可能ですので、災害用の備蓄食料としても向いています。災害時に不足しがちな食物繊維やミネラルの補給などに役立ちます。

 暖かいものを摂ることができれば、精神安定効果がありますし、味噌は特にその効果が高いといわれています。万が一お湯が使えないときなどでも、おにぎりの具材や添え物などとしても使うことが可能です。

(以下略)

 以上で紹介を終了する。匿名希望3さん、貴重な情報提供にお礼申し上げる。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。







[PR]
by hirune-neko | 2017-03-12 23:58 | 現実的なお話し | Comments(0)

バレンタインデーのお返しのホワイトデー


Diana Krall _ Dancing In The Dark

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 先月のバレンタインデーに、知り合いの女子中・高生たちから手作りのクッキーをもらった。明日、その後皆さんとお会いするので、ホワイトデーのお返しを用意していた。

 もらったのはクッキーの小さな袋が1つだったが、相手は10人ぐらいになるので10人分用意することにした。近所のスーパーに行って、チョコレート菓子を何種類か買い、小さな袋に詰めた。

 そのままだと殺風景なので、小さなラベルにお礼のメッセージを印刷し、1枚ずつ貼り終わったところだ。

 あれこれ用意する資料があったので、夜遅くなってからの準備となった。さすがに疲れが溜まってしまったので、今日はこれでお休みさせていただく。何も内容のない記事で大変申し訳ないが、ご容赦いただきたい。

 そうこうするうちに、匿名希望の皆さんからいろいろ情報提供をしていただいている。改めて近日中にご紹介させていただく。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 



[PR]
by hirune-neko | 2017-03-12 01:29 | 現実的なお話し | Comments(2)

ありえないアクシデントの渦中から生まれたタスク管理フォーム


"DESPERTAR" - Astor Piazzolla

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 わが社の仕事は、毎週木曜日がピークだ。木曜日の夕方に製本が終わった絵本を引き取り、持ち帰って検品を始める。しかし、金曜日に一ヵ月健診がある患者さんの絵本がある場合は、パッケージに入れて梱包し翌日到着するように発送する。しかし、夕方の時間には既に郵便局の集荷は終わっている。したがって、宅配会社のセンターに持ち込むことになる。

 車で10分ほどの宅配センターに着いたのは、8時少し前だった。トラックの最終便が出発するのは午後8時なので、発車前であることを確認して荷物を差し出す。今日の金曜日は、群馬県・宇都宮市の産婦人科と、茨木県・ひたちなか市の産婦人科二箇所に、1ヵ月検診の患者さんを控えていたため、昨晩大急ぎで梱包して間に合うように到着した。

 今朝になって、宇都宮の産婦人科から電話があった。絵本が届いていないという。送り状の番号で追跡調査をしてみたら、ちゃんと引き受けたという記録があった。そこで、宇都宮の営業所と近所の営業所の両方に電話をしてみた。すると、データとして上がっていないという。

 絵本を持ち込んで発送した近所の宅配センターの人から、もしかしたら発送せずに倉庫の中にあるかもしれないので、調べますと言われてしまった。1時間ほど経って電話があり、荷物が2つとも発送せずに保管してあると言われた。大変なことになってしまった。

 最近は、インターネットで購入する人が急増しており、配達に行っても不在だったりして宅配外車の負担が大きくなっているらしい。それで業界最大手のクロネコヤマトが値上げをしたと聞いている。平均単価数百円の送料の膨大な数の荷物を扱うのだから、どこかで夫と集中力が途切れ、うっかりしてしまうこともあるだろう。あまり強硬にクレームをしても、当の担当者の方が車内で責められ、ついには失職したりうつ病になってもらっては困る。なのでどの宅配会社だったかには触れない。

 病院に事情を話し、何度も電話で打ち合わせをした。その事実が判明した時点では、どう対応するのがベストなのか思い浮かばなかった。なぜなら、明日も一ヵ月健診の患者さんが何人もクリニックに来るため、発送を一日延ばしてしまうと事態がが複雑になってしまう。

 結局は納品書と受領書を作り直し、間に合わなかった絵本を荷物から抜いて、ご自宅に直送することにした。それがベストの選択肢だと確信するまで、頭の中は堂々巡りだった。両方のクリニックに何度も電話し、わが社の落ち度ではないものの何度もお詫びした。宅配会社にも何度も電話して、善後策を協議した。

 通常では起こり得ないアクシデントが起きてしまったので、私自身も脳内が少々パニック状態になってしまった。

 今日は朝から、私なりのタスク管理方法を考えていた。ちょうど今日のように、電話中に電話が入り、即対応しなければならないメールが入り、なおかつそんな最中に遅れている案件を思い出し、書店さんからの注文電話が入り、リース会社からは再リース契約についての打ち合わせ電話が入る。文字通り、処理案件の洪水が押し寄せた。

 これまでに、何種類ものタスク管理ソフトを試してみたことがある。ポストイットを使ったりなど、いろいろな方法にもチャレンジした。最終結論としては、常に手元にメモできる紙があり、思い出した案件や対応しなければいけない案件を、即メモることが最善の方法だという結論になっていた。文具の伊東屋に行き、いろいろなサイズや形状のメモパッドを購入して試した。記入した瞬間までは問題がない。何が問題かというと、紙にメモをした用紙自体がどこかに紛れ込んでしまったり、次々と上に新たな用紙が乗っかるため、最終的には目が届かなくなってしまう。せっかくの方法だが、デジタル検索できるデータではないのである意味では失敗作だった。

 過去の数々の苦い失敗経験を生かし、何とか私の状況に適合したタスク管理方法が作れないかと考えてみた。結論は、とてもシンプルなタスク・リストフォームを作成し、A4サイズのバインダーに閉じてメモもすることにした。伊東屋で購入したバインダーには、2枚の半透明のビニール袋が綴じ込まれ、大きなポケットも付いている。これだと、納付書や資料などを区分して一緒に携帯できるのでとても便利だ。

 午後から、印刷したこのフォームを使い始めた。なるべくすぐそばに置いて、何か思い出したらすぐにメモするようにした。1ページに21案件を記録することができる。この時間までに30以上のタスクリストを作成することができた。気を張って、忘れないようにという努力を常にすることは、時として苦痛を伴う。何かに夢中になったり、突発的に何かが起こってしまうと、記憶に留めてすぐに処理しようと思っていたことも、きれいに忘れ去られてしまう。それは大変なストレスだ。だからたとえなぐり書きであっても、後で読み返していつでも思い出せる状態にあるというのは、脳への負担を軽くしストレスから解放されることを実感している。

 もちろん、時々時間を確保して作成したタスクリストをデジタル化すれば、理想的だ。スケジュールであればGoogleカレンダーに入れる。 内容によっては、Evernoteに作成したノートブックにノートを作って記録する。そうなると完璧だろう。

 遅まきながら昨日発見したのだが、これまではPDFファイルをiBooksに保存して読むようにしていた。ところが、Evernoteを使うとpdfファイル、wordファイル、excelファイル、さらにはYouTube動画をAiryというソフトで、デスクトップにダウンロードファイルなども全て、Evernoteのノートにドラッグアンドドロップで保存することができる。これは私にとって非常に便利であり、機能的でもあって私自身の個人的な機能も拡張される。

 あらゆる情報を1つのシステムで管理し、いつでも手が届くようにできれば時間と労力の節約になり、もちろんストレスの軽減にもつながる。

 今日作成した、とてもシンプルなタスク・リストフォームを、ご参考まで以下にご紹介する。ひと目見た瞬間、どこに機能性があるのかと思われるだろう。しかし、これまでタスク管理でさんざん苦労してきた私にとって、非常に原始的ではあるが、次にデジタル化したりIT機器と連動させることにより、非常に高い拡張性があると確信している。要するに、最も苦心したポイントは、思い浮かんだことを記憶という脆弱な領域に保存するのではなく、紙に記録することができて、さらには散逸しない環境を構築する・ ・ ・そうすることによって、自分の視野の中に処理すべき案件を常に視野に入れられるようになる。これが最大の収穫である。
 これでも、人知れず日夜前向きな方向に向かって悪戦苦闘している。
c0115242_00582332.jpg



いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



[PR]
by hirune-neko | 2017-03-04 00:34 | 現実的なお話し | Comments(0)

ようやく集中力が持続するようになってきた

Largo Tanginble - Astor Piazzolla

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 昨晩、地下鉄車内で体調を崩し、やっとの思いで帰宅した。なんとか落ち着いたと思っていたら、突然足がつりだした。普段、まったくつったことがない場所で、しかも両脚同時に複数箇所に及んだ。痛いのなんの、大変な目に遭った。
 早めに身体を休めようと思って布団に潜り込んだが、寝返りを打とうとした瞬間、自力で治しにくい場所や、複数箇所に激痛が走り出した。
そんなときは、痛いのを我慢して何かにつかまり、立ち上がるしかない。歩くことができないので、ゆっくり足踏みをすると、徐々に改善する。これを、朝方の4時ぐらいまで数回繰り返した。まるで同時多発テロみたいで、初めての重症だった。

 今日も途切れることなく、処理案件に追われてしまった。夕方からは、数ヶ月遅延している小冊子の製作にとりかかった。横になりたいぐらい頭が重かったが、これ以上は迷惑をかけられないので必死で取り組んだ。これは仕事ではなく、ボランティアで引き受けてしまっている。しかし、仕事だろうがボランティアだろうが、最後までやり遂げないと気がすまない。この時間まで続けたが、今日はここまでにしようと思う。

 さて、ずっと以前から非常事態に備えて備蓄をするよう勧めている。
ブログ読者の方が、いつも備蓄と言われるのでようやく重い腰を上げ、飲料水をストックしたそうだ。すると翌日、水道管が破裂したか何かで断水になってしまったそうだが、ちょうどタイミングよく飲料水を確保していたので、精神的に安心だったとおっしゃっていた。

 自分の家の周りに畑があり、1年を通して何らかの野菜を収穫できる環境を持つ人はそんなに多くないだろう。どうしても、スーパーや八百屋さんに行って食料品を買うことになる。常に申し上げているのだが、自然災害については議論の余地は無いと思うが、 日本が東アジアの国々と交戦状態になった時、海上封鎖をされて日本に向かっている船が来られないことになる可能性が高まる。石油だったり食料だったり様々だろう。そこで、日本の食料自給率が問題になる。例えば、日本の食料自給率が100%だったとしよう。したがって、海上封鎖等に関係なくいつでも食料が手に入る、と考えるのは早計である。

 なぜならば、有事の際には敵国の工作員が、日本国内でテロ行為を行い混乱を引き起こそうとするからだ。流通網を遮断するのが手っ取り早いし効果的だと思う。これまでにも経験しているが、線路にオートバイを置き去りにしたり、高速道路に何かを置き去りにしたり、いろいろな方法で一時的にせよ、流通ネットワークが破綻してしまう。食料品が手に入りにくいとなると、多くの人が我先にスーパーに押し寄せる。したがって棚の上の食料品はあっという間に空になってしまう。

 日本の食料の自給率が高いか低いかというのは、ある意味で二義的な問題だと思う。 どれぐらいの期間、自給自足できるかというのが最優先課題になると考えている。 

  しからば、果たして日本の食料の自給率はどれぐらいなのだろうか。何を基準にして数字を出すか、議論の分かれるところもあるようだが、いろいろな客観的な情報から、日本の自給率の現状について理解を深めておくのは必要なことだと思う。
 敢えて付け加えるとすれば、もし日本と東アジア近隣国が交戦状態になるなら、いわゆる食品テロあるいは生物化学兵器などによる飲料水の汚染は、比較的目立たず少人数で達成できると思われるため、そのようなテロ行為も視野に入れておく必要があるだろう。だから、いずれにしても自分の家の中に一定の量の食料品と飲料水を備蓄する事は、自己防衛という観点から見て、非常に重要なと考えている。

 匿名希望1さんが、かなり日本の食料自給率についての情報を集め、送信してくれたので以下にご紹介する。かなり長文になるが、人間にとっては食料と飲料水の確保というのは、最重要課題なのでぜひ参考にしていただきたい。

 この場をお借りして、匿名希望1さんにお礼申し上げる。

匿名希望1さんからの情報開始

●食料自給の捉え方について ー けっこう単純なものではありません (飼料、肥料から、耕作機に使う燃料、天候等自然環境の変化からの影響、中国など爆食国による食糧輸入のしわ寄せなど、様々なファクターから食糧安全保障としての見方)

●日本の肥料自給率の現状! 実は食料自給率よりもヤバかった!

千日ブログ でも 同様の指摘
日本の食料自給率問題 肥料(特にリン)は輸入頼りであり、自給は困難

日本の自給率の推移

世界の自給率の比較

日本の食生活の推移

食料自給率の低さの本当の理由

日本の“真の食料自給率”は1.5%?

 「トラクターなどを使う大規模農業は、外国から輸入した(化石)燃料=エネルギー がなければ成り立たない」

 畜産物に関しては、エサ=飼料 の自給率も按分されます。例えば卵はほぼ国産(95%)なのですが、ニワトリのエサの大半は輸入(エサの自給率が10%)なので、卵の自給率は9%となります。

 また食品廃棄も大量に発生しています。その廃棄分のカロリーも分母として含まれるので、廃棄が多いほど低くなります。

●ほとんどの肥料・エネルギーを外国に依存

 これを野菜や穀物にあてはめてみるとどうでしょうか。

 ほとんどの農家が使っている化学肥料、特にリン酸・カリウムはほぼ輸入に頼っているのが現状です。

 また大規模農業にはトラクターなど農業機械が必要ですが、その燃料は軽油やガソリンなど外国から輸入した化石燃料です(チッソは国内で製造していますが、その製造に必要なアンモニアを生成するために、莫大なエネルギーが必要となります)。

 つまり日本の野菜や穀物は、肥料もエネルギーもすっかり外国に依存しているのです。

 日本のエネルギー自給率は約4%。語弊を承知で大ざっぱに言えば、生産にかかるエネルギーを按分した日本の“真の食料自給率”は「39%×4%≒1.5%」なのかもしれません。

 現にアメリカはリン鉱石とカリウムを「戦略的物質」と位置づけ、輸出を禁止しています。肥料価格の高騰は日本の農業に多大な影響を与えますし、いつまでも外国から輸入できる保証もありません。

 自給率を「国防」という観点から考えるのであれば、食品単体ではなくそれを生み出す肥料やエネルギーなど、トータルに考えなければ意味がないように思います。」

●かわせみだより : ええっ‥我が国の食料自給率は70%もあるって本当かな!

「日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率」Amazon ※レビューは賛否両論
食料自給率をめぐって

日本における食料の自給

 「1950年代の経済回復や1960年代の成長期を経て、1970年代には全体的な食糧生産において、日本では自給自足が達成されました。同時に、食生活の変化によって需要が高まった一部の食料品については、輸入が増加しました。 そして1980年代半ばには、日本は食糧自給の目標を断念しました。諸外国のほうが食糧をより安価に生産することができ、日本はそれらを生産するコストよりも安価に輸入することができるためです。1980年代以降、全体的傾向として、食糧自給は低下しています。」

食料自給率が低いとなぜいけない?

食料・農業の危機的現状

今、日本の農業が迎えている危機 農業人口についてのシミュレーション

匿名希望1さんからの情報終了


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。







[PR]
by hirune-neko | 2017-03-02 00:15 | 現実的なお話し | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
入力者のお名前が、お疲れ..
by hirune-neko at 01:42
日本晴れさん コメ..
by hirune-neko at 01:37
例の事件、素晴らし過ぎる..
by お疲れ様です。 at 16:03
お疲れ様です。 例..
by 日本晴れ at 00:48
日本晴れさん  昨..
by hirune-neko at 15:59
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ