昼寝ネコの雑記帳

2017年 09月 08日 ( 2 )

焦点をぼかして抽象的にしか書けないが・・・


Eliane Elias Photograph (Fotografia)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 固有名詞や具体的なことは一切書けないものの、社会の闇を垣間見たような気がする。もちろん、あくまでも推測であり確固たる証拠があるわけではないのだが、なるほどと思わされた。

 長い時間をかけて表裏を使い分け、既得権を定着させているのだろう。どのような手法を使ったのか、具体的には分からないが、戦後構築されてきた、日本社会の闇のひとつなのだろうと思う。どの勢力には近づかない方がいいかを学んだ、貴重な経験だった。

 今日は朝まで眠ることができなかった。もうこのまま横になりたいコンディションだ。

 セブンイレブンで会計をするとき、決まって「おでん」を勧められる。もうそんな季節になったんだ。

 ・・・電話で中断され、すっかり眠気が覚めてしまった。長い電話だった。

 さて、営業ロケットの第1段目を切り離し、いよいよ第2段目に点火する局面になってきた。いろいろ検索していたら、以下のような有益な情報を見つけた。

【日本の分娩事情
・年間約100万人出生で病院が約52万人、診療所が約47万人、助産院が約1万人(2010年度)。半数近くが診療所で出産。「分娩機関数(平成24年12月1日現在、日本医療機能評価機構)」
分娩機関 
 ・病院1,206
 ・診療所1,680
 ・助産所443
   (合計3,329)

 データベース化作業は手順を決めて、在宅アルバイトの人たちにお願いすることにしている。私自身は、毎週送信する案内メールの、効果的なコンテンツを考えることに集中したいと思う。

 とりあえずは、3,329カ所の医療機関が対象になるが、難しいのは病院の場合で、誰宛に送信するのが効果的かを見極める必要がある。徐々に焦点が絞られてきているので、戦闘意欲も増してきている。

 今日こそはこの時間に、眠りにつきたいと思う。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-09-08 23:35 | 心の中のできごと | Comments(0)

個人と家族にこそインテリジェンスが必要な時代だ

Eliane Elias Minha(All MIne)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 振り返ってみれば、今は嵐の前の静けさだったと言われるのではないだろうか。臨界点がひしひしと迫ってきているような、緊張感を感じている。厭な緊張感であり、胃が重くなる。

 一体、いつまでに何を間に合わせようとしているのだろうか。なかなか明確にすることは難しい。おそらく、想像にしか過ぎないが、ひとつひとつのピースを手許に引き寄せ、組み合わせを考えているときに、何かが閃き見えてくるのではないだろうか。従って、焦らずに一歩一歩進めていくしかないのだろう。
 
 改めて、独りでできることには限界があると痛感している。方向性や基軸については明確にするものの、絶えず変化する表象を捉え、その深層を洞察するには、やはり複眼的な検証が必要だと思う。

 書類の山に埋もれていた「インテリジェンス」の講義テキストを、なんとか探し出してめくってみた。

 第1回目の講義は「オリエンテーション・インテリジェンスとは」、というタイトルだった。当時、防衛研究所主任研究員だった小谷賢先生が用意してくださったテキストだ。

 シャーマン・ケントという、イェール大学教授、CIA主席分析官だった方が、1947年に書いた内容だ

1.インテリジェンスとは、知識、機能、組織である。
2.知識:政策決定者や軍人が知っておかなくてjはならない外国の知識のこと。
3.組織:情報収集、分析、配布などを行う組織のこと。
4.機能:情報収集、分析、配布など一連のプロセスのこと。

 半世紀以上前の古い時代であり、しかも今日のようにインターネットや偵察衛星などが存在しない時代だったと思うのだが、現在でも通用する考え方のようだ。

 授業で先生が面白い質問をした。ある元CIA長官に愛人ができたと話し出した。メールでやりとりをすると、通信傍受システムに探知されてしまう。さて、この元CIA長官と愛人の女性はどのような方法で、傍受されずメッセージを伝え合っただろうか・・・というのが質問の内容だった。インテリジェンスの最初の授業で、いきなり柔らかい話題になったので驚いてしまった。生徒から正解は出なかった。

 GoogleのGmailを使い、送信したい文章を書き終えたら、送信せずそのまま下書きとして保存したという。お互いにメールアカウントのパスワードを共有し、未送信メールを閲覧したそうだ。なるほど、そんな方法があるとは思いつかなかった。デヴィッド・ペトレイアスとポーラ・ブロードウェルという実名とともに、二人の画像が掲載されているが、二人とも映画俳優のような美形だ。

 諜報活動の世界は・・・私に実体験はないものの、陰謀と謀略が渦巻いており、気が休まらないだろうと想像している。最初から人の背景を疑わなくては成り立たない。なんと孤独な世界だろうか。それだけに、信頼できる人間同士の絆は強く、相手を大事にすることになるのだろう。分かるような気がする。

 考えてみたら、私がしようとしていることは、マニュアルも先例も無い内容だ。前人未踏なのだから、道が険しくて当然だと思う。でも、好きでやっていることなので、あまり負担には感じていない。

 そういえば今朝、企画提案書を送った相手の社団法人から電話があった。内容はかなり良く把握していただいたようだ。ただ、公益性の高い法人なので、一営利企業を推薦する先例を作ることを逡巡しているようだ。それは分かる。いろいろ説明し提案も行い、再度検討していただくことになった。企画提案書を送っただけで、待ってましたと決まるわけはない。そんな甘い世界ではないことは、骨身にしみて理解しているつもりだ。進展があったら、改めてご報告させていただく。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-09-08 01:01 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
暇工作さん コメ..
by hirune-neko at 23:53
多分誰かが書き込むだろう..
by 暇工作 at 10:23
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ