昼寝ネコの雑記帳

2017年 08月 11日 ( 2 )

大変残念なことに、駅前の銀座伊東屋が閉店した

Stephanie Jones plays Adagio BWV 1001 on a 2012 Michel Brück

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



 マルイの8階には、文房具の銀座伊東屋があった。買う物がなくても、店内を一巡するのが楽しみだったが、残念ながら閉店してしまい、現在は商品の搬出をしている。

 何事も時が経てば状況にも変化が生じ、変遷が生まれる。年代を経た古木はただ寡黙に存在し、新しい枝を生じることもなく、ひっそりと朽ち果てるのを待っているかのようだ。

 自分の年齢を意識すると、いつ停止してもいいように徐々にスピードダウンするように、という声が聞こえる。その一方で、内なる声がさらに一歩、新しい方向に向けて踏み出すよう促すのが聞こえる。一体どちらの声に従えばいいのか、ささやかな葛藤が生じている。

 言い訳のように聞こえるかもしれないが、何かを成し遂げることよりも、一定の方向に向かって歩き続けることの方に意義を見いだしているように思う。前方を霧に包まれ視界が開けないときでも、目指している方向に確信を持ち、揺るがずにためらわずに歩き続けられたら、いつ振り返っても佳き人生だったと思えるのではないだろうか。

 不思議なことだが、最近はバッハの曲想に惹かれる。樹皮が剥げ落ちそうなぐらい乾燥している古木だが、内部には樹液が満々と湛えられ静かな活力を漲らせているかのようだ。重みと深みに支えられた存在感があり、時空や言語を超越した概念がイメージとして伝わってくる。

 私自身もすでに古木の内に数えられるのだろうが、長い人生を振り返っても剪定されたことがなく、思うように根と枝を伸ばしてきたように思う。その意味では、わがままに生きてこられた人生だと思う。

 何を偉そうに、と思われるのを承知でいえば、自分自身の物欲を満たそうという意図で、時間や労力を割いているつもりはない。少しでも多くの方が役に立ったと、後に思っていただけるようなささやかな「遺産」を残せればと、そればかりを考えている。

 私には未来に対する予見や予知能力はない。しかし、私利私欲を消し去った空間に、蜃気楼のように仄かに浮かび上がるイメージを頼りながら、歩み続けていきたいと思っている、それが自分の大きな支えにもなっている。

 苦難の旅だとは思ってはいないが、いつか振り返ってみたときに、道標もなく地図にも描かれていない領域に、ささやかな足跡が残されているのを見て、おそらくはそれだけで達成感を感じられるのではないかと思っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-08-11 23:51 | 心の中のできごと | Comments(0)

いよいよ戦火かという今、物心両面の備えを勧める


Arthur Nestrovski - Eu Sei Que Vou Te Amar

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 昨日の記事「ようやくゴール地点が見えてきた」に投稿しようとされたら、「禁止用語」を理由に投稿できなかったらしく、causalさんからメールでコメントが送られてきたので、昨日の記事の下部に転記させていただいた。

 その投稿コメントから一部を紹介させていただく。

【causalさんのコメント】
(引用開始)
■北朝鮮が「グアム周辺に火星12を発射」と米トランプ政権に警告 小野寺防衛相名指しで「日本列島を焦土化できる」とも

 軍事独裁国家に核を持たせて平気でいられる訳がない。アメリカの世論調査では、「北朝鮮への軍投入」を62%の人が支持、40%の人が「核施設への空爆」を支持。また北朝鮮の核開発を「重大な脅威」と答えた人は75%にのぼった。

■北朝鮮へ軍投入、米で6割支持 シンクタンクの世論調査で

※いよいよアメリカの世論も沸騰し、被害が米国本土に及ぶ前に攻撃する機運が高まり、北朝鮮の核施設の空爆も現実味を帯びて来ましたね。
(引用終了)

 どこでどのような展開になるかは別として、いずれにしても何らかの形で日本にも影響があると考えるのが自然だと思う。

1.日本にミサイルが飛んでくる
2.日本に軍事侵攻してくる
3.日本に大量の難民押し寄せてくる(偽装難民の可能性)

 以上の3要素は、多くの方が想定していらっしゃるようだ。私はさらに付け加えたいと思う。

1.日本国内に潜伏している工作員によるテロ行為
(具体例)
・交通妨害(線路や幹線道路への自転車、バイク、車両等の放置)
・車で人混みに突っ込む無差別殺人
・水源地への毒物投棄
・駅などの混雑場所への時限爆弾設置
・携帯ミサイルによる原発攻撃
・電気・ガス・水道の供給妨害
・政府関係者の暗殺
・コンビニやスーパーの食品に毒物を混入
・小さな子どもの連れ去り・誘拐

2.一般国民に対して不安・恐怖を煽る心理テロ行為
(具体例)
・虚偽の情報をインターネット上で拡散する
・マスメディアによる捏造報道
・政府関係者に対する虚偽に基づく非難活動
・自衛隊など防衛関連の事実に反する情報を拡散
・伝染病や放射能汚染など事実に反する噂を拡散

 ほんの思いつきではあるが、何年も前に発見されたという中国・人民解放軍の日本侵攻工作マニュアルなる資料をもとにすると、以上のようなシナリオが思い浮かぶ。

 大別すると、物理的なテロと心理的なテロになるだろうか。物理的なテロに対しては、日常から脳内で想定して用心し、食料品や飲料水、予備電源、燃料などを備蓄すれば、それなりに防御効果はあると思う。これが、ずっと以前から備蓄を勧めている理由である。

 一方、心理的な恐怖、不安、焦燥、緊張、孤立などの強迫観念は、残念ながら物質的に備える方法が思い浮かばない。子どもに対しては、ゲームや本を用意することが専門家から推奨されている。しかし大人の場合はどうだろうか。

 以前も指摘したことがあるが、極地などにおいて極限状況になったときの死因のトップは、心理的なパニック状態になってしまい、冷静な判断を失って、闇雲に動き回ることのようだ。

 昨今の、いわゆる物質至上主義的な風潮にあって、心の大切さを強調しても、賛意を示してくれる人は少ないかもしれない。しかし、何が起きるか予測のつかない、それでいて起きる可能性が高い社会状況にあって、心理的なパニック状態にならないようにするためには、どうすればいいか。それを真剣に考えることも大切だと思っている。

 学生時代にサルトルとカミュの無神論的実存主義、不条理的感覚の洗礼を受けた私がいうのは可笑しいかもしれないが、信仰心のある人は祈ることを習慣化することが鍵だと思う。無理に宗教を勧めるのではないが、宗教的な心というのは現代人にこそ必要とされているのかもしれない。

 もちろん、得体の知れない宗教団体は避けるべきだと思うし、もし神が実在するのなら、その生ける神に対して助力を願い求めるのがいいだろうと思う。

 心の領域を認めず、ひたすら声高に理屈で相手を屈服させようとする人よりも、目に見えないものを洞察しようとしたり、耳に聞こえない声を心で聞こうと努める人の方が、パニック状態を回避できるのではないかと、そのような気がする。

 世界平和というのは、もしかしたら政治力や経済力、軍事力で成立させられるのではなく、causalさんが先日のコメントで仰っていたように、健全で聖なる宗教心によって構築されるのかもしれない。それはもしかしたら、キリスト教の神学的世界観である「福千年」という言葉に包摂されるのかもしれない。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-08-11 00:21 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
causalさん ..
by hirune-neko at 11:38
TEST また禁止語あり
by causal at 10:59
まめひろさん いろ..
by hirune-neko at 09:53
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ