昼寝ネコの雑記帳

2017年 06月 06日 ( 1 )

ブロガーたちのカウンター・インテリジェンス


Daniel Mille - Après la pluie


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 世界の国々で無差別殺人テロが発生し、どの国でも膨大な予算と人員によって防止策を講じている。しかし、ロンドンで起きたような、車を運転して歩行者をはねるようなテロは、予測も防止も難しそうに思える。

 北朝鮮では、金正恩氏に反感を持つ男性が、食糧難にかこつけて炭鉱夫に爆薬で魚を確保しようともちかけ、その爆薬による暗殺を企てたそうだ。炭鉱夫に怪しまれて通報され、逮捕されたという報道があった。国家元首に対する暗殺・テロ行為である。

 テロをどのように定義すれば正しいのか、私には分からない。ひと言でテロと言っても、実に多種多様なのではないだろうか。

 今日、Facebook友だちの記事を目にして驚いた。「ブログ・待ち望むもの」の豆腐おかかさんが、「大事なお知らせ」というタイトルで、ブログの継続が困難になったと告知しているという。

 豆腐おかかさんは、ブログ・余命三年時事日記に触発され、強い使命感を持って精力的に情報を収集し、提供してくれていた。とても濃密な情報であり、参考になるのでブックマークしていた。

 通常のテロは、相手をその場で死に至らしめる目的なのだろうと思う。その動機は様々だろうと想像している。宗教的な信念に基づいたり、政治や思想的な信条に基づく場合もあるだろう。では、ここ日本国内ではテロが全く起きていない、平和な国なのだろうか。線路にオートバイを置き去りにしたり、車を暴走させて人を跳ねたりの事件はあったように記憶している。

 直接人の命を狙うテロもあれば、巧妙に罠を仕掛け、状況や証拠書面を捏造し、政権を追い詰める・ ・ ・これは、ある種の国家転覆を目指す、政治的テロ行為であると、私は思う。ある国会議員が、証拠書類だと言って提出したPDFファイルを、EPUBか何かのソフトで解析すると、明らかに何種類かの異なる書類を合成したものだったことが露見したそうだ。

 テロに対抗するカウンター・テロという機能がある。同様に、あらゆる工作活動を含むインテリジェンス活動に対抗する、カウンター・インテリジェンスという機能がある。

 私は政府や情報機関、あるいは国外の組織とは何の関係もない、一介の私人である。ひたすら、自分の視点で物事を見て判断し、少しでも多くの皆さんに実態を把握していただきたいと、そればかり考えている。

 人の命を狙う場合、武器弾薬を使う即効性のあるテロがある一方で、ごく少量のヒ素などを長期間にわたって投与し、いわゆる遅効性の殺人もあり得る。

 私は、そのように血を流したり、命を奪うなどの生臭いテーマには触れたくない。そうではなく、これまでも広く行われてきたように、情報操作や世論誘導により、あるいは徒党を組んだり大声をあげたり、さらには様々な証拠を捏造しマスメディアを利用して、国民全体の世論を恣意的に捻じ曲げようとする、そのような行為に対して少し述べたいと思う。

 政治活動を含む様々な工作活動は、一定の時間をかけて目的とする環境を構築しようとする。目的は段階的に異なると思うが、まずは政権中枢の人たちの評判を貶め、あわよくば大臣クラスに辞表を出させる。恣意的な対象に対して世論調査を行い、その結果を誇大に報道させる。ついには、政権与党がレイムダック化し、解散総選挙に追い込む。そこで、マスメディアの強力なバックアップを得て、自分たちが政権を奪取するのが第一の目的だろうと思う。

 政治の場では、様々な法案や制度に対する専門的な議論が行われている。その一つ一つをよく勉強して精通するには、大変な時間と労力が必要だ。これまでに、何度も申し上げているが、信頼できると思われる情報源を複数確保し、複眼的に社会事象や政治状況を見ることが大切だと思う。虚偽、奸智奸計、恫喝、不正直、不誠実・・・これらは、どのような職業にあっても避けるべき特質ではないだろうか。政治家で言えば、野党の時に国民の人権、平和、福祉等を声高に叫んでいても、もし人間的に正直で誠実な人でなければ、政権を取った途端に豹変するに違いない。

 客観的に見ていると、多くの野党の皆さんはとても熱心に、安倍政権の打倒を企てている。政権打倒を目標に一致団結し、マスメディアの広範な協力体制も得て、邁進する努力の成果は既に現れていると思う。

 ・・・どのような成果だろうか。少なくとも、インターネット上の信頼のおける情報から、各政治家の動きを冷静に見ている人たちは、一部の国会議員が上記のように、虚偽、奸智奸計、恫喝、不正直、不誠実な人物であるという印象を、明確に持つに至っているのではないだろうか。

 国民の貴重な税金から支払われる歳費や、交通費・通信費さらには秘書手当などを受け取りながら、国会での貴重な時間を浪費させてるとしか思えない。もっと喫緊の課題は無いのだろうか。日本という国が、対外関係において、根底から危殆に瀕する状況は起こりえないとでも思っているのだろうか。

 一般国民にとって武器・弾薬、化学兵器などを使ったテロへの対抗措置は、なかなか難しいと思う。しかし、印象操作や世論誘導あるいは、政治家一人一人の人物を見抜き、日本の将来を託せる政治家かどうか、という判断力を養うことができるのではないだろうか。

 その判断力を養い、選挙の時には日本の存続にとって、危険と思われる政治家や政党を忌避すること、それは確実に日本を正しい方向に導くことになる。そのためには、既存のマスメディアから発信される情報を鵜呑みにせず、個人的に信念を持って正しい情報を多くの人たちに知って欲しい、というブログ主のブログを閲覧することが有効だと思う。

 その意味で、私はブログ・余命三年時事日記を、筆頭に挙げたいと思っている。豆腐おかかさんの「ブログ・待ち望むもの」は、今日の時点では残念な結果だと受け止めている。しかし、どんなことでも順風満帆に推移することはなく、却っていろいろな困難や苦難を乗り越えた方が、後になってより優れた形に変容するものだと思っている。

 豆腐おかかさんとは一面識もないが、その努力は高く評価しているし敬服もしている。目に見える、見えないに拘わらず、毎日展開されている様々な工作活動に対し、静かな物言わぬ羊たちのような一般国民が、洞察力を高め、いつか行われる国政選挙では、決して棄権せずに日本の平和と安全を託せる候補者に一票を投ずる・・・政治や情報の工作あるいはテロ活動に対して、カウンター・テロやカウンター・インテリジェンスの貴重な原動力となるのは、使命感と正義感を持つブログ主の発信する情報だと思っている。

 いつかまた、インターネット上のどこかで、ひょっこりと豆腐おかかさんの名前を目にすることを、期待している。

【豆腐おかかさんの「ブログ・待ち望むもの」】
「大事なお知らせ」
 http://meron.vanillapafe.info/archives/10208


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。





[PR]
by hirune-neko | 2017-06-06 02:25 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
causalさん ..
by hirune-neko at 11:38
TEST また禁止語あり
by causal at 10:59
まめひろさん いろ..
by hirune-neko at 09:53
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ