昼寝ネコの雑記帳

2017年 05月 05日 ( 1 )

相続税の課税対象にならない遺産


Shirley Horn - "Solitary Moon”


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



 面識のないたくさんの方々が、毎日このブログを読んでくださっている。何人かの方は、毎晩楽しみに読んでいます、とおっしゃってくれている。改めて、読んでくださる方の存在がとても励みになっている、と感謝している。書く事は好きだし苦にならない。しかし、読んでくださる方が一人もいなければ、おそらくは空虚な気持ちになり継続することが難しくなるのではないだろうか。

 毎日、その時に思い浮かんだことを気ままに書いている。特に具体的な目的があるわけではなく、自分の記録として残したいと思ったり、あるいは読んでくださる方に参考にしてほしい、と思う内容もある。子供たちの全てが読んでいるわけではない。しかし、次男は読んでくれているようだし、娘はおそらく、監視を兼ねて読んでいるのではないだろうか。

 昨年は母を見送り、同居している義母は94歳である。これまでの人生を振り返ると、かなり大変な相続問題を数度経験している。相続人同士が弁護士を立て、あるいは私自身が遺言執行者として指名された場合もある。いずれにしても、相続税評価額を算出し、法定相続分をもとに分割協議をしたりなど、実務的な調整が行われたが、その根底にはすでに人間関係が毀損した状態があった。

 このブログは毎日更新するようにしているが、何か長期的な構想に基づいて記事を組み立てているわけではない。今日ふと思った。私は自分が正しいと思うこと、反省すべきこと、注意を喚起すべきこと、人生観や価値観に関することなど、少し多岐に渡りすぎているのではないかと思う位、あれこれ書いているように感じる。

 決して自分の考えを強要するつもりはない。そうではないが、一人の人間の一つの考え方として、参考にしていただければそれで十分だと思っている。長い間生きてきて、自分なりに感じたことを書くので、できれば子供たち家族や、いずれは孫たちにも読んでもらえればいいなとは思う。

 年齢にもよるが、ほとんどの人は忙しく生きている。仕事や学業、育児や家事、人間関係の修復、病との闘い。さらには、これだけ社会情勢が緊迫してくると、目の前で展開されるあらゆる事象を、息を潜めて注視しているだろう。現代を生きる人たちは、実にたくさんの要素を視野に入れ、判断を迫られている。政治を中心に、意見の対立構造もたくさん見られる。

 そんな私たちの日常と、海面に浮かぶ小舟が二重写しになって見えた。風が吹き雨が降り、ある時は嵐に遭遇し、海面も大きく揺れ動く。安全に目的地まで到達するためには、目の前で展開するあらゆる事象の変化に注意を払い、最善の航路を考えながら、なおかつ小舟を転覆させないように操らなければならない。

 ある時は、闇雲に突き進むことをやめて停止し、状況を客観的に見て判断する必要があるだろう。小舟の錨を、なるべく深く下ろし、強風や海面の揺れからの影響を最小限にして、進むべき方向を見極める必要があるだろうと思う。

 誰にでも適性というものがあるので、画一的に同じ手法は勧めめられない。しかし、何歳になっても学問的な知識を得ようという、いわゆる向学心は大切なのではないだろうか。政治ブログを読んでも、相手を非難し罵倒するブログもあるが、中にはしっかりとした歴史をもとに、とても深い考察の記事を書き続けているブログもある。勉強不足の私など、自らの無知さを恥ずかしく思うが、でも今からでも遅くはないと思っている。学問に王道は無い、といわれているように、時間はかかるかもしれないが、学ぶ姿勢を維持することが大切なのだと思っている。

 表面的な議論に付和雷同せず、多少稚拙ではあっても構わないので、自分自身の定見・見識というものを持つよう努めるのは、人生にとってとても貴重な資産になるだろうと思う。

 これまでの私の人生は、決して順風満帆ではなかった。波乱があり、失敗があり、誤った判断も多くあった。しかし今はこの年齢になり改めて、最後まで正しいと思える生き方を追求したいと考えている。

 こうして振り返ってみると、このブログは、私自身が感じたままに、包み隠さず書いていると思う。人の失敗や葛藤から何かを感じ取っていただき、ご自分の人生を正しいと思われる方向に向けていただければ、反面教師としてとても嬉しく思う。

 ところで今日、朝日新聞の押し紙が32%だという記事を目にした。ブログ主の方は丹念によく調査され、しかも的確な考察をされている。第三種郵便の適用中止、全国世帯数の1%を切る実売部数による世論形成の不達成など、その視野の広さに改めて敬服している。

 ある人は、朝日新聞に抗議の電話をするかもしれない。朝日新聞に広告を掲載している企業に対し、同様に抗議の電話をするかもしれない。あるいは、すでに朝日新聞を購読している人は、購読を中止するかもしれないし、周りの人にも朝日新聞の不買を勧めるかもしれない。

 これまでに何度も申し上げているが、インターネットの発達と普及により、マスメディアによる印象操作や世論誘導が、徐々にその力を失っている。実売部数が減れば減るほど、広告を出稿するのをためらう企業も増える。発信する記事情報が信頼できない、と一般読者が感じるならば、購読しない人の数も増えるだろう。

 このように、真実を洞察する人が増えれば増えるほど、過激な方法によらずとも・ ・ ・もちろん多少の時間はかかるが、確実に、合法的に、しかも平和裡に世の中を正していくことができる。

 地下の深いところでは、明らかに地殻変動が始まっている。地震になるのか大規模な陥没になるのか予測ができないが、良識ある人が少しでも多くご自身の生活を守り、かつ、ご自分の方法で意思表示をし、行動に移すならば、社会は、物言わぬ多くの人たちの意思を受け止め、静寂のうちに自己変革を進めて行くだろうと思う。

 私自身も老骨にムチ打ってたとえ少しでも、お読みくださる読者の皆さんのお役に立てるよう、できるだけ長くブログを継続していきたいと思う。このブログは無料で閲覧できるし、もちろん私が他界した後でも相続税の課税対象にはならないので、安心してお読みいただきたい。

【参考にさせていただいたブログ】
*戦後体制の超克
【緊急拡散】怒れ!広告主。朝日新聞を詐欺罪で告訴せよ!


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2017-05-05 00:48 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
重ね重ね、ありがとうござ..
by まめひろ at 01:44
まめひろさん  ..
by hirune-neko at 00:30
昼寝ネコ様 お返事..
by まめひろ at 18:55
まめひろさん  貴..
by hirune-neko at 18:45
日本晴れさん コメ..
by hirune-neko at 21:50
記事ランキング
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ