昼寝ネコの雑記帳

2017年 04月 30日 ( 1 )

おめでたく、身の程知らずで無謀なりけり


Richard Galliano & Astor Piazzolla - Le Songe d'une nuit d'été (Ouverture)


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



 記憶に間違いがなければ、この曲はフランスのオランピア劇場(だったかな?)で上演された、「真夏の夜の夢」のために、ピアソラが作曲した「開演時に演奏される序曲」のはずだ。フランス語ではOuverture、英語ではOvertureとなるようだ。

 もしかしたら本当に、私はおめでたく、身の程知らずで無謀なのかもしれないと思っている。

 日常的に英語を使わなくなってから、もうすでに20年は経過しているはずだ。どの程度錆び付いているかは、試してみないと分からない。

 詳細は書けないが、ある福祉団体に提案している情報機関構想が、具体化しつつある。聞くところによると、最終決定をくだす会議には、アメリカ圏からの電話会議による参加者もあり、討議は英語で行われているという。

 ・・・ちょっと待って欲しい。現在、その会議に出席している私の旧友は、唯一の日本人であり、彼にだけ通訳が付いているという。情報機関構想についてレクチャーするように言われる可能性は、決してゼロではないと思う。何の目的で情報機関を創設する必要があるのか?それは至極自然な質問だと思う。その際に・・・

 「日韓あるいは日中有事の際、両国の国防総動員法の規定により、在日の両国籍の人たちは瞬時に軍属となります。戦時国際法によれば、彼等はテロリスト、ゲリラ、便衣兵と認定され、隔離や強制送還に応じなかった場合や、投降せず、通名を使用した場合は逮捕ではなく、射殺が認められています。韓国籍の人たちは韓国兵務庁管理の収容所に入れられるようですが、受け入れを拒まれた場合は赤十字経由で北朝鮮に送還されます。」

 仮に私がこのように日本語で説明したとして、通訳の人には申し訳ないけれど、ちゃんと通訳できるとは思えない。案の定、有料の翻訳ソフトを試してみたら、真意がちゃんと通じそうもない英語になってしまった。

・外患罪集団告発→Treason group accused
・便衣兵→Ordinary clothes soldiers
・対外存立法→Foreign existence method
・国防総動員法→National Defense Mobilization Law
・戦時国際法→Law of war

 さて、私は一体どうすべきなのだろうか。日本人を対象とするインテリジェンス思考しか想定してなかったし、国際政治、国際法、軍事関係の英語とはまったく無縁に生きてきている。

 結局はkindle洋書であれこれ探し、「National Security Intelligence」というタイトルのをダウンロード購入した。果たしてどの程度理解できるかは未だ試していない。おそらく、かなり苦戦するだろうと思う。

 ところで、複数の知人から共通して推薦してもらった、村上春樹作品の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」だが、間違って解説書を買ってしまっていた。どうしても読んでみたくて探したが、電子書籍がなく紙の単行本上下巻を注文している。

 そこで止めておけば良かったのだが、たまたま村上春樹の研究家でニュージーランド人の知人から、英訳本の翻訳者は、かなり名訳だと聞いたので、両方を読み比べてみたくなり、アメリカで出版されているkindle版のをダウンロード購入してしまった。英訳されたタイトルは「Hard-Boiled Wonderland and the End of the World 」である

 自分の年齢、視力、筋力、体力、気力などが一切視野に入らなくなってしまう瞬間がある。目的を持てば、年齢など関係ない。視力、筋力、体力、気力などは枝葉末節の問題になってしまう。

 もしかしたら私はおめでたく、身の程知らずで無謀な人間なのかもしれないという思いが頭をかすめるが、どうにもストップがかからない。

 かくして毎日毎日が私にとっては新しい幕開けであり、未来への期待感を刺激するOvertureに元気づけられ、明日もまた新たな一日を迎えたい。

 これら「National Security Intelligence」と「Hard-Boiled Wonderland and the End of the World 」に対し、どのように悪戦苦闘したか、あるいは歯が立たなくてギブアップしたかは、包み隠さずいずれ改めてご報告させていただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2017-04-30 23:33 | 現実的なお話し | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ