昼寝ネコの雑記帳

2017年 03月 12日 ( 2 )

バレンタインデー→ホワイトデー→「味噌玉」


"Vissi d'arte," (Tosca), Angela Gheorghiu, Washington, D.C. [2009]

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 バレンタインデーにクッキーをもらい、ホワイトデーのお返しとしてチョコレート菓子を袋詰めにしたので、今日は味噌玉の話である。そこにどういう脈絡があるかというと、全くない。

 10日ほど前に匿名希望3さんから送られてきていた「味噌玉」情報をご紹介する。なかなか内容を確認するゆとりがなかったので、遅くなってしまった。

  この味噌玉は、読んで字のごとく基本的には味噌を丸め、保存しておいてそのままお湯で味噌汁のようにして飲める、いわゆる即席の保存食であるようだ。情報元は、IN YOU〜オーガニックフーズを研究している方のようだ。

 味噌玉のイメージに合う音楽を冒頭で紹介しようと思った。いろいろ迷った挙句、プッチーニのオペラ「トスカ」で歌われるアリア「歌に生き、愛に生き」が、いいのではないかと思い浮かんだ。味噌玉と何の関係があるのか、と質問されると答えようがない。味噌玉は私にとってなじみがなく、日常生活からは離れたところにある。同様に、最近はすっかりオペラを聴かなくなっている。なので、日本人にとって基本的な 食品である味噌と、ある時期すっかり傾倒していたオペラ音楽が、どういうわけか結びついてしまった。やっぱり、脈絡はどこにもない。

 最初は、マリア・カラスに敬意を表し、彼女の歌を選んだ。さすがに古い画像だったが、天下のマリア・カラスである。YouTubeが自動的に次の演奏に切り替わった。歌手の名前はどう発音するのか読めない。しかし比較的最近の演奏であり、しかも演奏場所がワシントンD.C.であると言うことで、なぜか興味を持ってしまった。それに、大柄に見えるこの女性オペラ歌手が、文字通り体を楽器として熱唱している。なかなか良いと思ったので、カラスには申し訳ないがこちらを選んだ。
 途中で、バルコニー席に陣取った、エリマキトカゲのような衣装を着たおばさんが、どういうわけか何度もアップで映し出される。よほどの著名人なのか、実力者なのか私にはさっぱり見当がつかない。
 どこぞの州の出身の上院議員なのか、それともこのオペラ歌手のパトロンなのか、あるいは名門一族の出である娘の母なのか・・・まぁそれはどうでもいい話だ。

 最近はとみに、東アジアにきな臭さが漂っているのではないだろうか。南北朝鮮と中国情勢には目が離せないと思っている。いつ何が起きるか予測がつかない情勢なので、やはり引き続きしつこく、食料を中心とする備蓄を勧めたいと思っている。

 悪い癖で、前置きがすっかり長くなってしまった。以下に、匿名希望3さんの投稿情報をご紹介する。


【匿名希望3さんの投稿情報】

こんにちは、食の情報です。
長文なので途中まで。

■飲みたい時にいつでも飲める!保存・持ち運びカンタン【味噌玉】を作って味噌汁を毎日飲もう!


 味噌玉をご存知ですか?

 目にしたことがあるIN YOUの読者の方も多いかもしれません。ここ最近、女性誌や料理本などのメディアを中心に、味噌を具材と一緒に丸めてキャンディ状に包んだ【味噌玉】が注目を集めています。

 別名、味噌ボールや味噌丸などとも呼ばれていますが、基本的には同じものです。以前、IN YOUでは、本物の味噌について下記の記事で触れましたが、そんな体によい元祖日本のスローフード食材である味噌の基本的調理方法はやはり味噌汁であると筆者は考えています。

 その都度包丁とまな板を取り出して具材を切らずとも、出汁をとらなくても、手軽に気軽に味噌汁を楽しめる方法があります。これから暖かくなるシーズン、火をつかわず、お湯を注ぐだけの簡単味噌汁のもと、味噌玉を作ってみませんか。

【味噌汁と塩分の気になる関係】
 味噌は塩分が多いが、がんになるどころか病気の死亡率は低くなった!

 「味噌汁が体によいのはわかっているけれど塩分の摂りすぎになるんじゃないの?」気になる方は多いと思います。

 味噌の塩分含有量は平均して100g中10~12g程度であり、味噌汁1杯あたり1.5~2g程度とされています。(種類、製法により塩分含有量は異なります。)

 味噌汁の塩分と健康の関係性が問われている中で、かつての健康を害するというイメージを持たれている方も少なくありません。しかし、味噌は発酵食品の中でも、専門家により多くの研究が盛んに行われ、臨床データも数多く発表されています。

 胃がんの原因のトップである塩分の問題も、味噌でのがんリスクはないと発表されています。むしろ「みそ汁の摂取頻度が高いほど胃がんの死亡率が低く、毎日みそ汁を飲む人は他のがん、動脈硬化性心臓疾患、高血圧、胃・十二指腸潰瘍、肝硬変などの死亡率が低い」というデータも発表されています。

 毎食1杯、1日あたり3杯位の摂取量では、気にする必要はありません。それでもやはり気になる方は、摂り方にひと工夫することでより塩分リスクを減らし、かつ栄養価も高めることができる方法があります。

【塩分リスクを下げるコツ、腸内細菌のエサになる味噌汁の“具”にこだわる】
 難しく考える必要は全くありません。発酵食品はとかく摂取することに難しさやハードルを感じる方も多いのですが、作り方や構造や摂り方はとてもシンプルです。味噌もそのひとつ。

 味噌は麹菌の産物である酵素、乳酸菌や酵母菌などが生み出した日本のプロバイオティクス食品です。腸内環境を整える食品の一つとして積極的に摂取したいところです。摂り方に一工夫することで、気になる塩分リスクを下げ、かつ腸内環境への一役を買う事ができます。

 塩分(ナトリウム)を排出する効果のあるカリウムを豊富に含む食材を具に使うほうれん草、わかめ、納豆、切干大根、あおさ、あしたば、モロヘイヤ、サトイモ等根菜類

 ナトリウムを排出してくれる食材を見ると、味噌汁の具としては鉄板食材、昔ながらの食材が多く見られます。やはり昔ながらのものにはそれなりに適した理由があるということがわかります。

【出汁を濃いめにする
 ポイントは、異なるうまみの「もと」を同士を組み合わせること。うまみの「もと」とはアミノ酸。代表的なアミノ酸はイノシン酸である「かつお節」、グルタミン酸である「昆布」。

 この異なるアミノ酸を組み合わせると、単体で使用するよりも格段に「うまみ」がアップします。ヒトの舌は「うまみ」を強く感じると塩分を感じにくくなる特性があります。

 その特性を利用してうまみを強くすることで塩分を抑える事ができます。また、うまみを感じると脳の満足中枢を満たすので過食を防ぎます。

【食事で摂取するときは、加工食品を控える
 IN YOU読者のみなさんはもともと摂取することは少ないと思いますので安心かと思いますが、加工食品には塩分量や添加物が多く含まれています。これらを含む食材は食事から減らしましょう。加工された顆粒状の粉末だしも同様です。天然のものを選びましょう。

【お湯を注ぐだけ!実は味噌汁は元祖ファストフード!味噌玉を作ろう。】
 どんなに体によいものでも、毎日続けることが何よりも大事。話題の食材に対するアンテナセンスは勿論必要ですが、日本人が文明をもちはじめた頃から受け継がれている発酵食品の代表格である【味噌】を一番手軽に継続して摂取できるのはやはり味噌汁。

 けれど、核家族化が進む現代、味噌汁を作るために毎食出汁をひいたり具材を下ごしらえするのは正直面倒だし、時間がとれない。そんな方に是非お勧めしたいのが味噌玉。

 味噌と具材と出汁粉をボール状にまとめて、ラップなどに包んでおけば、飲みたい時にお湯を注ぐだけで本格的なお味噌汁を手軽に楽しむことができます。

 要はインスタント味噌汁の素ではありますが、好きな具材を入れられるということ、入っているものの原材料が明確であるということから作ってみる価値は多いにあると思います。

 休日にまとめて作っておいたり、お子様と一緒に楽しみながら作ることができますよ。

【味噌玉の作り方】1個
・お好みの味噌(無添加・天然醸造)大さじ2/3程度
・出汁粉(無添加・昆布パウダーやかつお節のミックスタイプなど)小さじ1/2
・お好みの具(乾燥タイプがよい)適宜
※とろろ昆布、乾燥わかめ、切干大根、味噌汁の具(ミックスタイプ)、乾燥あおさ、乾燥ほうれん草などの乾燥野菜、ごま、高野豆腐の小さく切ってあるタイプものなど

【必要なもの
・15cm幅のラップ
・輪ゴム、ビニールタイ(ラッピングなどに使う口を縛るもの)、マスキングテープなどお好みで

1. 台にラップを幅(15cm)より少し長めに引き出して切る。
2. 具材をのせ、味噌、出汁をのせ、ラップの口をしぼりビニールタイなどでとめる。
 ※このとき力を入れすぎるとラップが破けてしまうので
  軽く丸める程度でよい。
3. まとめてチャック付きの袋などに入れ、冷蔵庫へ。冷凍保存もできます。

★ポイント★
・出汁は本格的な出汁をひかなくても、出汁パックの袋の中身を取り出してそのまま使えばOK。
・出汁のガラも立派な具材になります。ガラも噛むことで満足感もUPし、栄養もそのまま摂れます。
・野菜類などは乾燥タイプがおすすめ。味噌の水分を吸って、頂く時には程よく戻って食感も楽しめます。
・カリウムを多く含む乾燥野菜が特におすすめ。切干大根や干しにんじんなど、冷蔵庫で余った野菜を自宅で干したものなら経済的で安心です。
・おからパウダーやとろろ昆布などで丸めた上にまぶして包めばトリュフのような見た目になり、楽しくなります。
・板酒粕のかけらを少し混ぜると酒粕の風味が出て、減塩+うまみUP効果もあります。

【ズボラでもいいんです。アイディア次第で賢いとり方に】
 ラップで個包装するのも面倒!な方は、出汁と味噌を丸めずにまとめて保存容器などに入れ、一杯ごとにスプーンでとりわけ、具を入れて頂くという方法も可能です。
 その場合、具材は味噌と別の密封袋などにまとめてオリジナルミックス具材を作っておくと便利です。

 味噌玉は冷凍保存が可能です。まとめて袋などに入れ、冷凍庫に入れておけば半年は保管できます。(乾燥の具材がポイント)ラップに個包装しなくても蓋つきの製氷皿に入れて保管することも可能なので保管用とすぐ食べる用に分けておくと便利かもしれません。

【味噌玉は災害用の非常食にも】
 最近災害が多くその対策として非常用持ち出し袋の中身や備蓄食料などの見直しをされている方も増えているのではないでしょうか。味噌玉は冷凍することで長期保存が可能ですので、災害用の備蓄食料としても向いています。災害時に不足しがちな食物繊維やミネラルの補給などに役立ちます。

 暖かいものを摂ることができれば、精神安定効果がありますし、味噌は特にその効果が高いといわれています。万が一お湯が使えないときなどでも、おにぎりの具材や添え物などとしても使うことが可能です。

(以下略)

 以上で紹介を終了する。匿名希望3さん、貴重な情報提供にお礼申し上げる。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。







[PR]
by hirune-neko | 2017-03-12 23:58 | 現実的なお話し | Comments(0)

バレンタインデーのお返しのホワイトデー


Diana Krall _ Dancing In The Dark

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 先月のバレンタインデーに、知り合いの女子中・高生たちから手作りのクッキーをもらった。明日、その後皆さんとお会いするので、ホワイトデーのお返しを用意していた。

 もらったのはクッキーの小さな袋が1つだったが、相手は10人ぐらいになるので10人分用意することにした。近所のスーパーに行って、チョコレート菓子を何種類か買い、小さな袋に詰めた。

 そのままだと殺風景なので、小さなラベルにお礼のメッセージを印刷し、1枚ずつ貼り終わったところだ。

 あれこれ用意する資料があったので、夜遅くなってからの準備となった。さすがに疲れが溜まってしまったので、今日はこれでお休みさせていただく。何も内容のない記事で大変申し訳ないが、ご容赦いただきたい。

 そうこうするうちに、匿名希望の皆さんからいろいろ情報提供をしていただいている。改めて近日中にご紹介させていただく。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 



[PR]
by hirune-neko | 2017-03-12 01:29 | 現実的なお話し | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
きいろ香さん お久..
by hirune-neko at 14:09
お久しぶりです。 色々..
by きいろ香 at 23:59
鞠子さん お兄さん..
by hirune-neko at 15:49
鞠子さん 深夜3時..
by hirune-neko at 00:11
鞠子さん 久しぶり..
by hirune-neko at 11:20
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ