昼寝ネコの雑記帳

2012年 04月 30日 ( 1 )

子どもを失う親の心象

Astor Piazzolla - Tristeza, separación


先日、お子さんを亡くされたご両親から
寄贈絵本の申し込みがありました。
出来上がった絵本をお送りして十日ほど経った頃
受領葉書を受け取った寄贈団体から
コメントが書かれた葉書のコピーが送られてきました。


「津波は私達から(お子さんの名前)を連れ去って
しまっただけでなく、(お子さんの名前)との
思い出の物をも奪っていきました。
『大切なわが子へ』は、新しい(お子さんの名前)との
思い出の品になりました。
毎日、仏前で読んでいます。
ありがとうございました。」

ちょうど、新聞社に寄贈絵本の記事化を
お願いする準備をしていますので
名前を伏せて、葉書のコメントを公開させてほしいと
許諾のお願いメールをお送りしました。
私達がどれだけたくさんの説明資料を準備しても
実際に絵本を受け取られた方からの一枚の葉書の前では
すべてが霞んでしまうように思えたからです。

数時間後に返信があり、このように書かれていました。


「毎日、仏前で、いただいた絵本『大切なわが子へ』を
(お子さんの名前)に読んでいます。
職場に(お子さんの名前)と同級生のお子さんを亡くした人にも
この絵本を紹介しました!直ぐに申し込んだようです!
私の拙い文章でこの絵本の事を紹介できるのであれば、
使って下さい。
ただ、名前は出さないでいただければ幸いです。

本当にわが子の名前が入ってる絵本は宝物です!
ありがとうございます。」


「子を亡くされた親の心象」を推測・想像し
文章を考えましたが、現実にどのように
受け止められるのだろうかと、不安な気持ちがありました。
人の感性・感覚はそれぞれ異なりますので。
でも、まだたったの一例ではありますが
現実に愛するお子さんを亡くされたお母さまからの
コメントを読んで、推測と想像で練られた文章が
心を開いて受け止められたと実感し、安堵とともに
嬉しさと達成感を感じることができました。

すぐに、お礼のメールを送りました。

「早速のご回答を有難うございました。
お礼申し上げます。
少しでもお役に立てれば大変嬉しく思います。
同じ状況の方にもご紹介くださり有難うございます。

私たちの次男は、出産直前に胎内で水疱瘡に感染し
出産数日後に入院したのですが、夜通し
保育器の中の子どもを見守っていました。
早朝から呼吸停止状態になり、あっという間に
全身が土色に変色しました。
手を握って名前を呼ぶと蘇生するということを
何度も繰り返しました。
目の前で死線を往き来する、
わが子の必死な姿を凝視するというのは
親にとってはとても残酷なものです。
今でも、決して忘れない情景です。
あのときの経験がなければ、死産版の文章や
このたびの特別版の文章は書けなかったと思います。

次男は肺炎も併発し、四週間を感染症専門病院で
過ごしたのですが、奇跡的に帰還しました。
そのせいか、普通より発育が遅くて
半分諦めてのんびり育てましたが、
徐々に好きなことを見つけて勉強し
今では、コンピュータでの製作作業を
手伝ってくれています。

お送りした絵本をはじめ、すべての絵本は
次男が社内で製作しています。
ですから、お子さんを亡くされた皆さんが
心の中の重荷を、少しでも軽くしていただければ
とても嬉しく思います。

有難うございました。
重ねてお礼申し上げます。」


この特別版の文章を、千歳空港のホテルの部屋で
一気に作り上げたのは、昨年の5月末です。
それから企画書、提案書、サイトの作成、
説明や折衝と時間が流れ、寄贈申し込みは
3月から徐々に始まっています。
発案からもうじき一年になりますが、
感じたままに進んできた方向は
間違っていなかったなと、ようやく心の中の
何かが融解した感じがします。

善良で無実の人間が、
なぜ過酷な苦難を背負わなくてはいけないのか。
誰もが納得・理解できる
合理的・論理的な説明をできる人はいないでしょう。
でも、人知れず苦難を背負い、その苦難と向き合って
生きてきた人には、理解できるのではないかと思います。
ときには、数年、あるいは数十年かかるかもしれませんが
いつかきっと、心の中で納得さできるときが
訪れるのだと思います。

人生が、それほどに深遠なものなのだと理解するには
年数がかかるものなのでしょう。
[PR]
by hirune-neko | 2012-04-30 21:58 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
日本にいれば是非行きたい..
by ロマラン at 02:40
日本にいれば是非行きたい..
by ロマラン at 02:39
Nonnieさん ..
by hirune-neko at 11:53
きいろ香さん ひさ..
by hirune-neko at 02:12
ご無沙汰しています。 ..
by きいろ香 at 22:59
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ