昼寝ネコの雑記帳

最近はビル・エヴァンスを聴くことが多い


Bill Evans/Marc Johnson/Joe La Barbera. All Mine (Minha). 1979.


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 すでに故人となっている福岡貞夫さんが、「ピアソラを聴くには精神力が必要だ」と言っていたのを思い出している。分かるような気がする。心身ともにくたびれ果てたときは、ボサノヴァですら、空々しく聞こえるときがある。

 改めて、こうしてビル・エヴァンスの演奏を聴いていると、世俗性には決して交わろうとしない、孤高さを感じる。緻密さと繊細さ、それと鋭く研ぎ澄まされた感性も感じる。

 両側を冷たい壁に挟まれた、暗くて細長い路地を、背中を少し丸めて、行き止まりなのを承知で寡黙に歩き続けた人生だったように思う。

 高校生のときに初めてビル・エヴァンスの演奏を聴き、すっかり虜になってしまった。あれからもう半世紀が経つが、今もこうして乾燥しきった神経を潤す演奏を聴いている。

 途中でいろいろな演奏家を聴いたが、再びビル・エヴァンスに戻ってきたように思う。そして過ぎ去った半世紀の、折々の出来事を感傷的に思い出してもいる。

 いよいよ自分の人生も、ついに終盤にさしかかってきたのだと自覚している。雑然とした身辺を、整然とした状態にするまでの時間が残されてほしい。環境が整って、実務の第一線から離れた後に、自分の抜け殻に対するレクイエムとして、短編作品を書き残す時間を与えてほしい。

 今さら何か新しい分野に挑戦しようとは思わないが、これまでのように脱皮を繰り返して生きることこそが、新たな自分を創造しているのだと、妙に納得している。・・・不思議なもので、高校生から大学生になった頃の数年間に、自分の感性の原点が存在するように思う。

 ビル・エヴァンスのアルバムに「自己との対話」というタイトルがある。なるほど、私にとっては自分自身が、私を最もよく知る旧友なのだと思える。これからも、自分自身との対話を続けていきたいと、思いを新たにしている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



[PR]
by hirune-neko | 2017-06-18 00:22 | 音楽・映画・本の世界 | Comments(2)
Commented by ロマラン at 2017-06-18 02:15 x
私も色々な曲を聴いた後はビル・エヴァンスに戻ってきます。
母の変わり果てた姿を病院で見て唖然となり退院させ、24時間体制で入院前の状態に戻す事をして以来人生の見方ががらっと変わりました。昼寝ねこさんのおっしゃるように身の回りを整理して動けなくならないよう、ぼけることがないよう工夫しつつ自分の後半の人生をすごしましょう、と思っています。ビル・エヴァンスは勿論好きなジャズを聴いてワインを傾け、幸せな時間を持つのが最高かなぁ(^^)
Commented by hirune-neko at 2017-06-18 15:20
ロマラン さん

コメントを有難うございました。

お母さま、大変でしたね。
私の母は、ウェブカメラによる遠隔介護でしたが、
家族に病人ができると、心身ともに大変ですね。
お疲れが出ませんように。

ビル・エヴァンスを好む方がいらっしゃって
嬉しく思います。
音楽は、聴き手の感性、価値観、人生観に
深く関わると思っています。

私の場合は私利私欲が薄れ、肩の力も抜けてきて
ある意味でマイペースをつかみかけてきました。
いつも好きな音楽がそばにいてくれて、
助かっています。

ロマランさんもお元気でお過ごしください。
<< 周辺機器のメンテナンスを進めた Still Waters Ru... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
暇工作さん コメ..
by hirune-neko at 23:53
多分誰かが書き込むだろう..
by 暇工作 at 10:23
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ