昼寝ネコの雑記帳

観劇記「南武線誕生物語」〜夢みる男たち


Astor Piazzolla - Woe


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 川崎と立川を結ぶ「南武線」が誕生するまでの関係者達の苦労を、史実を踏まえて舞台化した作品だ。開業から90年というから、やがて1世紀になろうという由緒ある路線である。

 インターネット上に溢れる話題は、北朝鮮のミサイル問題であり、韓国における親北大統領の誕生であり、トランプ大統領の弾劾問題であり、中国が主導する国際金融機関AIIBの経営実態の脆弱さであり、・・・いずれも目が離せない緊迫した状況が錯綜している。

 もしかしたら明日にも、緊急事態が発生するかもしれない、という緊張した毎日を私たちは生きている。情報の断片ひとつひとつに一喜一憂し、知れば知るほど神経が休まらない。

 改めて90年という歳月を遡行し、当時の先人の舞台裏の苦労や、目に見えない理念・哲学を舞台上に再現しようという試みである。

 脚本家は小川信夫先生で、今回が第6弾となる。川崎市民劇というだけあり、いずれも、川崎の地にちなんだテーマを脚本化している。
2006年 「多摩川に虹をかけた男〜田中兵庫物語」
2008年 「池上幸豊とその妻」
2011年 「枡形城 落日の舞い」
2013年 「大いなる家族〜戦後川崎ものがたり」
2015年 「華やかな散歩」

 今すでに存在するものを、そのあるがままの姿でしか捉えないならば、目に見える表象しか理解することはできないだろう。しかし、最初に存在した理念を、具体的な形にしていく過程の苦労と努力を知るならば、表層からは伝わってこない「ぬくもり」を体感することができる。ときとして、身命を賭して後世の人たちのために遺してくれた関係者に対する、敬愛と尊敬の情が湧き上がってくるのではないだろうか。

 日常生活で、何気なく乗降していた南武線に対し、新たな感情移入をするようになるのではないだろうか。欲得ではなく、地域の人、後世の人のために信念を貫いた先人に対する情は、そのまま郷土愛につながっていくだろう。

 浅野財閥や安田財閥の創業者が登場する。苦難の環境をはねのけ、経営哲学を確立していく彼等の魂を再現したのは、脚本家の筆力である。その慧眼に、改めて敬意を表したい。

 舞台は映画同様、総合芸術である。目に見えない着想に始まり、脚本、演出、演技、舞踊、音楽、照明、衣装、大道具、小道具、音響、映像・・・おそらくは仕事を持ちながら、乏しい時間の中で、それぞれの役割を果たすことに努力されたはずだ。

 舞台作品は映画と違い、ある意味では再生の効かない瞬間芸術でもある。一瞬の気の緩みが集中力を欠き、予測しない思わぬ事故につながることもある。コンディションの維持と集中力が要求される、負荷の大きい、緊張した時間であり空間である。

 冒頭の雲の流れる映像が自然で、印象的だった。舞台装置も自然でリアリティがあった。照明も違和感がなく自然だったし、衣装も登場人物のキャラクターを引き立たせるよう吟味されていたと思う。音楽も決して出しゃばらず、場面ごとの感情イメージを想起する助けになっていた。登場人物の皆さんは・・・ベテラン俳優さん達の落ち着いた演技が、場面のリアリティを引き立たせていた。若手の皆さんには、それぞれの人物になりきろうとする、真摯な演技努力を感じた。唯一、メークに関しては、2階席の中段に座ったことと、持病の白内障のため的確なコメントを書くことができない。しかし、終演後にロビーで挨拶されていた皆さんを見たが、自然な感じだった。
・・・もっとも、私に舞台メークを語れるような資質や経験があるわけがない。

 最後にひとつだけ、私の好みから希望を言わせていただくと・・・音楽でいうところの「間」が、もう少し効果的にほしかったように感じた。登場人物の葛藤や苦悩から生まれる、内省や自省という無言の演技が「間」の中に浮遊していれば、作品のさらなる深さと幅に貢献しただろうし、観客の作品に対する理解や共感・共鳴もさらに深化したのではないだろうか。

 ・・・お前が自分でやってみろ、という声が聞こえそうだが、私はあくまでも一観客として、鑑賞することしか能がないので、お許しいただきたい。

 登場人物が作品中の台詞で語っていたが、経営者にとって、事業というのは単に「収益」という側面だけでなく、「夢やロマン、使命」という要素が中心になければならない、という哲学には大変共感を覚えた。

 相変わらず、小川信夫作品に通底する、弱者への温かい視線を感じることができたのは救いだった。壮大なスケールの構想作品だったので、舞台という限定空間での、しかも限られた時間内での「時代再生」には、ご苦労が多かったことと思うが、キャスト、スタッフの皆さんの意思と意識が結集して完成された、立派な作品だった思う。

 引き続き、有意義な大作を作り続けていただきたいと、期待したい。

(残りの公演情報)主催:川崎郷土・市民劇上演実行委員会
・5月20日(土)13:30
・5月21日(日)13:30
  いずれも、エポックなかはら(南武線武蔵中原駅から1分)


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-05-20 01:25 | 創作への道 | Comments(0)
<< 母の一周忌に寄せて 金沢や能登に対して不思議な郷愁... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
Nonnieさん ..
by hirune-neko at 11:53
きいろ香さん ひさ..
by hirune-neko at 02:12
ご無沙汰しています。 ..
by きいろ香 at 22:59
causalさん ..
by hirune-neko at 00:28
causal さん ..
by hirune-neko at 00:18
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ