昼寝ネコの雑記帳

少しだけど、自分らしさを取り戻したようだ

Chris Botti - Emmanuel


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



 忙しかったり処理案件に追われ、時間に余裕がない生活は慣れているつもりだ。しかし、この半年以上の期間は、コントロールの効かないストレスをずっと感じてきた。

 その原因を考えることもしなかったが、今頃になって思い当たることがある。パソコンで最も頻繁に使用するソフトは、編集用のQuarkXpressと表計算用のExcelだ。半年ほど前に、デスクトップもノートパソコンも新しいのと入れ替えた。OSの関係もあり、これらのソフトも最新のものにバージョンアップした。すると、操作のボタンの位置や使い勝手ががらりと変わってしまった。何かしようとするたびに、一体どこに何があるのか皆目分からない状態だった。考えてみたら、手足を縛られたようなもので、これが一番ストレスになっていたと思う。

 しかしさすがに、こうして半年間の期間悪戦苦闘してきたら、主要な操作はほぼ体で覚えることができた。現在では、昔のスピードで処理することができるようになっている。すると不思議なもので、目の前のことだけしか見えなかったのに、ようやく全体を見渡すことができるようになってきた。精神状態もすこぶる改善された。

 相変わらず世の中はすこぶる騒がしく、変化の速度が速いように思える。いろいろな方の政治ブログをざっと閲覧するが、ずいぶんたくさんのテーマがあるものだと思う。インターネット上で繰り広げられる、いくつもの論点。さらには、飽和点に達するのではないかと危惧される、諸外国の情勢がある。その筆頭は韓国であり北朝鮮であり、はたまた中国でもあるように映る。

 内緒の話でもないが、今日でアメリカのテレビ映画作品・NIKITAの3シリーズまでを閲覧し終えた。リュック・ベッソンの映画・NIKITAとは違い、舞台設定が世界各国を股にかけたリアリティーのある作品である。しかもシリーズ3ではSF映画に出てくるような、様々な兵器や施設、道具が次々と登場する。もちろん何重にも張り巡らされた陰謀ストーリーも大変興味深い。

 おそらく今現在は、インテリジェンスという授業は防衛大学でしか開講されていないのではないだろうか。大学や大学院で学ぶインテリジェンスは、あくまでもアカデミックな知識である。実際にどのようなことが起きているのかを知るには、かなり時代を遡った古い知識になってしまう。しかし、現実の諜報活動の実態を知るには、やはり小説や映画にかなわないと思う。

 その意味で、自分の趣味でもあるが、世界各国の情報機関を素材にした作品は、とても興味深く鑑賞することができる。私の最優先目的は、論争の渦中に身を投じ黒白をつけることではない。ましてや、いつどこで、何が起きるかを予想することでもない。基本的には個人や家族の皆さんが、少しでも安全で平和・平安な環境に身を置いていただきたい。また、家族が最も信頼できて安心できる関係であることを、目指していただきたい。自然災害だけでなく、有事やテロ等の非常事態に備えていただくこともお手伝いしたい。さらに言えば、様々なプロパガンダ活動、印象操作、世論誘導などに惑わされず、現実社会を前に洞察し判断される方の数が、1人でも多く増えていただきたい。これが私の望みである。

 まだまだ少しずつではあるが、ようやく加速度がつきそうな環境になってきている。目下の最大の懸念は、自分自身の健康と体力そして気力である。使命感を持ち、達成感も味わいたいという考えなので、健康には気をつけたいと思っている。

 今日、久しぶりに脳内に浮かんだメロディーがあった。どうしてもタイトルが思い出せなくて、しばらくあれこれ考えたのが表題の音楽である。曲の謂れは全く知らないが、たまに聴くとしっとりとしていい曲だと思う。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2017-03-28 02:08 | 心の中のできごと | Comments(2)
Commented by 日本晴れ at 2017-03-28 19:01 x
お疲れ様です。

お師匠もご愛読されているという 「株式日記と経済展望」さんが、件の もり とも 騒動の核心をズバッと明快にまとめられていますね。
さらに詳しくディープにというところでは、「ぱよぱよ日記」さんの ‘ぱよぱよ雑談~20170327’ (2017/3/27 付)中にも取り上げられている、「森友学園と、大阪政治の前提条件」が参考になりますね。

いわゆる インテリジェンスだとか OSINT も、今やネットという文明の利器のお陰で、随分と一般大衆にも近いものになったという気がします。
Commented by hirune-neko at 2017-03-28 21:23
日本晴れさん

 コメントをありがとうございます。先日書いていらっしゃった、辻本議員と生コンの複合検索・ ・ ・今日調べて、おっしゃる意味がわかりました。

 ご指摘のように、公開情報から実態を探し当てるOSINT情報は、インターネットの発達により、少し熱心に取り組めば、相当効果があると思います。そういう人たちが増えれば増えるほど、国は健全な方向性に向くと思っています。

 いつもコメントをありがとうございます。励まされています。
<< 久しぶりの本格フレンチ〜インテ... 腰痛ベルトを2本巻いて悪戦苦闘中だ >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ロマラン さん コ..
by hirune-neko at 15:20
私も色々な曲を聴いた後は..
by ロマラン at 02:15
causalさん ..
by hirune-neko at 23:19
東日本大震災直後、来日予..
by causal at 11:42
causalさん ..
by hirune-neko at 12:11
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ