昼寝ネコの雑記帳

描いたシナリオのシーンが、ゆっくりと展開している


Shirley Horn - "Where Do You Start?”


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 数日前、三男の家に電話した。すると若い女性の声で「どちら様ですか」と、なかなか美しい日本語で質問された。聞き覚えのない声なので、一瞬ボタンを押し間違え間違い電話をかけてしまったと思った。そこで「失礼しました」と言ったところ、電話の向こうで「あっ、じいじだ」と言う聞き覚えのある声が弾けた。三男夫婦の長女で、まだ小学校3年生の子だ。どう聞いても、あの声と口調は20代の女性のものだった。自分で可笑しくなってしまった。

 世の中というのは、単純に見える人にとっては単純なものだし、逆に複雑に見える人にとっては複雑なものとなる。確かに、人生はある意味で、いつ何が起きるかわからない生き物のようなものでもある。功成り名を遂げないとしても、無事平穏に晩年を過ごし、子供や孫達に先立たれず、他人に迷惑をかけたとしても謝罪で済む程度であり、肉体の老化も年齢相応程度であり、食べ物を美味しく食べられ、良い音楽に心酔できて、知識欲も衰えず、価値観を共有できて信頼できる友があり・・・自分のこれからの人生が、そのようなものであればいいなと贅沢な望みを抱いている。

 年に1度の誕生日を迎え、改めてこれまでの人生を振り返ってみた。私たち夫婦には子供が4人いる。それぞれ結婚して家庭を持ち、積極的に努力をしながら必死で道を切り拓いている。不思議なもので、子供たちも孫たちも年齢が毎年変わるので・ ・ ・当たり前だが・ ・ ・それぞれの年齢を正確に覚えていない。しかし、自分の年齢についてはそれなりの感慨がある。母方の祖父は働き過ぎで健康を害し、確か38歳で他界した。父は私が学生の頃、45歳で他界した。家内の父親は、何年間かの闘病生活の末、63歳で亡くなった。私の目には、それなりの齢のように感じられた。

 割と短命の家系に生まれたという実感があり、漠然と自分も短命だろうという強迫観念を持ち続けてきた。正直いって、この歳まで生き永らえるとは少し驚いている。やりかけの案件はとても多い。しかしどういうわけか、焦る気持ちはなかった。いくつもの数のパズルの断片を、丹念に一つ一つ組み合わせ、焦ることなくその日その日を過ごしてきたように思う。もちろんそれなりの試行錯誤や紆余曲折は経験している。

 ごく最近からだが、これまでに感じたことのない不思議な感覚に包まれている。自分が思い描いていたシナリオのシーンが、具体的に、展開を始めたと実感できるようになっている。これは、私にとってとても大きな励みだ。あとどれぐらいの時間で、どこまで達成できるかはまだ分からない。しかし、確実に大きな流れが長年思い描いていた方向に向かっているのを実感している。これはとてもありがたいことだ。

 決して順風満帆な人生だったわけではない。失敗や誤った判断と選択、窮地に陥ったこと、徒労感や失望を味わったこと、実に様々である。しかし今考えてみると、自分の苦境から大きな教訓を学んだと思う。たとえどん底の時であっても、逃げ出さず、諦めず、とにかくその時点でできることを行おうと努力した。

 心情的には、社会的な地位や名誉に対する執着はなかった。経済力は何をする上でも、あった方がいいに決まっている。しかし、ただひたすら資産を増やすことに執着して選択を重ねたことはない。

 他者の平和と安全、そして平安を願う気持ちを失わなければ、同じように考える人たちが寄ってきてくれる、そのようにも実感している。

 ある宗教家の言葉だが、何かに失敗してやり直そうとする最適の時期は、まさにその時であるといっている。失望や落胆は、その人の積極性や建設的なエネルギーをしぼませてしまう。したがって、自分の人生に何か予期せず、起きてほしくないことが起きたときは、その言葉を思い起こすようにしている。

 苦難や困難の時期こそ、自分の可能性を伸ばし、才能を開花させ、人格を磨くことのできる最良の時だ、とそのように思えるようになった。これは、すべての人に共通して当てはまる言葉だと思う。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-03-24 00:50 | 心の中のできごと | Comments(4)
Commented by 日本晴れ at 2017-03-24 01:24 x
>苦難や困難の時期こそ、自分の可能性を伸ばし、才能を開花させ、人格を磨くことのできる最良の時だ、とそのように思えるようになった。これは、すべての人に共通して当てはまる言葉だと思う。

お疲れ様です。 今日の記事は、心に沁みました。 同感です。
自分でも最近、実感していますが、平穏無事な生活もそれはそれで悪くないのかもしれませんが、やっぱり苦難や試練を与えられないと本人のポテンシャルって顕在化しないんだなあと。 捉えよう次第で、本当に苦難や困難って自分を成長させてくれたり強くしてくれる贈り物みたいなものだと感じますね。

話は変わりますが、今シーズンは花粉の飛散量が例年の数倍っていう記事が当たってるような気がします。鼻、喉から目まで、今迄にないほどダメージ受けています。風邪より酷いですね。 お師匠様は大丈夫ですか? ご自愛下さい。
Commented by hirune-neko at 2017-03-24 13:50
日本晴れさん

 コメントをありがとうございました。

 最近、お見かけしないと思っていましたが、花粉症が重症なんですね。私も例年よりは、症状が重いです。それなのに、外出するときにマスクもせず、無防備に動き回っています。

 毎日お忙しいと思いますが、睡眠と栄養をしっかりお取りになり、体調の快復に努めてください。お元気で。
Commented by 日本晴れ at 2017-03-25 01:48 x
お師匠様

「昼寝ネコ」ブログは、毎日欠かさず拝読しております! ポチっも毎日しております(笑)
沁みる記事を、またお気軽にお願い致します m(_ _)m

P.S. 以前に、ネコのチョコか何かの記事を書かれていたと思いますが、デメルの「猫の舌」もお勧めです。味は勿論、箱が捨てるの勿体無いくらいイカしてます! 「デメル 猫の舌」で検索なさって下さい。
Commented by hirune-neko at 2017-03-25 15:25
日本晴れさん

 いつもお読みくださりありがとうございます。また、ポチッとしてくださりありがとうございます。そのような形で、読んでくださった方からの反応があるのは励みになります。

 「デメル 猫の舌」については知りませんでした。サイトを見ましたが、なかなか格調が高いですね。ウィーンのなんですね。調べたら、我が家からは玉川高島屋が1番近いので、一度購入して試食してみたいと思います。貴重な情報をありがとうございました。

 
<< Webマーケティングを凌ぐ感動... やっと、みるとすサイト修復の入... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
causalさん ..
by hirune-neko at 11:38
TEST また禁止語あり
by causal at 10:59
まめひろさん いろ..
by hirune-neko at 09:53
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ