昼寝ネコの雑記帳

過去から甦る亡霊・・・みたいなものだろうか


Astor Piazzolla - Romance Del Diablo


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 
 今日は予定通り午後3時から、ある財団の理事の方と、約1時間近くお話をさせていただいた。前回は、 理事長同席だったため、ほとんど理事長とのやりとりに終始した。したがって、今日は実質的に初めていろいろ話しをしたことになる。

 用意した資料をもとに、こちらのお願いを説明した。話題があちこちに飛び、3年ちょっと前に考えたあるプロジェクトに触れたところ、とても興味を持っていただいた。いろいろな事情により、なるべく早く概要を知りたいといわれたので、帰ってきてすぐに当時の企画概要書や予算案等を探し、早速メールに添付してお送りした。
 なかなか理解していただきにくい内容のプロジェクトなので、まさか関心を持っていただけるようになるとは思わなかった。文字通り、過去から甦った亡霊のようなものである。

 ふと思い出したのだが、かなり昔から周りの人たちが、私の発想は10年早すぎるといわれていた。発案からまだ3年ちょっとだが、最近は時間経過のスピードが速いので、10年を待たずとも必要性を認識してくださる方が現れたのだろうか。実現するしないにかかわらず、発案者としてはとてもうれしかった。

 久しぶりに電車を乗り継ぎで往復したせいか、頭の芯に疲れが残ってしまった。

 しかし、今日の最大の成果は、どうやらこの財団は背後に左翼系の政治的な影響は無いようだ、と思えたことだ。慎重に言葉を選びながら、相手の表情に注意して、いくつものキーワードを並べてみた。目をそらしたり反応に少し間があったり、小さく頷いたりなどの、ちょっとした仕草で、ある程度推測することができる。

 かなり社会の仕組みをよく理解されている方だと判断したので、今日は国家インテリジェンスからファミリー・インテリジェンスに至る、考え方のプロセスについて説明した。もともとファミリー・インテリジェンスなどという言葉は、誰も使っていなかったので、とても興味深く聞いていただいた。

 最終的には理事長の判断になるため、どのような結論になるかは現時点では予測がつかない。しかし、ある程度協力や支援をしていただければ、登録会員数は飛躍的に増大する可能性がある。もちろん、どれだけ会員数が増えたとしても、売り上げに結びつくわけではない。しかし、この財団のように、世の中には公益性あるいは公共性を大事に考えて活動していらっしゃる方が存在する。ご縁ができるかどうかは別として、社会を側面から支え、日本を良き国にしようと努力されている方々がいらっしゃるのを目にして、とても心強く思った。

 まだしばらく、試行錯誤は続くだろうと思う。しかし、方向性だけは明確になってきたと判断している。個人的に、これからの国内外の社会情勢は、変化に加速度がついていくだろうと思う。同時に、これまできらびやかに繁栄していたもののメッキがはがれ、旧来の価値観が大きく動揺するようにもなると思う。

 最近は、電車に乗って空席を見つけ、腰をおろせるとほっとするようになっている。しばらくはまだ上り坂なので、足腰を鍛えなくてはいけないと自覚している。
 二台並んでいるiMacは、どちらも電源のオンとオフの都度、名前を呼んでご機嫌を伺いをしているので、すこぶる快調に動いてくれている。とてもありがたいことだ。

 ここ数週間は、あまりにも忙しくMacBook Proのジュディーには全然声をかけていない。すっかりもムクレてしまい、いざ電源を入れたときに、反応してくれないのではないかと心配している。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-02-03 01:01 | 心の中のできごと | Comments(2)
Commented by yomogi at 2017-02-03 18:48 x
いつも記事のアップをありがとうございます❣️
悩ましい記事には、昼寝ネコ様がんばれ!と応援して、上手く行った時やリラックスされた時はほっとして、私も顔がほころびます
私と全く違う環境で、お仕事や人生に挑戦されているご様子に
共感したり、ハラハラしたりですが、強い志と不屈の行動力に、心からの応援を送らせていただきます
今、田舎家で雪堀しながら、数日間
のびのびと1人の生活を謳歌しています
昨日は珍しく国会中継を見ました
何故か録画不可でしたので、お菓子を齧りながらじっくり見ました
民進党の方々の中身のない質疑や攻撃には本当に呆れました
ネットで捏造記事など暴露されているので、朧げにおかしいとか変だとか感じますが、ちゃんと考えを持っていないと、反論もできないし、他の人にも説明できないですね
そのせいで、維新の沖縄出身の方が質問に立たれた時に、あまりの違いに目を見張りました
まず、安倍総理大臣に対する態度が違います
敬意を持って評価できる所はきちんと伝え、
国政に対する地方からの提言、共に日本を良くしていこうという前向きな論議に、胸のすく想いでした
国会の論議はこうあるべきです
今日も午後から見ようと思っていたのに、何故か中継がなく残念でした


Commented by hirune-neko at 2017-02-03 21:07
yomogiさん

コメントを有難うございました。

あれこれいろいろなことが視野に入りますので、くたびれる毎日です。
何事も一朝一夕にはできないですから、辛抱強く進めたいと思います。
ご声援を有難うございます。

確かに、国会中継でいろいろな議員の発言を聞き比べると、違いがよくわかりますね。
いつも解散総選挙の噂が流れますが、日本の将来を託せる政治家が増えてくれるといいですね。

まだしばらくは、寒い日が続くと思いますのでお元気でお過ごしください。
いつも有難うございます。
<< 確信は、論理性の対局に存在する... 久しぶりに、夜なべ仕事になって... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
暇工作さん コメ..
by hirune-neko at 23:53
多分誰かが書き込むだろう..
by 暇工作 at 10:23
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ