昼寝ネコの雑記帳

過去は振り返らない主義だが、一年を振り返ってみた


"Volver" - Anibal Troilo y Astor Piazzolla


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

いよいよ今年最後の日になった。
こんな気ままなブログにも拘わらず、はるばる
インターネットを乗り継いで閲覧しに来てくださった
読者の皆さんに、改めてお礼を申し上げる。

性格的に、読者を増やしたりブログランキングの順位を
上げることを目的に、受けを狙うとか、奇をてらうという考えは
持ち合わせていない。
そのときに思い浮かんだことを、そのまま文章にしている。
そんな内容なので、読んでくださる方が存在するだけでも
張り合いになっている。

どんな日でも、ブログ更新をしたはずなので、数えていないものの
この記事が、今年の365回目の更新になるはずだ。

今年は、気ぜわしい一年だった。
個人の年賀状は、喪中なので喪中葉書を投函した。
会社の年賀状は、とうとう作る時間がなく、
今日に持ち越してしまった。
自分で作り、自分で印刷するので、夜中に投函することに
なるだろうと思っている。

人間年齢は65歳なのだが、脳内年齢は3,000歳だと
公言している。
3,000年も生きていれば、少しは知恵が増し
人生を達観できるようになると思っているが、
半月ほど前に中学の同期会があり、関内駅で待ち合わせたとき、
女親分のえみちゃんが私を一目見て、開口一番
「ずいぶん老けたね、びっくりしたよ」、だって。
・・・これが室蘭の女性の特長である。
思ったことを、はっきりと口に出す・・・みんながみんな
そうではないようなので、性格なのだろう、きっと。
つまるところ、3,000年の年輪が、じわりと容貌にも
現れてきているのだろう。

自己評価をひと言で表現するなら、
「死してなお生きる、不存在の存在」
となるようだ。
すでに、人間としての寿命は尽きているのだが、
まだやり残していることが多いため、完全には他界せず、
抜け殻か亡霊のように、地上での活動を許されている。
そんなイメージが拭えずに残っている。

徐々に肉体の存在が希薄になり、したがって肉欲や
金銭欲、名誉欲の塊が溶解し、生まれる以前の
純粋な霊体の状態に近づいているようなイメージだ。
でもその割に、甘いもの嗜好は一向に衰えていない。
まだ肉体を持つ人間としての、最後の葛藤なのではないだろうか。

ここ数ヶ月、ブログ読者の方、何人かと直接メールのやりとりを
する機会が増えている。
文脈から察するに、皆さんは余命ブログで紹介された私の記事を
読んで訪問され、そのまま継続的に来てくださっているようだ。
およそ一年ほど前に、「余命三年時事日記」というタイトルの
新刊書が出版されたが、反日視点から書いたその書評もどきを、
多くの皆さんが誤解し、昼寝ネコが反日活動家だという内容で
余命ブログに投稿したのがきっかけだ。

聡明な読者の皆さんが誤解を解くコメントをしてくれたのと、
その記事がそのまま余命ブログの本欄でも紹介され、
私自身、思わぬ騒動に驚いてしまった。

私は、初代かず先生の頃からの余命読者だった。
至る所で、余命記事の内容に触れている。
国家インテリジェンスに興味を持ち、次第に
個人や家族のための、いわゆるファミリー・インテリジェンス
という手法をイメージすることになったのだが、
国家安全保障という観点から、余命3年から余命三年に至る
一連の余命開示情報は、とても参考になっている。

ここはあくまでも、エッセイブログであって、
決して政治ブログではない。
しかしいつの間にか、余命支援の強力なブログである、
「待ち望むもの」の「余命関連リンク」のリストに
私のブログが掲載されていることを教えてもらい、
確認して驚いた。

さらに驚いたことに、「政治系ブログ一覧」という、
余命ブログを含む「厳選された」12のブログリストがあり、
その中でも、堂々と「昼寝ネコの雑記帳」が紹介されている、
しかも、毎日の更新記事にリンクを張って、紹介してくれている。
「待ち望むもの」ブログ読者の方が、更新されているそうだ。
私の記事なんて、かなり隅々まで読まないと、見過ごしてしまうような
「政治的エッセンス」を見逃さず厚遇してくださっていることになる。
凄い慧眼であり、有難いことだと思っている。
 (ブログ「待ち望むもの」http://meron.vanillapafe.info/

今年最後の日ということもあり、珍しく明るい時間から
ブログを書き始めている。
この調子で書き続けていると、あっという間に字数制限に達し、
その1,その2・・・となりかねないので、
もう、これぐらいにしておきたい。

今年は疲労の濃い状態が続いたので、
あまりピアソラを聴くことができなかった。
今年最後の記事なので、ピアソラに敬意を表し、
トロイロとの二重奏らしき演奏を使用させてもらった。
私はトロイロについては、無知同様だが、
タンゴ〜バンドネオンの巨匠だそうだ。

何事も、途中で放棄せず、断念せずに
可能性を追求することが、重要な鍵だと思っている。
私のように、死せる存在でありながら、使命感の故に
霊界のしかるべき立場の人の判断で、再び地上に追い返され
やり残しをする機会を与えられている存在もある。

余命ブログでの紹介をきっかけに、新しい読者が増え、
また、私ごときの主旨に賛同して、情報収集や提供の
協力をしてくださる、心強い援軍もいただいている。

ひたすら継続していれば、予期していなかった
建設的な機会が生まれることもあるだろう。

明日からの新しい一年を、新たな心構えで再出発しようと思う。

いつも訪問してくださる読者の皆さんには、健康・安全、
そして平穏に、2017年を過ごされるよう、心から願っている。
国内外の情勢は、ほぼ間違いなく流動的になり、
いつどこで何が起きるかは、予測が難しくなるのではないだろうか。

現金も大事だが、一定量の食料と飲料水などの基本備蓄を
是非、進めていただきたい。
そして、重要な局面に対峙したときに、より賢明な判断ができるよう
普段から心を平安に保ち、鋭敏な感性を具えていただきたい。

では、改めて本年のご訪問に感謝し、ご縁があれば、
また新しい年でもお目にかかれるよう、
今年最後のご挨拶とさせていただく。

昼寝ネコのPPAP
Practical・・・実用的で
Proper・・・適切で
Attractive・・・魅力的な
Property・・・財産


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。
[PR]
by hirune-neko | 2016-12-31 17:43 | 心の中のできごと | Comments(0)
<< 新年、明けましておめでとうございます じっと耳を澄まし、今年の終わり... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
暇工作さん コメ..
by hirune-neko at 23:53
多分誰かが書き込むだろう..
by 暇工作 at 10:23
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ