昼寝ネコの雑記帳

初めて対面した「猫の給仕頭」〜松岡美術館


Vocalise ( Rachmaninov) : Natalie Dessay.

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


知人の声楽家夫妻が、美術館で30分のコンサートを開くと聞き、
白金の松岡美術館へ行って来た。

30分のステージなので、10曲足らずの演奏だった。
冒頭のVocalise ( Rachmaninov)が、演奏曲に入っていた。

美術館でのコンサートは初めてだったが、ベンチ式の椅子が1脚。
あとはロビーで立ったままの鑑賞だった。

曲の合間に、ふと横のガラスケースに目を向けたら、
ブロンズ製の小さなネコが、お盆を持って立っている。
興味を惹かれて説明カードを読んでみた。
作者は、「スイス出身の彫刻家・ディエゴ・ジャコメッティ」。
作品名は「猫の給仕頭」となっていた。

ローマ時代の初期に出土したという全身像など、
いずれも存在感のある、大きな彫像の間にひっそりと立つ
小さな猫の給仕頭に、とても親近感を持ってしまった。

コンサート終了後、館長らしき女性にお礼の挨拶をし、
質問してみた。
「あの、猫の給仕頭はオリジナルなんでしょうか?」
「ええ、館内の作品はすべてオリジナルですよ」
「ほう、それはすごいですね。とても存在感がありますね」
女性館長は嬉しそうに笑顔を向けた。

終了後すぐに、横浜に用事があったので、残念ながら
館内の作品を鑑賞することはできなかった。
改めていつか、時間を見つけて遠い過去から存在する
作品の前に立ってみたいと思っている。

もともと、絵画や彫刻にはあまり関心がなかった。
最後に美術館に行ったのは・・・まったく思い出せない。
それほど、美術品に対しては不感症だった。
しかし不思議なことに、今日はいくつものオリジナルの
彫像と対面し、その存在感に圧倒されてしまった。

オリジナル作品だと聞いて、
「高かったでしょう?いくらぐらいしたんでsか?」
なんていう無粋な質問をしないで、良かったと思っている。

美術音痴の私だが、どうやら、ジャコメッティ作の、
猫の給仕頭に、すっかり取り憑かれてしまったようだ。

内緒の話だが、もしやと思ってレプリカが売られていないか、
調べてみたら、あった。
amazon.comで、ブロンズ製のレプリカが売られていた。

c0115242_134674.jpg


私の迷う気持ちをご理解いただけるだろうか。
あのネコが、どうも他人のような気がしない。
不思議と親近感を感じ、いつも側に置いておきたいという
なんとも奇妙な心理状態になってしまっている。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2016-05-01 01:04 | 心の中のできごと | Comments(6)
Commented by きいろ香 at 2016-05-01 09:32 x
本物とは少々お顔立ちが違う様ですが、これはこれで味が有りますねw
スックとした立ち姿が、いかにも「給仕頭」然としていて、面白いです。

松岡美術館には、他にも色々な動物がいる様ですね。
そういう見方もあるんだなぁ、と参考になったブログです。↓

猫の給仕頭
http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2010-12-10

私も、最後に美術館に行ったのは何時だったのか、思い出せません…
Commented by hirune-neko at 2016-05-01 12:47
きいろ香さん

本物の給仕頭とはお知り合いだったんですね。
羨ましいですね。

ご紹介くださったブログの画像はオリジナルですね。
レプリカの方の顔の表情まではクリアに見分けられませんが、
持っているお盆の大きさは違いますね。
でもまあ、アバウトなところで妥協しなくては、
それでないと、深夜に美術館に忍び込んで、
盗み出すしか欲求を満たせなくなりますので。
そうなると困ったものです。
実は昨晩、amazonに注文してしまいました。
楽しみにしています。
でも、ときには松岡美術館まで行って、本物に
対面する楽しみができましたので、嬉しく思っています。

コメントを有難うございました。
Commented by hinjya at 2016-05-01 13:21 x
我が家にもありました
http://fileup.jp/up/13165.jpg

どこで手に入れたか失念
足下が不安定で困っています
Commented by hirune-neko at 2016-05-01 16:10
hinjyaさん

あらら、これはまたかわいらしいですね。
レプリカといっても、何種類かあるようですね。
オリジナルと較べると、プロポーションがまともですね。

足下の不安定はいけませんね。
防止のために、一日40分のウォーキングが必要だと、頭では分かっているんですが、なかなか継続しません。
でも、真面目な話、ウォーキングはなさった方が
いいと思います。
人様のことをとやかく言えた立場ではありませんが、
どうぞはかない抵抗を継続なさってください。
やはり、継続は力なりだと思います。
Commented by mitsu at 2016-05-04 09:40 x
ディエゴ・ジャコメッティは、スイス人彫刻家 "Alberto Giacometti" の弟。 テーブルや椅子の制作者であってサザビーズ/クリスティーズの常連ですよ。 長い歴史の評価に耐える彫刻家の「弟」ですので数千ドルで落札できます。 狙ってみたらいかがですか。
Commented by hirune-neko at 2016-05-04 23:19
mitsuさん

まったく知らない世界のことですので、
教えてくださり、有難うございます。

お兄さんのアルベルト・ジャコメッティが彫刻家なんですね?
テーブルや椅子の制作者だとは知りませんでした。
「猫の給仕頭」のオリジナルが、数千ドル程度で
購入できるだなんて、夢にも思いませんでした。
もともとネコには異常な親近感を持っているせいもあり、
また、独特のフォルムにも惹かれたこともあると思います。

サザビーには日本からでもインターネットで
参加できるんでしょうか。
興味深いお話しを有難うございました。
一般人の視野には入りにくい話題ですので、
大変勉強になりました。
お礼申し上げます。
<< 一向に改善しない、積ん読・ダウ... Weekly・みるとす 創刊準... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
千波矢さん 投稿コ..
by hirune-neko at 18:56
ご無沙汰しています。 ..
by 千波矢 at 14:29
ロマランさん 一生..
by hirune-neko at 01:12
日本にいれば是非行きたい..
by ロマラン at 02:39
Nonnieさん ..
by hirune-neko at 11:53
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ