昼寝ネコの雑記帳

人間が機械ではないことを実感している


After the Rain - Ottmar Liebert

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


久しぶりにオーバーワークの日々を過ごしている。
電話で中断され、メールで中断され、その度に
直前は何をしていたのか、戻れないことがある。
エサをがっついているネコや犬に手を出すと、本気で怒る。
改めて、人間も同じで集中して取り組んでいる最中に、
何度も何度も繰り返し中断されると、犬やネコと一緒だと思った。

いろいろな製作物の締切に追われてしまい、しかも
サイト製作やデータベースプログラムなどのソフトが
大幅な仕様変更になったため、マニュアルを調べながら
扱い方法を取得しなければならない。

中には方向性は定まっているものの、次のステップを
どのように進めたらいいのか、簡単に答えが出ない案件も抱えている。

理論的には、ひとつずつ片付ければいいようなものだが、
どれから手を付ければいいのか判断が難しく、
気力自体も湧かなくなっている。

過去にそのような局面を何度も経験しているが、考えるまでもなく、
年齢的に、明らかに体力も気力も視力も、すべてが落ちてきている。
いわば老朽化した人間になってしまっている。

生存年齢だけを較べれば、祖父を超え、父を超え、義父を超えた。
あっ、そういえばすでに3,000年も生きているのを忘れていた。

車の運転と一緒で、目の前の仕事に追われ続けていると
視野が狭くなってしまう。
大局観を忘れて、小局観で考えるので、どうしても
視野の中の目に見える要素で判断してしまう。

何種類かの有料メルマガを購読しているが、ほとんど
いいニュースが送られてくることはない。

購読規約があるため、内容を詳細に説明することはできない。
いずれも、中国と韓国の金融情勢に関する内容だが、
国際貿易の決済には欠かせない信用状、あるいは船舶の保険など、
英国ロイズが絡む案件で、拒否が拡がっているそうだ。
そのような状況だといずれ、経済活動の停止につながるのではないか。
他の状況も勘案すると、楽観視できないどころか、
悲観的な要因がどんどん累積しているとしか思えない。

で、そんなときに一般市民としては、どのような行動に出るべきなのか。
国家のように、自前の情報機関を持たないのだから、
大手マスメディアが報道しない自由を行使すれば、すべては闇の中だ。
不安も危機感も怖れも何もなく、ただテレビニュースだけを見聞きして、
今日の平和が明日も明後日も、半永久的に存続するかのような錯覚に陥る。

面倒な情報収集や分析など止めて、さらにはいろいろな方にお願いして、
同様の情報収集と分析をしていただくのも止めて、
どこか辺鄙な場所に、静かな住まいを探し、昼寝と妄想に没頭したいと
思うこともある。

わずかな面積ながら、情報戦争の渦中に入り込み
善良な方々への実態情報を提供することを目指している。
誰かが、できる範囲の努力をしなければ、ある日気がついたら
日本が他国の支配下に入っているかもしれない。
そのような可能性・危険性を感じるので、非力ながら、
そして微力ではあるが、情報発信を続けようと思っている。

国家の情報機関と根本的に異なるのは、個人・家庭の視点から
何をすべきかと、危機的状況への対応策を考えることだ。

これまでは独力で進めて来たが、ここ数週間の間に
何人もの協力者が出現している。
私にとっては支援部隊だ。

適度に休養をとって、なんとかまた前進しようと思っている。

やはり人間は、機械と違って長時間の連続稼働は困難であることを
改めて実感している。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2016-02-28 22:19 | 心の中のできごと | Comments(6)
Commented by 日本晴れ at 2016-02-28 23:36 x
お疲れ様です。

適度な休養、必要ですよ。 ご無理なさらぬよう。 お師匠のライフワークの大義は重々理解しております。 ファミリーインテリジェンスのほうは、協力者の方々とじっくり進めていきましょう。

昼寝ネコの雑記帳 の、本来のお師匠の軽妙でユーモア、ウィットに溢れた文章を愛される古くからのファンの方々もご心配されているようですから、あまり今詰められず、ゆっくり一息ついて下さい。 いつもの人情味溢れたユニークなブログで、読者の皆さんを癒し、楽しませて下さいね。
Commented by hirune-neko at 2016-02-29 00:25
日本晴れさん

ご心配をおかけして申し訳ありません。

みるとすに向けての、研究所の実務的な打ち合わせは
研究所のサイトで行った方がいいかもしれませんね。

これまでも何回も、余命に関してやファミリー・インテリジェンスに
ついての記事をアップしていますので、これからも
必要に応じて紹介記事を書きますが、とりあえずは
研究所の専用ページを活用してみませんか?

ご検討を宜しくお願いいたします。
Commented by 11nekonoyume at 2016-02-29 21:44
昔ギリシャ神話だったか忘れましたが、天を支えている巨人の話を思い出しました
まぁなんと大変なことをしているのだろう、と他人事に思っていましたが、今、
こうして余命様や昼寝ネコ様や大和様や花菱様などいろいろな方々が日本を、地球を宇宙を支えて下さっていることに、心より感謝いたします
同時に、申し訳ない気持ちもいっぱいです
どうか、これから向かう
春のそよ風や可愛らしい花々に、心を癒されて下さいませ
私は大した事はできませんが、皆様が一生懸命書かれた記事をきちんと読まさせていただき、できることをさせていただきます
お身体お大切に🙏
ありがとうございます
Commented by 11nekonoyume at 2016-02-29 21:47
すみません
前にいくらプッシュしても、どうしても送信できず、今日はしつこく押してしまいました
削除お願い致します
Commented by hirune-neko at 2016-03-01 00:20
11nekonoyumeさん

あらら、大変なことになりましたね。
分かりました、ひとつだけ残してあとを削除しますね。
Commented by hirune-neko at 2016-03-01 00:24
11nekonoyumeさん

かなりお待たせしたようで、気づかずに済みませんでした。

昼寝ネコは無精で億劫がりであり、おっしゃるような
皆さんと並べられると、他のブログの皆さんに申し訳なく思います。

でも、読んでくださるのは素直に嬉しく思います。
お気軽に声をかけてください。
いろいろご心配くださり、有難うございます。
<< 灯台もと暗し、紺屋の白袴、ネコ... 創刊準備号が、段々本格的になっ... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
暇工作さん コメ..
by hirune-neko at 23:53
多分誰かが書き込むだろう..
by 暇工作 at 10:23
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ