昼寝ネコの雑記帳

日本海・東シナ海は波高けれど、わが脳内は静寂無風なりき


Astor Piazzolla (1921-1992) -Doble Concierto para Bandoneón y guitarra- I.Cadencia - II.Milonga

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


真夏の酷暑のボヤキ雑言である。

取引先のクリニックを中心に、夏季休業のお知らせを
すでにファックス送信してある。
それによれば、8月10日(月)〜15日(土)までは
お休みをさせていただくことになっている。
なのに、月曜日から今日に至るまで、まったく普段通りだ。

先週、東五軒町の印刷会社に卓上カレンダーの刷り出しを見に行った。
そのとき、応対してくれた女性に夏休みの予定を訊いた。
8月14日だけだという。
じゃあ、みんなで交代に休むのかと確認したら、
いいえ、全員お休みは一日だけです、という答えが返ってきた。
確かに、出版社は休みを取っても、納期があればお盆だろうが
機械を止める訳にはいかないのだろう。

その印刷会社から今朝、宅急便が届いた。
依頼中の絵本の刷り出しだった。
なので、受け取った報告とお礼で電話した。
同じ女性従業員が電話に出た。
暑いのにご苦労さんですねといい、ついでに
私は今、スイスの別荘で避暑の最中なんですよ、といってみた。
一瞬驚いたようだったが、宅急便を受け取っているのですよね・・・
という怪訝なトーンに変わった。
私も全然休みがないんですよ、というと笑いが漏れた。

今晩、久しぶりに師匠と将棋の対戦がある。
仕事や体調のせいで、2回ほどお休みをしたのだが
今日は大丈夫そうだ。
事前にお断りし、師匠が助言してくれた「気仙流」の
初手を実戦で使ってみたいと思っている。
気仙流から立石流(たていしりゅう)、そして石田流と
組み替えていくのが、どこまで通用するか試してみたい。
詰めパラ(詰め将棋パラダイス)というソフトがある。
iPadにインストールしてあり、ちょっとした時間があるとき、
解くようにしている。頭のトレーニングだ。
全部で5,800問ちょっとあるが、ようやく1,400問を解いた。
レベルが上がるとそれに比例して時間がかかる。
少しは上達してるのだろうか、と時々不安になる。

Facebook上に、APFC:ピアソラのファンクラブを作って久しい。
それ以前に、サイト上に「ピアソラ音の出る図書館」を
作ったのだが、館長とは名ばかりである。
APFCの方も、作品紹介投稿は相変わらずコロンビア在住の
ピアソラオタクである福岡貞夫さんにお願いしている。
まことにグ〜タラで申し訳なく思っている。
今日、そのAPFCに3人の方が入会申請してきた。
珍しいこともあるものだ。日本人の方と
アルゼンチンの方と思われる方2名が加わっても
10人そこそこという小所帯だ。
今日で、半数以上がアルゼンチンの方々になったようだ。

インターネットは、本来は軍事目的で開発されたらしい。
なので、多少どこかが断線しても、ネットワーク化されて
いるため、情報伝達には支障がないそうだ。
それに引き替え、ネコネットいう特殊なインターネットは
現在も実態が公にされていないものの、
ネコネットの場合は、一切のケーブルを使用しない。
空中に浮遊している特殊な物質に電気的な刺激を与えることで
ほぼ光速に匹敵する速さで、情報が伝達される。

各国政府は競って、インターネット上を飛び交う情報を
傍受している。なので重要な情報は、うっかり
メールで送ったりすることができない。
機密を要する内容は、インターネットを使用せず、
安全なネコネットでやりとりをしている。
例えば、今日の上海の市場で売られている秋刀魚は
鮮度が高いかどうか、韓国山岳地帯のマタタビの生育状況は
どんな状態か、平壌の野良ネコたちの健康状態はどうか、
ワシントンDCのキャットフードの相場は動いているか。
まあざっと、この手の機密情報はネコネットを使用している。

最近はとくに、中国と韓国のネコたちから不安の声が漏れてくる。
政治・経済や軍事などの難しいことは分からないが、
飼いネコの場合は、今後も安定的にキャットフードが
確保できるか心配なようだ。野良ネコたちは、これまでのように
多少苦労しても、残飯などのエサにありつけるかどうか心配なようだ。
町中に不安な空気が流れているらしい。
いざ、エサに乏しくなるようだったら、食糧支援をしてほしい
という声が一番多い。

ネコ世界には、南北朝鮮のような対立関係が存在しない。
中韓のような、半ば隷属的な関係もない。しかし
さすがに流通手段を持たないので、いざ要請があった場合、
日本からどのような方法で食糧を届けるか、
それが目下の頭痛の種である。
最後の手段としては、やはり社名で判断して、クロネコヤマトの
国際宅急便を使えるよう交渉するしかないだろう。

今日は酷い暑さのせいか、私自身の判断力が低下し、
集中力も欠いているようだ。
ネコネットだなんていう、人間世界には存在しない
特殊な通信網の存在を公にしてしまった。まずいまずい。

でもまあ、クレモンティーヌもフランスに帰ったようだし、
できれば少し世の中の騒乱から遠ざかり、初心にかえって昼寝をして、
静かな時間を過ごしたいと願っている。

しかしおそらく、このままの状態で、あっという間に
夏季休業も終了してしまうような予感もしている。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2015-08-12 19:07 | 心の中のできごと | Comments(0)
<< 復活速報:余命3年時事日記→余... 羊が荒野で羊飼いを探している〜... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
千波矢さん 投稿コ..
by hirune-neko at 18:56
ご無沙汰しています。 ..
by 千波矢 at 14:29
ロマランさん 一生..
by hirune-neko at 01:12
日本にいれば是非行きたい..
by ロマラン at 02:39
Nonnieさん ..
by hirune-neko at 11:53
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ