昼寝ネコの雑記帳

仕事環境が平常に戻りました

Eliane Elias - Dreamer (Vivo Sonhando)


北海道から青森、岩手、宮城、福島と移動中
2週間、ずっと13インチのノートパソコンでした。
OSの関係で、officeが開かず、従って
excelが使用不能であることが分かって焦ったのは
弘前か盛岡にいたときでした。
APP StoreでMAC OSの最新版をダウンロードし
急遽、会社からoffice2011を送ってもらって
なんとか仕事環境は復旧しました。
でも、QuarkXpress9がやはり使用不能で
お手上げ状態でした。事前確認ができていなかったので
浅く反省した次第です。

やはりiMacの21インチは、操作がとても楽です。
ようやく、平常の仕事環境に戻って、ほっとしています。

秋田は鹿角市(かづのし・と読むんですね。今知りました)と
大館市、能代市、秋田市の4都市に行きます。
山形は、鶴岡市、山形市、米沢市と、合計7都市に行く予定です。

これまでの仕事生活で、ちょっと経験のない
「数をこなす」営業パターンとなっていますが
一度でもお会いすると、比較的次が楽なものです。
それと、地元の新聞社に対して、どのような提案が可能か
かなり具体的に見えてくるものです。
レンタカーと新幹線、バスを使い分けて移動する
組み合わせも、なんとか要領が分かってきました。

一番困るのは、体調管理でした。
盛岡で、短時間ですが血圧が220を超えましたし、
昨晩は血圧が220を超えただけでなく
明らかに頭部と全身に異常な感じがありました。
普段はウォーキングを日課にして水分補給を
怠らないのですが、旅行中はなかなかうまくいきませんでした。
とくに食べ物は、完全外食で、しかもかなりの回数
コンビニに飛び込んで、車の中で済ませたものです。
昨晩は、さすがにちょっと不安でしたけど、
幸いに打たれ強くなっており、パニックにはなりませんでした。
今朝の血圧は117ですから、平常値です。
焦って病院に行き、血圧を下げる薬を
常用する方が、遙かに怖いと思っています。

美味しかったなあと思えるのは、
東北新幹線の中で食べた、前沢牛の弁当。
東北自動車道のサービスエリアで試しに買った
牛タンジャーキー。なかなかいけました。
あと、福島駅前の中合(なかごう)というデパートの
催事で販売していた、トルコ産の干しイチジク。
パンに入れて焼いたのは好きなんですが、
丸ごとは初めてでした、干し柿よりも甘かったです。

前回も書きましたが、女川の湾は本当に美しく
幻想的な景観でした。

でも、何よりも印象的だったのは、
子どもを亡くされた方、伴侶を亡くされた方など
実際に被災された方、何人かと直接お話しできたことでした。
陸前高田の女性は、3月11日にご主人を亡くされ
数ヶ月後に出産されたとおっしゃいました。
何か言葉をかけたいという気持ちになりましたが、
声の感じはとても気丈であり、幼子とともに
生きている母親の強さが伝わってきました。

これから、徐々にですが多くの方が絵本を手にされます。
書いた文章に対して、私は責任があるわけですが
皆さんの心に、たとえ少しでも何かが届いて
受け止めてくだされば、本望です。
新たな課題も生まれました。
伴侶を亡くされた方には「大切なわが子へ」の
基本パターンもイラストも使用できないのです。
以前から考えていた「大切なあなたへ」という絵本の
イラストを新たに作成し、親子関係以外の様々な
大切な方へ、使っていただけるようにしたいと思っています。
ますます、私自身の作業は増える一方ですが、
でも、健康管理をしながら、こなしていきたいと思います。

旅行中は、かなりEliane Eliasの演奏を聴きました。
今日見つけたのですが、1996年のHeinekenコンサートで
ピアノトリオの演奏をしています。
ドラムはジャック・ディジョネットです。
一時期、ビル・エヴァンスと一緒に演奏していました。
Eliane Eliasは、本当にビル・エヴァンスのエッセンスを
受け継いでいる演奏家です。
[PR]
by hirune-neko | 2012-05-30 22:59 | 心の中のできごと | Comments(2)
Commented by romarin at 2012-05-31 04:16 x
ご苦労様でした。
実り多き旅でよかったですね。
でも体のこと、本当にきをつけてくださいね。

Eliane Eliasのレコードを借りなくては!
いつも素敵なアーティストを紹介していただき有難うございます。
Commented by hirune-neko at 2012-05-31 15:43
romarinさん

有難うございます。
連日、新聞記事を読んだ方から電話があり
応対に追われています。
自ら被災されながら、子どもたちの心に
生きる力を与えようと、読み聞かせをされている方が
意外とたくさんいらっしゃって、敬服しています。

Eliane Eliasは、Diana Krallに較べて
陰影があるところが好きです。
動きすぎて神経が高揚したときの鎮静剤になり、
また、疲労困憊したときに、そっと抱擁してくれる
まことに重宝する演奏です。
<< やっとひと息ついています 無事に帰還しました >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ