昼寝ネコの雑記帳

ネコから届いた絵本

Sarah Vaughan Autumn in New York

    (ミスター・フィロソファー:作画 カトリ〜ヌ・笠井)


あなたはご存じないかもしれませんが
ニューヨークには
ネコが書いた絵本を発行している出版社があるんですよ。
それも、大手出版社のように
初版が何万部とかの大部数を出版するのではなく
たった一冊なんです。
すっかり心を閉じてしまい
自分自身の存在すら、支えることが難しくなってしまった
そう、あなたのような人のために
そのネコは、たった一人の読者のために
一冊の絵本を書いているんです。

もう20年以上も前のことです。
当時の私は、各国の出版物を扱っていましたので
ヨーロッパやアメリカの都市を飛び回っていました。
ロンドンではハイドパークを散歩し
パリではブローニュの樹木に親しみ
ニューヨークに行くと、決まって
セントラルパークを訪れました。

ある日、セントラルパークで
とても不思議なネコを見つけたんです。
なんと、めがねをかけた瞑想するネコなんです。
一瞬、視線が合ったんですが
全然無視されて、また瞑想の世界に戻られてしまいました。

レストランのウェイターに尋ねると
地元のニューヨーカーたちは
そのネコのことを、尊敬の念を込めて
「ミスター・フィロソファー」と呼んでいると説明してくれました。
つまり、哲学者のように知恵と思慮に富んでいるというのです。
なぜ?どうして?何があったの?
その理由は誰も説明できないけど
いつのまにか、そういう評判が
ニューヨーク中に広まっているというんです。
いやあ、さすがに世界の大都市だな、と感心しました。
なので、それ以上は詮索せず、瞑想の邪魔にならないよう
疲れた足を引きずって、窓からメトロポリタン美術館が見える
ホテルの部屋に戻りました。

今、思い返しても、とても不思議な経験でした。
深い眠りに落ちて数時間経った頃、
もちろん深夜過ぎのことなんです。
何かが聞こえるんです。
その何かが、窓の方から徐々に鮮明になり
どうやらネコの鳴き声のようなんです。

げっ!
私は一瞬、凍り付いてしまいました。
きっと夢に違いない。
そう思いました。
だって、6階の部屋のベランダに
あの「ミスター・フィロソファー」が
めがねをかけたまま、紙袋をくわえて
ちょこんと座っているのです。
窓を開けると、ミューヨークの秋の夜の冷気が
暖房の効いた部屋に、瞬時に吹き込んできましたので
あれはやはり夢ではなく
現実だったと思うんです。

小さなテーブルを挟んで
私たちは向かい合いました。
紙袋の中には、冷えたフライドチキンが
2ピース入っていました。
それと、レシートも入っていましたので
気を利かせたつもりで、また冗談半分で訊きました。
「現金?小切手?どっちがいいですか?」
「ミスター・フィロソファー」は
小銭だと持ち運びが面倒なので
紙幣にしてくれと言うんです。
財布の中を見ると、紙幣は10ドル札しかありません。
「ミスター・フィロソファー」が言いました。
「その10ドルでいいよ。おつりはもらっとくよ。」
そう言い放つんです。
まるで押し売りだなこりゃ、と心の中でつぶやきました。
「私は、押し売りなんかじゃないよ。」
 「ミスター・フィロソファー」は
咎めるように言いました。
げっ!この夜、二度目のげっ!でした。

それから、私たちは延々と話し込みました。
あのとき、ネコと人間が会話する光景を見たとしても
「ミスター・フィロソファー」を良く知る
ニューヨークタイムズの記者様だったら
ちっとも不思議がらないで、まるで
当然の出来事だとばかりに、驚かなかったでしょうね。

さて、ここまでは前書きなんです。
本題はこれからなんです。
でも、とてもあのときの私たちの会話を
詳しく書くことはできません。
でもまあ、せっかくここまで読んでくださったのですから
(勿体ぶって)特別に、かいつまんでお教えしましょう。

「ミスター・フィロソファー」は、数年前までは
たくさんの著名な新聞社に、コラムの連載執筆をしていました。
もちろん、地元のニューヨークタイムズだけでなく、
海外のデイリー・テレグラフ 、インデペンデント 、
ガーディアン 、フィガロ、シュピーゲル、北海道新聞、
室蘭民報、陸奥新報、岩手日報、河北新報、
福島民報、福島民友新聞などなど。
それはそれは猛烈な勢いで、コラムを書いていたんです。
目の回るような多忙な毎日でした。

「ミスター・フィロソファー」には
孫ネコが一匹だけいました。
ホワイティという名の、かわいらしい白ネコでした。
ホワイティは、ある雨の夜、両親と一緒に
家に急ぐ途中、交通事故に遭いました。
居眠り運転のトラックが、突然向きを変えて
突っ込んできたのです。
とっさのことで逃げることができず、
両親はホワイティをかばって犠牲になりました。
あっという間に両親を失ったホワイティは
裕福なおじいちゃんネコの
「ミスター・フィロソファー」に引き取られたんです。

昼間はメイドネコが何匹もいて、世話をしてくれました。
おじいちゃんは、欲しいものは何でも買ってくれました。
ニューヨークで手に入らないものは、
わざわざ日本のジャパネット・タカタから
送ってもらうこともありました。
でも、ホワイティの心は沈んでいました。
毎晩、ホワイティのために、手作りの絵本を
読んでくれた両親は、もうそばにいないからです。
そこでホワイティは、おじいちゃんネコに頼みました。
「おじいちゃん、お父さんやお母さんみたいに
わたしにも、絵本を作って欲しいの。お願い。」

おじいちゃんの返事はいつも一緒でした。
「ああ、わかったよホワイティ。
明日にはきっと書いて、寝る前に読んであげるね。
おじいちゃんは、世界中の新聞社に記事を書いてあげてて
今日は、大きな事件があったものだから
締め切りが間に合わなくて、とっても忙しいんだよ。
ごめんね。明日まで待っててくれるかい?」
「うん、わかったわ。明日はきっとね。約束よ。」

でも、その約束は、毎日延ばされました。
来る日も来る日も、膨大な文字量の原稿をこなす
おじいちゃんには、孫娘のために絵本のストーリーを
考える時間的な余裕などなかったんです。

数年後、記録的な寒波がニューヨークを襲いました。
暖かい部屋でじっとして、決して外出しないよう
おじいちゃんが言いつけていたにもかかわらず、
ホワイティは、失った何かを見つけようと街に出ました。
とても寒くて凍えてしまいそうだったけれど
心から暖まれる場所を探して街に出ました。
歩きに歩いて、帰り道が分からなくなり
とうとう力尽きて、ブロードウェイの劇場街近くで
倒れてしまいました。
息をするのも痛みを感じるほどの寒波でした。
道ばたの仔ネコに、誰が注意を払うでしょうか。

ホワイティの不在に気づき、ネコネットに
緊急捜索要請をした「ミスター・フィロソファー」のもとに
悲報が伝わったのは、深夜過ぎでした。
ふかふかしたベージュの毛布にくるまれ
冷たくなったホワイティを、おじいちゃんは
一晩中抱きかかえて、眠ることをしませんでした。
そのとき、「ミスター・フィロソファー」は
深い自己嫌悪に包まれていました。

「世界中の数千万人の読者のために
叡智を絞り出して役に立っていると自負していたが、
結局は、身近なたった一人の小さな孫のために
何もしてやれなかった。
この子には、私しかいなかったというのに。」

ホワイティの葬儀が済むと、
「ミスター・フィロソファー」は
弁護士に依頼して全ての新聞社との
執筆契約をキャンセルしたそうです。
そして、ニューヨークの名もない小さな出版社を訪ねました。
来訪を受けた編集者は、それはそれは驚いたとのことです。
それはそうでしょう。世界的に著名なコラムニストが
いきなり訪ねてきてこう言ったのですから。
「重荷を負って、苦しんでいる人がいたら、
心を閉ざして、希望を失っている人がいたら、
その人のために、文章を書かせてください。
ただ一人の人だけを大切に考えて、役に立ちたいんです。」

長い対話が終わりかけた頃、窓の外が白んできました。
別れ際に、ベランダに向かう「ミスター・フィロソファー」は
突然振り向いてこう言いました。
「君は、相変わらず、毎日こしあんドーナツを
食べているのかね?」

げっ!この夜、三度目のげっ!でした。

今でも、このAutumn in New Yorkを聴くと、
「ミスター・フィロソファー」のことを
まるで昨日のことのように、鮮明に思い出します。
[PR]
by hirune-neko | 2011-11-25 22:19 | 音楽・映画・本の世界 | Comments(2)
Commented by shi,shi at 2011-11-26 02:16 x
お久しぶりです、此の物語は悲しい!いつかミスターフィロソワーにとって心温まる
事が訪れますように。

お元気ですか?
季節の変わり目お身体御自愛下さり、お仕事なさってください。
Commented by hirune-neko at 2011-11-26 10:42
shi,shiさん

有難うございます。
いくつもの案件が同時進行していましたので、
かなりきつい5週間でしたが
なんとか乗り切ることができました。
東北の被災者の皆さんへ絵本を寄贈する
プロジェクトが正式にスタートします。
とくに、親を亡くした子どもさんのための
絵本が中心です。
でも、被災地では自殺する人が増えているとのことで
今も自殺に走る可能性のある人が多いのでしょう。
そういう人たちに語りかける絵本を作れないか
考えています。
ミスター・フィロソファーは
そんな私の心情の象徴的な存在なんです。
<< 続・ボクのご主人様はプロフェッサー 仮死状態から蘇生したネコ >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ