昼寝ネコの雑記帳

昼下がりの葛藤・・・そんなの読みたい人などいる訳がない

Eliane Elias - Time Alone - Dreamer (2004).wmv

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 珍しく、目の前に自ら「一時停止」の標識を立ててみた。行動と思考を停止して、惰性にブレーキをかけ、立ち止まっている。

 どこにも時間を際限なく保有している人間など存在するわけがない。

 自分の有限な時間を、何にどのように使うべきかを吟味したいと思い至っている。時間だけが有限なのではなく、気力や集中力も無尽蔵に湧き上がってくるものではなく、やはり常に枯渇する可能性がある。いつでも、どんなときでも底力と気力が湧いてくるのは、Twenty Fourの主役・CTUのジャック・バウワーぐらいなのではないだろうか。そうでなければ、200話もの連続ドラマを継続できるわけがない。

 私は自分でも呆れるぐらい、あれこれ異なる分野の知識や技術を得ようと努力している。その理由は、達成することに使命を感じる自分なりのプロジェクトがあるからだ。多少無理をしても、なんとか前進しようとしている。それは決して自分の金銭的な利益が目的なのではなく、地位や名誉のためでもない。一面識もない人たちが危険地帯から安全地帯に回避してほしいからだ。そんな姿を見届けたい、というのが最大の理由だ。

 自分自身が最終責任者としてリーダーシップを持つのなら、時間や労力の無駄、失敗を最小限に食い止める方策を考えながら組み立てを進める。しかし、ある集団の一員として参画するとなると、状況が極めて異なるということを、今さらながら痛感している。自分の思い通りに進まないことは最初から承知している。思うように進まないことが不満なのではない。明らかに時間と労力を浪費し、空気を読みながら根気強く調整を続ける・・・長年にわたり、そのような風潮が日本の企業や団体を支配してきたのではないだろうか。

 私は相手がどのような高位の人間でも、相手に対して直接、自分の意見をはっきり主張する主義であり、そのようにしてきている。

 ・・・ここで義母から声がかかり、珍しくバナナが食べたいというので近くのセブンイレブンに行ってきた。店内に一歩足を踏み入れると、一気に「甘い誘惑」が襲ってくる。抑えに抑え、ひとくち羊羹と黒糖かりんとうで踏みとどまった・・・高尚と思える葛藤の話しが、一気に甘い誘惑の話しになってしまった。

 さて、話しを元に戻そうと思ったのだが・・・。

 いろいろな思いはあるのだが、なかなか決断ができないことがある。できるだけ懸案事項はすべて遂行したいと思う。しかし、すでに作業工程が決まっており、時間に比例して達成量が増える案件だけではない。試行錯誤や紆余曲折を経て絞り込んでいく案件もある。さらには、私以外の人たちのいろいろな考えや手法が交錯し、なかなか到達地点が見えない案件もある。

 短期間で全てを終えることは困難であり、同時並行して進めるとなると消化不良を起こしてしまう。さて困ったものだ。

 解決方法が思い浮かばないけれど、もしかしたら優先順位を考え、下位のものいくつかから離脱することが必要なのかもしれない。具体的に方向性が定まり、達成内容も確定してから声をかけてくれれば、それなりに対応できるかもしれない。・・・どうやら、それが現実的な解決方法なのかもしれないと思い始めている。

 こんな時間にブログ記事を書くなんて、これまでになかったことだ。しかしこうして文章にし、しかも何人かの方が読んでくださると思うだけで、安心感をいただいている。心の中の葛藤も少し整理できたように思う。有難いことだ。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-23 18:39 | 心の中のできごと | Comments(0)

速い時間の流れに取り残されているのを実感している


Astor Piazzolla - Il pleut sur Santiago (badoneon)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 毎日、日付けを確認することが多い。あくまでも今日が、何月何日かを確認しているのであって、今年に入って何ヶ月経過したか、あと何ヶ月残っているかは視野に入っていない。

 今日は9月22日。もうじき2017年も9ヶ月が終わろうとしている。ということは、今年は残すところ3ヶ月しかない・・・という現実に直面し驚いてしまった。時間が経つのが、なんて速いのだろうか。年初から第一四半期の頃に、あれこれしようと考えていたことがいくつもある。それなのにほとんど手が付いていないので、今頃になって焦りを感じている。

 一時期、東日本大震災の被災地全体に、福祉団体の支援で絵本を寄贈した。絵本の本文に名前を入れる絵本は何種類かあるが、子どもが天使になってしまったり、逆に親が子どもを遺して亡くなった・・・そんな文章の絵本はおそらく他には存在しないと思う。
 時間が経過すると関心が薄れるのか、新規の寄贈者が減り、寄贈予算が底をついてしまった。当初は、北海道から青森、岩手、宮城、福島までを一気に縦断し、地方新聞社十数社を回ったが、今でも交流が続いているのは、気仙の皆さんだ。

 気仙地方・・・岩手県の大船渡市を中心に陸前高田市と住田町には、一番足を運んだ。大船渡に本社のある新聞社・東海新報社に初めてお邪魔したときの印象を、今でも忘れない。丘の中腹の小高い場所に社屋があった。振り向くと、遠く眼下にリアス式海岸を見渡せた。玄関前に胸像が建てられていた。
 以前は海岸近くに社屋があったが、三陸沖地震の時に水没したため、社長の決断で現在の場所に移転したそうだ。胸像は、その社長だという。

 大船渡には日本将棋連盟の支部があり、二度ほどお邪魔したと記憶している。子どもの将棋大会があり、今年は久しぶりに参加賞のノートを寄贈させていただいた。被災者の方たちからは絵本のお礼にといって、地元銘菓のカモメの玉子や獲れたてのサンマを冷蔵で送っていただいたこともある。息子さんが過労で急死し、残された二人のお子さんのおばあちゃんだという方から、絵本寄贈の依頼があった。絵本をとても喜んでくれた。お孫さんたちのその後が気になり、あるとき東海新報に行く途中カーナビを頼りに訪ねたことがある。子どもたちに将棋盤と駒のセットを置いてきたが、果たして将棋に興味を持ってくれているだろうか。

 財源には限りがあるのだが、今でも避難所で生活している人が多いと聞いているし、気仙の皆さんの「人情」に接した思い出もあり、気仙の赤ちゃんにだけは無理してもなんとか寄贈を続けようと思い、地元大船渡出身の方に画を描いてもらった。その気仙版オリジナルの絵本がスタンバイしたまま、まだ動き出せていない。夏までにはスタートする予定だったのだが、もうすぐ初秋になってしまう。それが一番の焦りの案件である。

 いつも、郵便局に集荷依頼の電話をするのだが、今日はみんな時間に追われ、譲り合ってしまった。午後5時半を回ってようやく気づいたが、もうすでに今日の便には間に合ないという。やむを得ず郵便局に持ち込むことにしたが、外は強い雨脚で止みそうもなかった。段ボール箱ひと箱にびっしりの量だったので、傘を持ちながら運ぶのに苦労した。

 久しぶりの大粒の雨だった。この街に降る雨もサンチアゴに降る雨も、そして未だに津波の傷跡が癒えていない気仙に降る雨も、みな同じ空から降り注いでいる。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-23 00:20 | 心の中のできごと | Comments(0)

読者の皆さんへ公開質問〜有事に関連する法律等の情報


Baden Powell - O que tinha de ser

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 会員制みるとすの再開を前に、有事を想定した内外の法的な適用環境や、現在一般市民レベルで進めている様々な取り組みを、簡潔にまとめたいと思っている。ボランティアで関わっている福祉団体は、政治的には無色だが国際規模の組織であることと、日本事務所の管理レベルに韓国人の役員も存在するため、必要なときには現実的な状況を公開情報としてきちんと説明できるようにしておきたい。日韓問題に切り込むことで、韓国人役員が激怒し私が外されるすようになっても、そんなことは一向に構わない。その可能性はゼロではないが、覚悟の上で一石を投じたいと思っている。その場合は英語でのレクチャーになるため、準備を進めている。

 そこで、読者の皆さんに教えていただきたいのは、「日韓」有事に絞り込み、平時から有事に移行する際に、どのような法律、条約、一般国民の動きが想定されるかの概要である。あれこれ考えると、膨大な量になってしまい、すでに記憶が曖昧になっているので、敬老の日は過ぎてしまったものの、無邪気な年寄りをいたわる気持ちで、お助けいただきたい。・・・正直な気持ちを申し上げると、実年齢はどうであれ年寄りだとは思っていない。かかる思考には年齢・性別は関係ないと思っている。しかし、少しぐらいは同情を引きたいと考え、敢えて年寄りらしく振る舞っている・・・ひねくれ人間である。

 以下に、思いつくままに日本国内、国外の法律、条約、組織などを羅列してみたい。正式名称が曖昧で調べ切れていないものもあるので、できれば修正や情報追加をお願いしたい。福祉団体でのレクチャーに備え、できる限り日本語・英語の併記で資料を作成したいと思っているが、ネイティブの人たちにちゃんと通じるかは、やってみないと分からない。私の能力ではこれ以上は無理そうだ。

1.有事に適用される法律および国際条約
 Laws applied in times of emergency and International treaties

2.外患罪(刑法81条等
 Treason:Criminal law Article 81and others

3.戦時国際法
 International Law of War

4.国防動員法(韓国)
 National Defense Mobilization Law. South Korea

5.テロ特措法あるいはテロ三法、そして共謀罪
 上記は似た内容なので最近施行されたのかどれなのか、調べ切れていない

6.パレルモ条約
 Palermo Treaty

7.マネーロンダリングに関する金融活動作業部会
 Financial Action Task Force (FATF)

8.官邸メール
 Mail to Official Residence of Prime Minister

9.外患罪集団告発
 Group Complaints against a Crime of Treason

10.懲戒請求
 Formal Demand for Disciplinary Measures against a Lawyer

11.テロリスト、便衣兵、背乗り
 Terrorist, Civilian Clothes Soldier, Back Riding

 今のところは以上である。他にご推薦のものがあれば、是非教えていただきたい。また、英訳が文法的におかしいとか、他の適訳があればそれも教えていただきたい。

 こうして考えてみると、先代の余命3年時事日記、そして今日の余命三年時事日記は、私たちに大変貴重な資料を提供し続けてくれていることに、改めて頭が下がる思いだ。私ごときに、何をどこまでできるか分からないが、引き続き孤軍奮闘したいと思っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
 



[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-21 23:14 | インテリジェンス | Comments(0)

出不精だといずれデブ症になると、駄洒落を言ってみた


Diana Krall-Guess I'll Hang My Tears Out To Dry

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 誰も笑ってはくれない親父ギャグであることは承知している。しかし、見事に出不精なので、今日のように朝から夜までずっと外出していると、頭の芯から疲れ切ってしまう。昼食の時間が確保できなかったため、セブンイレブンに飛び込んで、パンを2個、ベビーチーズ、炭酸水を買い、運転しながらお腹の中に入れた。

 午前中は予定通り福祉団体のミーティングだった。終了後に、最近アメリカから赴任してきたという夫婦を紹介された。短い打ち合わせの後で、iPadプロを指さし、アメリカのテレビドラマが好きで、これにバーコフと名付けている、と説明した。ニキータとかTwenty Fourの名前を口にしたその一瞬、まるでティーンエイジの子どもが不適切な映画を観るのをたしなめるような、ちょっとした気まずい空気になってしまった。ずいぶん真面目な文化背景のご夫婦なのだろう。次回お会いするときは、哲学か文学の話題でも持ち出そうかと考えたが、すぐにメッキが剥げるかもしれないので、やはり地のままで通そうと思う。

 今日ばかりは、自分の考えがなかなか人から理解されないことを痛感した。自分に決定権がないので、提案したあとは相手次第だ。採用されなかったらそれまでだ。私自身は自分の発想や思考ベクトルに確信を持っているのだが、少々独創的すぎるのかもしれないと思う。日本人の気質としては、和をもって集団で動くのだろう。村八分にされることと怖れ、嫌う。私にはそのような日本人的な気質が、いつの間にか滅失してしまったようで、孤立はまったく苦にならない。ある意味では困った性格だ。

 面談したアメリカ人夫婦は、なかなか人間が良さそうだった。携帯デバイスの扱いも馴れていそうだし、私のサイト活用の提案にもすぐに肯定的な反応を示した。もしかしたら、彼等が起点になるかもしれないという予感がした。

 ご主人はある程度日本語を話すが、奥さんは話せないと聞いたので、わざとフランス語で話しかけたら笑ってくれたので、嬉しく思った。最初は日本語で説明したが、不自由さを感じたので久しぶりに英語で話すことにした。意外にも頭の中で日本語を英語に置き換えることなく、自然に普通の早さで話すことができた。自分でも驚くほどだった。最近、脳内での英訳訓練を積んでいた成果があったのだろう。

 今日はさすがに、これでバタンキューだと思う。なかなか充電する時間を確保できなくて辛いが、これも人生のある時期のことだろうと思うようにしている。じっと辛抱していれば、処理速度が増し、いろいろなことが身につくだろうと楽観的に考えている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-21 00:02 | 心の中のできごと | Comments(2)

政局レポート作成の依頼があった


Eliana Elias - Running

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 明日はボランティアで関わっている福祉団体の、月例ミーティングの日だ。夕方近くに事務局長から電話があり、衆議院解散の話題が出ているので、政局に関するレポートを作成して持ってくるよう指示された。急遽の依頼だったが、なんとか仕上げた。終わってみたら、深夜1時になってしまった。せっかく品行方正に、早寝・早起きにしようと考えていたのだが、まあ人生なんてそんなものなのだろう。

 そのような次第で、この時間まで何も考えられなかったので、本日のブログ記事は明日の資料である政局レポートの大半を、転載することにした。手抜きになってしまうが、お許しいただきたい。

【福祉団体月例ミーティング〜政局レポート】

シャーマン・ケントによる情報収集・分析機能の定義     
 ・インテリジェンスとは、知識、組織、機能である。    
 ・知識:政策決定者や軍人が、知っておかなくてはならない外国の知識のこと。     
 ・組織:情報収集、分析、配布などを行う組織のこと。     
 ・機能:情報収集、分析、配布など一連のプロセスのこと。      
  (シャーマン・ケント:イェール大学教授、CIA主席分析官。1947年に書いた内容を引用)

「政局に関する公開情報レポート」2017.09.20

①解散に反対する論調
  1. 「森友・加計問題隠しだ!」
  2. 「この時期に政治空白が生じる」
  3. 「自己都合優先だ!」 
  4. 「まさに自己保身解散だ!」
  5. 「森友・加計学園の論戦はしないのか!」(朝日新聞、毎日新聞、民進党、共産党・小池晃氏など)
②解散に賛成する論調 
  1. 9月28日、つまり10日後の解散予定で動いている。
  2. 解散の大義とは、我が国に弾道ミサイルが何発も発射される中において、国家の存続、その在り様、つまり安全保障について国民の信を問うものである。
  3. 左派が満足する「対話路線」で行くのか、国家国民を守るため「防衛を真剣に考え  る」のか、である。小坪しんや・行橋市議会議員(政治ブログ3位
③解散に対する論調の変化〜共産党・小池晃氏のケース 
  1. 8月3日(安倍晋三内閣の支持率は34・7%、不支持率は56・1%/7月24日)→「改造内閣は、稲田隠し、森友隠しに加計隠し。疑惑隠し内閣だ。内閣改造ではなく、解散・総選挙が必要」
  2. ・9月17日(安倍晋三内閣の支持率は44%、不支持率は36%、3か月ぶりに、「支 持する」が「支持しない」を上回った。9月11日 )→「解散で何を問うのか。森友隠し、加計隠しの党利党略極まれり。総選挙は世界から見ても異様ではないか。」       
④民進党の抱える問題→本来は野党共闘の中核となるはずだった 
  1. 前原代表が北朝鮮訪問時の「ハニートラップ写真」暴露される。→有田芳生議員関与? 
  2. 山尾志桜里氏のダブル不倫問題→保育待機→日本死ね→主婦からの絶大な支持→崩壊
  3. 野党共闘の呼びかけ→共産党を除外→支持母体の労組が自由投票に変更したため
  4. 離党者の続出→東京都知事選惨敗=蓮舫代表の二重国籍問題が契機
⑤福祉団体が直面する可能性のあるリスク
  1. 民進党(旧民主党)は、解党の危機に直面している
  2. かつて接点のあった、旧民主党議員の鳩山由紀夫氏、岡崎トミ子等が福祉団体に対し支持の要請を依頼してくる可能性を視野に入れる必要がある。
  3. 福祉団体の基本ポリシーなので、特定の政党や議員・法案などを支持することはできない、と「正しい答え」で対応→「自分たちが困ったときだけ頼み、相手が困ったときは無視する」と受け止める懸念→オピニオンリーダーを敵に回す可能性
  4. 今後の課題として、国会議員など有力者だからといって安易に接触せず事前に相手の背景を精査してデータベース化しておく必要があるのではないかと思われる。

 一部、公開できない部分もあるが、おおよそこのような内容で作成した。政局なのでいろいろな見方や考え方があると思うが、公開情報を総合するとこのような感じではないだろうか。後は口頭で補足説明させていただくつもりだ。

 何が起きるかを完全に予測することが困難な時代になってきた。北朝鮮だけでなく韓国についても、軍事行動だけが注目されるようだが、現地で生活している一般国民の皆さんの心境を推測すると心が痛む。現時点では何もできない自分の非力さ、無力感を重く受け止めている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2017-09-20 02:02 | インテリジェンス | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
> 豆腐おかかさん ..
by hirune-neko at 01:16
かつさん ありがと..
by hirune-neko at 16:14
岡崎トミ子は死んでますよ..
by かつ at 09:09
causalさんからの投..
by hirune-neko at 22:27
causalさんの投稿を..
by hirune-neko at 22:26
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ