昼寝ネコの雑記帳

20XX年、左翼政権誕生記者会見実況中継


Clementine *** Tensai BAKABON *** ANIMENTINE


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


さて早いもので、明日はもうWeekly みるとすの配信日だ。
匿名希望の皆さんから、多くの投稿情報が寄せられている。
皆さんの純粋な使命感には、いつものことながら頭が下がる。
この場を借りて、心よりお礼申し上げたい。

投稿された情報の中で、アメリカの北朝鮮への先制攻撃に対し、
中国がそれを認める意思を示したという。
いやあ、驚いたのなんの。
今日は月末だったし、外出の用事も重なってしまい、
頭がクタクタなので、ギャグ・パロデイしか書けそうもない。
4月1日でもないのに、アホな作り話をしてしまうが、
笑ってお許しいただきたい。

(新総理誕生記者会見)

記者代表「総理、新政権誕生おめでとうございます」
新総理「ああ、ありがとう。これも君たちのおかげです」
記者代表「総理は、憲法遵守の平和な国作りを掲げて、右傾化した日本を方向転換  されました」
新総理「平和を愛する、大多数の国民の皆さんの民意が反映されました」
記者代表「そこで、気になる情報が流れていますので、感想を伺います」
新総理「ほう、それは何かね」
記者代表「アメリカ軍が、核開発を急ピッチに進める北朝鮮に対して危機感を抱   き、アメリカ大陸を射程内に入れる核ミサイルが実用化される前に、先制攻撃  で北朝鮮・金正恩委員長を抹殺することを検討している、というのです。しか  も、内々に中国政府に打診したところ、賛意を示したというのです。」
新総理「まあそれは、観測気球の一種であってだね、国際平和の観点からは、決し  て許されるべき軍事作戦ではないと思うがね」
記者代表「仮に米大統領が正式に、先制攻撃に対する日本側の理解と協力を求めて  きた場合、総理はどのように対応するおつもりなのでしょうか」
新総理「いやね、日本国民の民意が、平和主義・反軍国主義という固い意思でまと  まったばかりなのだから、わが国の憲法9条の精神を大切にし、したがって専  守防衛、すなわち相手から攻撃を受けるまでは、決して軍事力を行使しない   というのが、わが国の基本方針であることは揺るがないでしょうな」
記者代表「ということは、米国の方針に明確に反対意見を表明し、先制攻撃には断  固反対するというお考えでしょうか
新総理「そうそう。やはりね、相手国からの明確な侵略攻撃の意思というもの    を確認せず、断片的な状況判断でいきなり軍事力による先制攻撃というのは、  いかにも国際平和の流れにも反することだと考えておるね」

 そこに固い表情の秘書官が慌ただしく会場に現れ、新総理にメモを渡す姿が記者たちの注目を集めた。メモに目を通した新総理の表情が、明らかに困惑に変わるのが分かった。

記者代表「総理、何か非常事態なのでしょうか」
新総理「ん〜、まあなんというかね。北朝鮮国内で、ミサイル発射の動きがあると  いう情報が入ったようなんだよ。私がいったように、相手に明確な軍事侵略の  意思があることを確認し、しかもわが国が攻撃を受けたという事実があれば、  専守防衛という憲法の精神からいっても、反撃する必要があるんだがね、いき  なり先制攻撃などと騒ぐものだから、北朝鮮政府を刺激してしまった結果だと  思うね。やはり、しっかりとした対話を通して、お互いの誤解を解き、友好な  関係を築くのが政治家としての使命だと、私はそのように考えるがねぇ」
記者代表「なるほど、さすが平和憲法を前面に、反軍国主義で戦われただけのこと  はありますね」

 そこに、さらに固い表情になった秘書官が慌ただしく会場に現れ、新総理にメモを渡す姿が、再び記者たちの注目を集めた。メモに目を通した新総理が、顔をしかめるのが分かった。

記者代表「総理、何か新たな展開があったのでしょうか」
新総理「・・・、防衛省からの情報なんだが、北朝鮮が日本に向けてミサイルを発  射する兆候があったようなんだね。たった今、実際に発射されたというんだが  ね。いや、これまでも日本近海に着弾した例もあることだし、まあある種の抗  議的セレモニーなのではないかと考えているんだがね」
記者代表「しかし総理、仮にですが、もし日本の本土に着弾した場合を想定する   と、どのように対応されるおつもりですか?」
新総理「まあ、それはあり得ないと思うんだがね、仮に日本国内に着弾したとして  も、それが模擬爆弾かもしれないのに、大騒ぎしてはいかがなものかねえ。そ  れに、しかるべき外交ルートを通じて、北朝鮮側に明確な軍事開戦の意思があ  るのかどうかを確認してからだね、対応を協議するのが平和憲法の主旨に適っ  ているのではないだろうかね」

 そこに、秘書官が慌ただしく会場に現れ、新総理に耳元で何か囁いた。

記者代表「総理、どうなさいましたか」
新総理「・・・・・・」

 会場の外から、大勢の軍靴の音が響いてきた。制服姿の自衛官だった。

自衛官「総理、緊急事態が発生しました。核ミサイルと思われる飛翔物体が、霞  ヶ関周辺に着弾する公算が高くなっています。皆さん、時間の猶予がありませ  ん。大至急、堅固な建物に避難してください」

 会場内は騒然となり、記者たちは我先にと出口に殺到した。自衛官と秘書官は、総理に対しシェルターに避難して陣頭指揮を執るよう要請した。
 新総理は両脇を自衛官に抱えられ、シェルターに向かいながら大声で叫び続けた。

「なぜだ。せっかく恒久平和の日本として、画期的な第一歩を踏み出したというのに。これでは反戦運動が台無しではないか。念願の自衛隊解体、武装放棄の安心して暮らせる日本を作ろうとしていたのに、なんてこった」

・・・おあとがよろしいようで。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2016-10-01 01:26 | 創作への道 | Trackback | Comments(0)

安住できる時間と空間があるのは、何よりも嬉しい


María de Buenos Aires - (06) Poema Valseado


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


夕方からの打ち合わせを終えて帰ると、
関西の方から電話があったと告げられた。

夕方からの打ち合わせは、ある生命保険会社の営業の方とで、
がん保険の申し込み手続きをしてきた。
がんと診断されても、抗がん剤や放射線治療などは受けたくない。
食事療法、運動療法、あらゆる民間療法を駆使し、
それでも徐々に悪化するなら、それはそれで諦めがつく。
なので、がんと診断された場合、一時金をできるだけ
いただくのが保険加入の目的だ。
もちろん、がんにならなければ、それにこしたことはない。

ある一定の仕事環境を構築することを目指しているが、
そろそろ並行して、現在は私にしかできない仕事内奥を
徐々に分業・分散する準備を始めるべきだと思い始めている。
特段、健康に不安が出てきている訳ではないのだが、
今、とりかかっている構想が実際に動き出すと、
途中で私が脱落する事態になって、後は知りません、とはいえない。
ある意味での危機管理を具体化したい。

関西からの電話の主は、過日、横浜国際音楽コンクールの予選と
本選で上京された、
「池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団」のバンマスである
ぴかりんさんだった。
かなり以前、五重奏団の編曲担当をされている方が、
「ピアソラ音の出る図書館」を閲覧され、
会社に電話してこられたのが、そもそもの発端だった。

はて、池田市は兵庫県なのか大阪府なのか。
地元の皆さんには大変申し訳ないが、そんなことも知らなかった。
インターネットで調べたら大阪府だった。

電話の用件は、編曲する予定の曲のサブタイトルに関して、
意見を聞きたいということだった。
タイトルを聞くと、それはピアソラが作曲した
ソラナス監督の映画「ガルデルの亡命」の中の一曲で、
「ピアソラ音の出る図書館」でもお聴きになっているそうだ。

一度電話を切らせていただき、私なりの考えをまとめて
お伝えすることにした。

最初に編曲者の方が電話されてきたときは、El Viajeという
ピアソラが作曲した作品についての話題で、
これもやはりソラナス監督の映画作品
「ラテンアメリカ〜光と影の詩」(原題はEl Viaje)
の中で使用されたものだった。

「池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団」のバンマスである
ぴかりんさんの質問に答えるために、改めて
ネット上の「ピアソラ音の出る図書館」を開いてみた。
映画「ガルデルの亡命」に関し、福岡貞夫さん、高場将美先生、
そして私の三人がFacebookでやりとりしたコメントを
そのまま掲載した記録があった。

福岡貞夫さんは、熱烈なカルロス・ガルデルのファンであり、
南米音楽の専門家でいらっしゃる高場将美先生も、
かなりガルデルに思い入れがある方だ。

ときどき旧いブログ記事を読み返すと、福岡さんのコメントを
目にすることがある。
残念ながらすでに他界されているので、遺品のようなものだ。
その度に、生前の交流を懐かしく思い出している。

私自身は、ガルデルの良さが理解できず、なんの知識もない。
一方、高場先生は、スペイン語、ポルトガル語がご専門で、
ピアソラやガルデルの通訳もされていた方なので、
実に詳細な知識をお持ちで驚かされる。

改めて、好きな音楽を軸に、いろいろな方々との交流があり、
その音楽によって寛ぎや癒やし、励ましを与えられるひとときに
安住できるのは、実に嬉しいものだと実感している。

(以下は、映画「ガルデルの亡命」の冒頭で流れる曲)

Astor Piazzolla - Duo de Amor (et son quintette de tango contem).wmv


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2016-09-30 00:51 | 音楽・映画・本の世界 | Trackback | Comments(0)

わたしバカよね、おバカさんよね〜たまにはド演歌調で


I'm A Fool To Want You(Billie Holiday)


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


【広告:みるとす入会プレゼント応募期間は10月31日までです】
(みるとすトップページ・プレゼント内容紹介)
 http://www.family-intelligence.com/
・・・ご遠慮なく、入会・応募なさってください。

----------------------------------------------------------
冒頭の曲は、ビリー・ホリデイが歌う
「I'm A Fool To Want You」だ。

高校生の頃、ずいぶんいろいろな女性ヴォーカルを聴いたが、
いずれもしっくりこなくて、せいぜいヘレン・メリルぐらいしか
聴く気になれなかった。

ましてや、このビリー・ホリデイに対し、
高校生だった私は、まったく女性らしさを感じなかったし、
歌唱法もあまりにもバタ臭く、関心を持てなかった。

でも、この曲が収録されている「Lady in Satin」
(サテンのドレスに包まれた女性?)
というタイトルのアルバムだけは、どういう訳か
すっかり気に入ってしまい、何度も繰り返し聴いた。
大学生になって、アルバイトの日給をもらったその足で
レコード屋さんに行き、購入した記憶がある。

この曲のタイトルは、「I'm A Fool To Want You」なので、
日本的に訳すなら、
「妻子あるあなたを好きになった、バカなわたし」
みたいな感じなのだろうと思う。
ほぼ全曲が、日本のド演歌のような歌詞のアルバムだ。

もう化石のような古い話になってしまうが、
最近亡くなった大橋巨泉さんが昔、雑誌のコラムでこの曲を紹介し、
「I'm A Fool To Want You」を次のように訳詞していたのを憶えている。
「わたしバカよね、おバカさんよね」

これを読まれて笑っていただけるのは、おそらく60歳以上の
方だけではないだろうか。

改めて調べてみたら、「わたしバカよね、おバカさんよね」
の歌詞で始まるのは、細川たかしさんが歌う演歌「心のこり」だった。

このブログを始めて、もう少しで丸10年になる。
途中からだが、必ず好きな曲を紹介するようになった。
ジャズ、ボサノヴァ、クラシック、そして圧倒的に
ピアソラの曲を紹介してきた。

確かに、ロベルト・ゴジェネチェのダミ声は、どことなく
演歌歌手のような風情ではあるが、本質的に演歌とは異なる。
これまで、ただの一度も演歌を紹介したことはないし、
今後も演歌を聴いていただこうなどということは、
私個人の趣味からすると、100%あり得ないことだ。

・・・という、舌の根も乾かないうちに、大橋巨泉さんへの
哀悼の意味も込めて、その日本版「I'm A Fool To Want You」を
以下に掲載したいと思う。
私がド演歌を紹介するなんて、後にも先にもあり得ないことだと思う。
別に精神に錯乱を来している訳ではないので、ご心配なく。
ちょっとしたギャグのつもりである。


細川たかし 心のこり 【愉快にオンステージ】


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2016-09-29 00:14 | 音楽・映画・本の世界 | Trackback | Comments(0)

ブログ・余命三年時事日記は健在だった


Ottmar Liebert "Shadows"


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


およそ1週間の更新なしなので、あれこれ想像を巡らせていた。
昨日の記事を読まれた紫電改さんが、
ご親切に以下のコメントを残してくださった。

>さて、「余命ブログ」の件ですが、「日本再生へのブログ」で
>現状説明がなされております。
>拡散希望ということですので、ググってみて下さい。
>良い意味で大変な状況のようです。
>「isorokupapa.seesaa.net」

まことに不勉強丸出しだが、
「日本再生へのブログ」にはお邪魔していなかった。
最新記事を読ませていただき、外患罪集団告発に向けての
緊迫した様子が伝わって来た。

ほぼ同時刻に、余命三年時事日記を開いてみたら、
最新記事が更新されていた。

>1165 現状報告9.27

タイミング的には、まるで私が昨晩の記事で
近況報告を督促してしまったようで、申し訳なく感じた。
同時に、現時点での方向性や進捗状況がある程度把握できて
有難く思った。

今日の余命記事にある、以下の文章がちょっと気になっている。

>現状の尖閣問題では検察は有事認定を躊躇して
>不起訴の可能性がある。

告発される方も必死だろうから、目下は水面下で
熾烈な綱引きが行われているのだろうと想像する。
果たして「有事認定」は、誰がどのようなプロセスで
判断するのだろうか。

日本侵略工作を企てている国にとっては、
日本国内で、せっかく構築した人的拠点が駆逐されるのを、
傍観はできないだろうから、いろいろな手段を
講じているのだろうと想像している。

いずれにしても、これまで永年にわたり
「開かずの間」だった扉が、今、開かれようとしている。
しかも、多くの一般国民の決起によって、大きな流れが
出来上がりつつあるのは、画期的なことではないだろうか。

従来から感じていることだが、危機感を募らせた人たちが
お互いに面識もないにも拘わらず、あっという間に結束し、
一糸乱れぬ行動に移る・・・実に日本人らしい特長だと感じる。

危機感と正義感を共有して一枚岩となる。
まことに理想的な「民間防衛」の素地ではないだろうか。
歴史認識に関して不勉強な私だが、改めて長い歴史を誇る日本の
国民の眠っていた(失礼)「意識」が短時日の裡に覚醒し、
本来の底力を発揮しつつある胎動を感じる。

私自身は、このまま傍観者・客観者のままでいいのだろうか。
改めて自問自答している。
できることは限られるものの、自分の守備範囲で何が可能か、
再考したいと考えている。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2016-09-28 00:43 | インテリジェンス | Trackback | Comments(4)

かくも長き不在〜ブログ・余命三年時事日記


Philadelphia Sinfonia - Astor Piazzolla "Melodia en La Menor"


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


9月19日を最後に、余命三年時事日記が更新されていない。
私は動静を知る立場にないので、あれこれ想像の域を出ない。
今日で7日になるが、さすがに気にかかっている。

外患罪の集団告発を主導準備していると思っていたので、
一体、どのような展開になるのか、注視していた。

さて、一体何が起きているのだろうか。
考えても仕方のないことだが、どうしても考えてしまう。

外患罪の告発対象者リストを閲覧したが、さすがに
戦々恐々の人たちや企業、団体は、
各分野に、かなり多いのではないだろうか。

司法の仕組みに関する知識はないが、
仮に、いわゆる司法汚染が深刻な状態だとしたら、
外患罪集団告発が、門前払いになる可能性があるのだろうか。

私にはさっぱり様子が分からない。
いずれにしても、不気味な沈黙だ。

いざ、告発が活発になったときに、報道機関は
どのように報じるのだろうか。
あるいは報じないのだろうか。

民間人、しかも一般人が主導する形で外患罪の告発が頻発する。
ごく最近まで、実際にそのような事態になるとは、
一体どれだけの人たちが想像していただろうか。

国際的にも、カウンターインテリジェンス機能が
脆弱な国だとの評価を受けている日本。
もしかして一気に何かが動きかねないために、
官邸と法務省の打ち合わせが長引き、
しかるべき筋から、余命に対しストップがかかっているのか。

余命ブログ主は律儀な方のようなので、かくも長き不在には、
たとえ1行であっても、何かコメントを掲載するだろうと思う。
その余裕もないほど、切迫した状況が起きているのか。

あれこれ考え出すと止まらない。
心身にも良くないので、無意味な推測は止めておく。
案外、今晩辺り「いやあ、大変失礼した」という
メッセージが掲載されるかもしれないので、
あまり考え込まないようにしようと思う。

建設的な方向で、更新が停滞していることを、願っている。
関係者の皆さんの、無事・安全・健康をひたすら祈念している。

それにしても、どなたか状況をお分かりの方がいらっしゃったら、
内緒で教えていただけないだろうか。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2016-09-26 23:45 | 現実的なお話し | Trackback | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
記事ランキング
最新のコメント
団塊覚醒さん コメ..
by hirune-neko at 22:43
いつも楽しく読ませて頂い..
by 団塊覚醒 at 20:19
瑞教さん コメン..
by hirune-neko at 15:58
いつも有益情報有り難うご..
by 瑞教 at 13:32
紫電改さん いつも..
by hirune-neko at 14:43
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ